ウチナーンチュに聞きました。沖縄で一番美味しいピザと言えば?→「ピザ喫茶・花人逢(かじんほう)」

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ウチナーンチュに聞きました。沖縄で一番美味しいピザと言えば?→「ピザ喫茶・花人逢(かじんほう)」

ウチナーンチュに聞きました。沖縄で一番美味しいピザと言えば?→「ピザ喫茶・花人逢(かじんほう)」

更新日:2013/06/10 15:28

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

沖縄本島北部にある本部(もとぶ)町は人気の沖縄美ら海水族館のある観光エリアです。ここに地元沖縄人が認める、美味いピザと素晴らしい景色を楽しめる「ピザ喫茶・花人逢(かじんほう)」があるのです。美ら海水族館とセットで訪ねてみませんか?

目指すは丘の上!「ピザ喫茶・花人逢」

目指すは丘の上!「ピザ喫茶・花人逢」

写真:bow

地図を見る

今回ご紹介する「ピザ喫茶・花人逢」、まずはその場所からご紹介しましょう。美ら海水族館を起点に、距離にすれば5km程。時間は20分もあればつくかと思います。ただし、街道沿いから外れて結構辺鄙な所にあります。道案内の看板があるものの、ちょっと迷いやすいかも。私も3度行きましたが3度迷いました・・・ナビの案内通り走ったんですがねぇ(どうもナビ通りに走るとややこしい方の道をガイドするとの話もあります)途中に畑の間を走ったりということもあるのでちょっとドキドキしながら目指してください。店に着くまでは延々と山道・上り坂を上って行きますので、標高は沖縄ということを考えれば結構高い位置にあります。そのおかげでいい眺望に出会えますよ。

沖縄古民家風カフェ

沖縄古民家風カフェ

写真:bow

地図を見る

「ピザ喫茶・花人逢」の建物は沖縄の古民家風のたたずまい。かなり開放的な店内席とオープンカフェなテラス席があり、どちらでも素晴らしい景色を味わえます。店内席には縁側のお席もあり、ここが一番のおすすめポイント!店内席はウッディーなテイストでまとまっており、ちょっと懐かしげな香りがする落ち着いた雰囲気が漂っています。それもそのはずコンセプトは「おばあさんの家に来た雰囲気」なんだそうですよ。また、店の敷地内には個性的なシーサー達が沢山いますので探してみましょう!

とにかく旨いピザ!!食べてみて!

とにかく旨いピザ!!食べてみて!

写真:bow

地図を見る

以前、私が仕事で何度か沖縄へお邪魔した際、地元沖縄の人に「bow君、美味しいピザが食いたいならココに行ってきなさい」と教えてもらったのがこの花人逢なのです。当然ですが、手作りのピザです。外はパリっと中はふわっとモチモチ。言葉で書くと単純ですが、本当に美味い!イタリアのピザ通をも唸らせる美味さなんですよ!店名に「ピザ喫茶」と謳うだけありますッ!
このピザには山原(やんばる)の「大国林道の湧き水」を使用しているそうなのですが、なんと汲むまでに1時間以上待たないといけない時もあるという名水だそう。この少し甘みのある湧き水がピザの美味しさの理由の一つとされています。また、コーヒーにもこの水が使われているそうです。

ピザ以外もおすすめ!

ピザ以外もおすすめ!

写真:bow

地図を見る

おすすめメニューと言ってもピザの小(1000円)と中(2000円)以外のフードメニューはサラダだけ。でもフードはそれで十分と思えます。後はドリンク類。特に美味しいと評判は地元・本部町産のアセロラジュース。ですが何を頼んでも美味しいです。コーヒー、紅茶類には黒糖がサービスでついてたり、地元の花が添えられていたり。ちょっとした所まで心遣いが憎いカフェだなぁと思います。

大パノラマビューもご馳走!

動画:bow

地図を見る

晴れた日には伊江島、瀬底島、水納島が一望できるというその眺め。それがピザの味を倍増させ、「ピザ喫茶・花人逢」の人気を不動のものにしているのかもしれません。日中の景色もさることながら、この景色は西向きに開けています。と言うことはここはサンセットポイントでもあるのです。サンセットを狙って来る観光客もいるようです。何度か通うならタイミングをずらして来てみるのもいいかもしれませんね。リピーターが本当に多いというのが、この店の良さを物語っていると思いますよ。


★ピザ喫茶 花人逢
沖縄県国頭郡本部町山里1153−2
TEL(0980)47−5537
営業時間 12:00〜19:00
定休日 火・水曜日

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/09/17 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ