何度も泊まらずにはいられない、那須「二期倶楽部」の魅力とは!?

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

何度も泊まらずにはいられない、那須「二期倶楽部」の魅力とは!?

何度も泊まらずにはいられない、那須「二期倶楽部」の魅力とは!?

更新日:2015/09/30 16:55

小林 里穂のプロフィール写真 小林 里穂 翻訳家、トラベルライター

緑豊かな栃木県那須の大自然の中に、ひっそり佇む寛ぎの場所があります。自然と共に生きる癒しの宿「二期倶楽部」。自然に寄り添うその場所で、聞こえてくるのは川のせせらぎや虫の鳴き声。急ぐ必要も声を張り上げる必要もなく、ただゆっくりと過ごすことが許される――。その景色に癒されて、その空気に心洗われて、気持ちまで優しくなれる場所。今日はそんな優しさに包まれる癒しの宿、「二期倶楽部」の魅力をご紹介致します。

リキュールルーム&ライブラリーでの最初のおもてなし

リキュールルーム&ライブラリーでの最初のおもてなし

写真:小林 里穂

地図を見る

車で二期倶楽部に到着すると、それが例えレセプションから離れた駐車場であったとしても、どうやってわかったのかすぐにホテルのスタッフの方が迎えにきてくれます。雨の日には、人数分の傘と共に。

案内されるがまま、緑で囲まれた小道を進むと、見えてくるのは大きなガラス窓で囲まれたモダンな建物。ここはレセプション、ラウンジ、そしてレストランが一緒になった場所であり、チェックインが済んだ後もずっと居続けていたいほど落ち着いた雰囲気を持っているのです。

赤いソファーに、木製の壁、そして温かい雰囲気を持つ黄色いランプ。腰を下ろしてからしばらくすると温かい飲み物が運ばれてきて、ガラス越しに見える木立を鑑賞しながら早速二期倶楽部の雰囲気に包まれます。

壁にはずらりと文芸書が並び、本を読みながらゆっくりするもよし。ガラス窓の目の前に設置されたカウンターでは食前・食後酒を楽しむことができ、ここはまさに至れりつくせりの空間なのです。

チェックインの後は、「にきブティック」でお茶をしよう!

チェックインの後は、「にきブティック」でお茶をしよう!

写真:小林 里穂

地図を見る

本館、レセプションを出てすぐ右手に見えてくるのはまるで隠れ家のようにこじんまり佇むカフェ「にきブティック」。様々な種類のジャムやクッキーなど、お土産に最適なギフトがずらりと並ぶ一方、椅子やテーブルが並べられたその場所では、二期倶楽部特製のケーキや様々な種類の飲み物を楽しめます。

チェックインをし、荷物を部屋に預けて、「さぁ、何をしようか?」という夕方の時間。身軽になった状態でちょっと一息するには、最高の場所になるはずです。

まるで別荘のような、くつろぎの部屋

まるで別荘のような、くつろぎの部屋

写真:小林 里穂

地図を見る

本館と東館とで分けられた宿泊施設の中で、特におすすめしたいのが本館、ツインの部屋。余分なものが一切無いその部屋は、木の温もりが感じられ、大きなガラスの窓からは豊かな緑の景色を一望することができるのです。

自然に囲まれ、静けさに満ちた場所。寝室とリビングはそれぞれ区切られていて、部屋にいる時、ホテルではなくまるで別荘で過ごしているかのような感覚に陥ります。

木製の床、白い壁、そして木材で作られたシンプルな家具たち。ひっそりとした静けさの中で、雨の音や虫の鳴き声が響いて止みません。

テレビとDVDデッキ、そして様々な飲み物が完備されているリビング。カウチに深く腰掛けて、お気に入りの映画をセットして、心が落ち着く温かい飲み物と一緒に優雅な時間を過ごすのはいかがでしょうか。

メインダイニング「ラ・ブリーズ」で、極上のディナーを堪能

メインダイニング「ラ・ブリーズ」で、極上のディナーを堪能

写真:小林 里穂

地図を見る

チェックインをし一息ついて、部屋でのんびりした後は、いよいよお待ちかねのディナーの時間。会場はドレスコードが設けられた厳かな空間。普段よりも少し着飾って、いざ、「ラ・ブリーズ」へと向かいましょう。

「ラ・ブリーズ」は本館に設けられたレストラン。レセプションを抜け、階段を降りたその先には、大きなガラス窓と大谷石とで作られた広々とした空間が広がります。

地元那須で取れた食材を使い、「和と洋」をテーマとした食事。綺麗に盛り付けられた一皿一皿をゆっくりと味わうと共に、自然の恵みが身体の奥まで行き渡るのを感じて下さい。

ここは、食器やグラスが擦れ合う音が響く静かな空間。しかし会場に設置してあるグランドピアノから、定期的に生演奏を聴く事ができるのです。広い静かな空間で、こだまする繊細なグランドピアノの音。その綺麗で美しい音色により、まるで映画のワンシーンのような「非日常性」を味わうことができます。

ピアノの音色と共に、特別な空間を提供する「ラ・ブリーズ」。お洒落な服を身に纏って、非日常的な特別な時間を過ごすのはいかがでしょうか。

「ガーデンレストラン」で頂く、安らぎの朝食

「ガーデンレストラン」で頂く、安らぎの朝食

写真:小林 里穂

地図を見る

和食と洋食とで選べる中、おすすめしたいのが「ガーデンレストラン」で頂く洋食。厳粛な雰囲気漂うレストラン「ラ・ブリーズ」とはまた異なり、緑を見ながら、そして鳥のさえずりを聞きながら、大自然の中での朝食を楽しむことができます。

ガーデンレストラン内でも特におすすめなのが外に設けられたテラス席。心地いい風に当たりながら、大自然を目の前に、ゆっくり流れる時間を肌で感じることができる場所なのです。

テーブルに並べられるのは「美と健康」がしっかりと意識された身体に優しいものばかり。その中には「キッチンガーデン」という名の自家菜園で育てられた無農薬野菜も含まれます。コーヒー、紅茶、そしてフレッシュジュースはもちろんのこと、美味しいパンケーキやスープ、様々な種類のアラカルトを堪能できるのです。

目の前に広がる緑豊かな大自然を見て、そこから聞こえてくる鳥のさえずりに耳を傾けて、自然の空気を思いっきり吸い込んで、身体に優しい料理を堪能する。優雅な1日をスタートさせるには、これ以上にない最高の環境を提供してくれます。

例えば読書をしたり、ゆっくり会話を楽しむも良し。時間がゆっくり流れるガーデンレストランで、素敵な1日をスタートさせませんか?

優しい自然に囲まれて、心も体もリフレッシュ

二期倶楽部が位置しているのは、外部の喧騒など全く聞こえない、那須の大自然の中。川のせせらぎ、鳥のさえずり、そして虫の鳴き声に守られた、とても穏やかな空間なのです。
4万2000坪という広大な敷地に、それぞれ特徴の異なる41室の部屋を完備。その他にも温泉やカフェ、ライブラリーなど、敷地内だけで楽しめる施設が充実しています。

豊かな緑を見て、身体に優しい料理を食べて、自然の音に耳を澄ませて下さい。普段の生活の中で知らぬ間に大きくなってしまった心の緊張が解け、全身からリラックスできるはずです。

大自然ゆえ、四季折々の風景を楽しめるまさに自然と一体になった場所「二期倶楽部」。時間がゆっくり流れるその空間で、その豊かな自然に心から癒されてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/30−2015/08/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -