三四郎島を望む絶景露天風呂!西伊豆・堂ヶ島温泉ホテルは自家源泉かけ流し

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

三四郎島を望む絶景露天風呂!西伊豆・堂ヶ島温泉ホテルは自家源泉かけ流し

三四郎島を望む絶景露天風呂!西伊豆・堂ヶ島温泉ホテルは自家源泉かけ流し

更新日:2016/06/14 15:03

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

堂ヶ島温泉ホテル(静岡県西伊豆町)は、堂ヶ島温泉発祥の老舗宿で、西伊豆を代表する絶景「三四郎島」の正面という最高の立地です。

三四郎島を望む露天風呂は、CMの舞台になる程の絶景。客室の眺望も素晴らしく、海一望客室では三四郎島が真正面で圧倒的な迫力です。夕食は金目鯛の煮付けなど、海の幸が盛り沢山。大浴場は自家源泉かけ流しで、飲泉場も完備。客室の風呂も温泉で、温泉好きにおすすめしたい宿です!

堂ヶ島温泉ホテルは、温泉が素晴らしいリゾートホテル!

堂ヶ島温泉ホテルは、温泉が素晴らしいリゾートホテル!

写真:藤田 聡

地図を見る

堂ヶ島温泉ホテルは老舗宿ですが、白亜のリゾートホテルです。中央の樹木で覆われている建物が、内湯の大浴場「オーロラの湯」。露天風呂は、海沿いに別にあります。

露天風呂は循環併用ですが、大浴場は自家源泉加熱かけ流し。大浴場の手前に飲泉所もあり、低温なので入浴前後の水分補給に最適です。他にも、自家源泉加熱かけ流しの貸切岩風呂(有料)があり、貸切ですから夫婦やカップル水入らずで、混浴の温泉を思う存分楽しめます。

さらに客室のユニットバスもぬるめの温泉で、温泉好きに断然おすすめしたい宿。口コミやブログでも、特に風呂が高評価です!

三四郎島と夕陽が真正面!「海一望和室」

三四郎島と夕陽が真正面!「海一望和室」

写真:藤田 聡

地図を見る

堂ヶ島温泉ホテルはスイートルームと露天風呂付き客室の他は、10畳の和室が多く眺望に応じて料金が変わります。最上級の「海一望和室」は写真の通り、三四郎島の絶景が真正面で驚きます!もちろん、合成写真ではありません。肉眼で見ると圧倒的な迫力で、最上級客室らしい眺望に納得です。

三四郎島の奥が、赤く染まっているのは夕陽。西伊豆町は夕陽日本一宣言をしており、堂ヶ島の夕陽の見頃は9月から3月ですが、三四郎島付近に夕陽が沈むのは11月から1月です。客室から、日本一の夕陽を堪能しましょう!

金目鯛の煮付けが美味!堂ヶ島温泉ホテルの夕食

金目鯛の煮付けが美味!堂ヶ島温泉ホテルの夕食

写真:藤田 聡

地図を見る

堂ヶ島温泉ホテルの夕食は、宿泊プランに応じて変わります。写真の他にも刺身盛り合わせの大皿が付く豪華版で、金目鯛の煮付けの甘辛いタレが絶品。本当に忘れられない味でリピーターの多くは、かけ流しの大浴場と金目鯛の煮付けが目当てに違いありません。

三四郎島を望む絶景露天風呂!

三四郎島を望む絶景露天風呂!

写真:藤田 聡

地図を見る

堂ヶ島温泉ホテルを代表する景観が、三四郎島を望む絶景露天風呂で、CMのロケ地にも使われる程。干潮時には海に道が出来て歩いて渡れる、トンボロ現象が発生して幻想的な光景になります。

堂ヶ島温泉ホテルの周辺観光は、洞窟めぐり遊覧船と天窓洞

堂ヶ島温泉ホテルの周辺観光といえば、洞窟めぐり遊覧船です。そのハイライトが天窓洞で、名前の通り天井に穴が開いていて空が見える洞窟です。天窓洞周辺は徒歩でも観光出来、洞窟を訪れる遊覧船を上から見降ろせます。

他にも黄金崎クリスタルパークや、土肥金山などの観光施設があり、入場券付き宿泊プランで、お得に観光出来ます。

西伊豆町は「日本の夕陽百選」にも選ばれ、堂ヶ島温泉ホテルの客室からも鑑賞出来ますが、大田子海岸まで行くのもおすすめ。別記事で詳細に紹介しましたので、是非ご覧下さい。(記事の最後にリンクあり)

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/31−2013/02/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ