下駄タワーに下駄飛ばし!広島県福山市「ゲタリンピック」に参加しちゃおう

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

下駄タワーに下駄飛ばし!広島県福山市「ゲタリンピック」に参加しちゃおう

下駄タワーに下駄飛ばし!広島県福山市「ゲタリンピック」に参加しちゃおう

更新日:2016/08/19 10:44

広島 らっこのプロフィール写真 広島 らっこ 旅行ブロガー

広島県福山市にある松永町は日本有数の下駄の産地として有名で、その生産量は日本一と言われています。その松永町で毎年開催されるのが下駄をテーマとしたお祭り「ゲタリンピック」。2016年の開催日は9月18日(日)です。

地域の特産品やグルメを楽しめるのはもちろんですが、一番のおすすめポイントは、様々な競技に参加して楽しめるところ!あなたも新記録目指してチャレンジしてみませんか?

好みの台と鼻緒でオーダーメイド

好みの台と鼻緒でオーダーメイド

写真:広島 らっこ

地図を見る

JR福山駅から電車で約10分のところにある、松永駅前がゲタリンピックのメイン会場です。福山周辺のグルメや特産品の出店が並ぶ中、下駄に関するアイテムも数多く見ることが出来ます。

その中でもおすすめは、好きな台と鼻緒を選ぶとその場でオリジナルの下駄を作ってくれるサービスです。お手持ちの浴衣や着物の柄に合うデザインや、普段から履けそうなデザインなど、探してみるのも楽しいのではないでしょうか。

「ゲタ将棋」に挑戦!子供用イベント広場も充実

「ゲタ将棋」に挑戦!子供用イベント広場も充実

写真:広島 らっこ

地図を見る

将棋のコマがゲタでできている「ゲタ将棋」は完成度が非常に高く見ごたえがあります。将棋に自信のある方はぜひ、ゲタ将棋王座決定戦に参加してはいかがでしょうか。
(※受付時間は9時半から、先着32名)
対局時計を使った本格的な勝負で、優勝者には商品も用意されていますよ。

また、ゲタ将棋会場の近くには子供用コーナーや授乳室もあり、輪投げやくじ、ゲタフィッシングなど、小さなお子さんも楽しめるゲームがたくさんあるので、子供と一緒でも退屈せずに待てるかもしれませんね。

スピードとバランス勝負の「ゲタタワー」

スピードとバランス勝負の「ゲタタワー」

写真:広島 らっこ

地図を見る

5人で協力して、決められた制限時間内にどれだけ高く下駄を積み上げることができるかを競う「ゲタタワー」。10メートル先の下駄を積み上げるエリアまで、リズム良く下駄を渡していくチームワークと、下駄を積み上げる形や集中力が勝負の競技です。
賞金がかかっていることもあり、参加者の真剣な眼差しや下駄を手渡すスピード感に、見ているだけでもドキドキします。子供から大人まで参加できるシンプルな競技なので、家族で参加するととっても盛り上がりますよ。

※受付時間 12時から、定員次第締切

迫力満点!「巨大ゲタさばり」

迫力満点!「巨大ゲタさばり」

写真:広島 らっこ

地図を見る

ゲタリンピックの目玉とも言える競技が「巨大ゲタさばり」。「さばる」とは備後弁で「引っ張る」という意味で、言葉の通り、重さ約1.3トンの巨大ゲタを綱を使って引っ張り、その距離を競います。あまりの重さのため、チームによってはほとんど動かない場合もありますが、動いた時にはその迫力で目が釘付けに!

人気競技なので、見たい場合は競技開始時間よりも前に会場に向かって場所を確保しておきましょう。初めての訪問で場所の見当が付かないという方は、本格的なカメラを構えた人がたくさん待機している場所を参考にして、その付近に行ってみるといいかもしれません。

マイペースで参加するなら「ゲタとばし」

マイペースで参加するなら「ゲタとばし」

写真:広島 らっこ

地図を見る

靴飛ばしは得意ですか?靴飛ばしのように、ゲタをけって飛ばした飛距離で競うのが「ゲタとばし」です。子供の部、女子の部、男子の部、ペアの部と細かく分かれているので、賞金も狙いやすいかもしれません。

ゲタとばしは、メイン会場とは少し離れた第2会場で開催されます。マップを見ると近そうに見えるかもしれませんが、歩くと結構な距離があるので、無料シャトルバスを利用して移動することをおすすめします。「日本下駄とばし協会」のルールに沿って行われるため、世界記録を破ることも夢ではありませんよ!

※受付時間 10時30分〜15時30分

ゲタリンピックは参加するともっと楽しい!

地域のお祭りなどに行くと見物することが多い中、実際に参加できるイベントがたくさんある「ゲタリンピック」は見るだけとはまた違った楽しさが味わえます。普段の生活で下駄に触れる機会が少なくなったので、もしかしたら年配の方のほうが活躍できるかもしれませんね。
子供からお年寄りまで楽しめる競技がたくさんあるので、恥ずかしがらずにどんどん参加して、新しい体験をたくさんして帰ってくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/09/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ