夕陽×夫婦岩=日本夕陽百選の一つ、福岡「桜井二見ヶ浦」

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

夕陽×夫婦岩=日本夕陽百選の一つ、福岡「桜井二見ヶ浦」

夕陽×夫婦岩=日本夕陽百選の一つ、福岡「桜井二見ヶ浦」

更新日:2015/09/13 17:15

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

福岡県の中心地から車で30分ほどの糸島市。豊かな自然はもとより、ここ数年ではお洒落なレストランや地域に根差した道の駅などにも注目が集まっている場所ですが、その北部にあるビーチ、桜井二見ヶ浦は日本夕陽百選にも選ばれるほどの夕陽の名所。

今回は夕陽・夫婦岩・鳥居という日本国内でも稀な組み合わせによって、桜井二見ヶ浦だけでしか見られない景色をご紹介します。

遮るものナシ!桜井二見ヶ浦の夕陽!

遮るものナシ!桜井二見ヶ浦の夕陽!

写真:岡本 大樹

地図を見る

夕陽の名所にもいろいろと種類がありますが、桜井二見ヶ浦は海岸から水平線に沈む夕陽を最後まで見ることができる場所です。

しかも、高台に上るわけでもないのに島や近くの山もちょうど夕陽の方角にはなく、遮るものがないという、夕陽を見るにはうってつけの場所です。

また駐車場が海岸のすぐそばにあり、降車してすぐに夕陽を楽しむことができるのも大きな魅力。夕陽というと高い場所にある展望台などから見ることが多く、その場合は駐車場から展望台までの時間を考えないといけませんが、桜井二見ヶ浦の場合はそんな時間や苦労もなくお手軽に見ることができるのです。

朝陽の伊勢二見ヶ浦、夕陽の桜井二見ヶ浦?

朝陽の伊勢二見ヶ浦、夕陽の桜井二見ヶ浦?

写真:岡本 大樹

地図を見る

さらにここ桜井二見ヶ浦には夫婦岩があります。夫婦岩と言えば三重県にある伊勢二見ヶ浦が朝陽の名所として有名かと思います。そしてあまり知られていないかもしれませんが、その対をなす夕陽の夫婦岩と呼ばれているのがこの桜井二見ヶ浦の夫婦岩なのです。

この写真だとそれほど大きさは感じられないと思いますが、この夫婦岩は海岸からは150m離れているにもかかわらず、実際に前に立つとなかなかの迫力があります。
サイズといえばこの夫婦岩をつないでいる大注連縄もかなりのもの。毎年5月頃に掛け替えが行われるのですが長さは30m、重さは1tもあります。

デートスポットしても魅力大

デートスポットしても魅力大

写真:岡本 大樹

地図を見る

中心地からのアクセスの良さ、手軽さ、夫婦岩など多くの魅力により、桜井二見ヶ浦にはかなりの人が夕陽を見にやってきます。その中でも特に多く見られたのがカップルの姿。

近くに夕陽を見ながら食事できるレストランなどもありデートスポットしても大人気。なのですが、さらにもう一つ見逃せないポイントがあります。

単純に、夫婦岩が縁結びや夫婦円満のシンボルでもあるというだけでなく、夏至前後の時期にはこの夫婦岩の間に沈む夕日を見ることができるのです。
日本に夫婦岩はいくつもあれど、間に沈んでいく夕陽を見られるのはここ桜井二見ヶ浦くらいのもの。しかもそれが一年で最も昼が長い日と一致しているとは素敵な偶然ですね。

桜井二見ヶ浦の夕陽は沈んでももう少し待とう!シャッターチャンスまだあります!

桜井二見ヶ浦の夕陽は沈んでももう少し待とう!シャッターチャンスまだあります!

写真:岡本 大樹

地図を見る

夕陽を見る、あるいは撮影するとなると一般的に沈んでいく夕陽を狙うと思いますが、実は完全に沈み切った後にもシャッターチャンスはあるのです。

桜井二見ヶ浦の場合、海岸近くに鳥居が立っていて真下まで行くことができます。
夕陽が沈んだ後の空をバックにその鳥居を撮影するとなかなか迫力が出ます。シルエットでもメインになる鳥居の形を上手く使ってみましょう。

まとめ

近年注目を集めている糸島。2013年には福岡県の雑誌で県民が住みたい町ナンバーワンに選ばれています。その理由は様々あるでしょうが、夕陽もその一翼を担っているように思います。

福岡県に住んでいる方はもちろんですが、旅行などで福岡あるいは近隣県を訪れる方にもぜひ見ていただきたい場所、日本夕陽百選にも選ばれている糸島市の桜井二見ヶ浦でした。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -