臨場感満点!胸打たれるスペイン・グラナダ情熱の洞窟フラメンコ

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

臨場感満点!胸打たれるスペイン・グラナダ情熱の洞窟フラメンコ

臨場感満点!胸打たれるスペイン・グラナダ情熱の洞窟フラメンコ

更新日:2018/10/26 10:54

高橋 樂のプロフィール写真 高橋 樂 旅行ブロガー

グラナダに来たら一度は行ってみたいのが、洞窟フラメンコ。ここアンダルシア地方で、ロマとイスラムの文化融合の結晶でもあるフラメンコの原型が生まれました。迫害され続けた彼らの嘆きや叫びが表現されています。
サクロモンテの丘のタブラオでは、目の前で汗ほとばしる情熱的な踊りと、体の芯に響く歌やギター演奏が繰り広げられ、これらが三位一体となって観客を激情の世界へ誘います。物凄い臨場感に心揺さぶられますよ。

フラメンコの歴史−ロマとイスラムの融合

フラメンコの歴史−ロマとイスラムの融合

写真:高橋 樂

地図を見る

フラメンコの原型は、18世紀末頃、アンダルシアのロマ族(ヒターノ、ジプシー)がイスラム教徒伝統の踊りや音楽を取り入れて生まれました。

彼らは共に、16世紀前後以来、長い間キリスト教徒による迫害と差別を受けていました。その厳しい歴史の中で、互いの生活や文化の融合が起き、芸術として結晶化されたのがフラメンコです。彼らの深い嘆きや悲しみを表現した、いわば“情念”の舞踊芸術と言えるでしょう。

19世紀中頃、フラメンコを楽しむ「カフェ・カンタンテ」という酒場が生まれ、これが現在の「タブラオ」というライブハウスに発展しました。観客は食事や飲み物を頂きながら鑑賞するスタイルです。

今もロマ族が住むサクロモンテの丘には、丘の斜面を掘ってつくった洞窟フラメンコのタブラオが沢山あります。写真は、サクロモンテの有名タブラオ「Zambra Maria La Canastera(左下)」「Venta el Gallo(中央)」です。サクロモンテの奥の方にあります。

すごい臨場感!洞窟フラメンコを体感

すごい臨場感!洞窟フラメンコを体感

提供元:Aさん

地図を見る

洞窟フラメンコのタブラオでは、客は、中央スペースで踊るダンサーを囲むように、壁沿いと後ろの席に座ります。各ステージ2〜4名のダンサーが登場します。
狭い洞窟なので、ダンサーのほとばしる汗がかかりそうな程間近で見ることができますし、歌はよく響いて聴きごたえがあります。この臨場感は、洞窟フラメンコならではではないでしょうか。

天井からは沢山の鍋やフライパンがつるされているのも、これらのタブラオの特徴の一つです。その理由は、彼らの伝統的職業である鍋作りに由来しているとも言われます。彼らのアイデンティティの証と言えるのかもしれません。

フラメンコで重要なのは踊りだけではありません。踊り(バイレ)と歌(カンテ)とギターが三位一体となって情念の世界観が生まれます。
ショーが始まれば、観客は一気にフラメンコの情念の世界に引き込まれますよ。いつしか、彼らの嘆きや悲しみが心の中にどっと押し寄せ、胸を打つのです。ここでしかできない貴重な体験だと思います。

写真はタブラオ「ザンブラ・マリア・ラ・カナステラ(Zambra Maria La Canastera)」のものです。

洞窟フラメンコ申込について

洞窟フラメンコ申込について

写真:高橋 樂

地図を見る

洞窟フラメンコのタブラオでお勧めなのは、以下の3軒です。
前述のサクロモンテの奥の方にある「Zambra Maria La Canastera」、「Venta el Gallo」、サクロモンテの入口付近にある、この写真の「ロス・タラントス(Cuevas Los Tarantos)」です。

ショーは、タブラオによって違いますが、大体21:00頃から1〜2回、ワンステージ約1〜1.5時間です。
治安があまり良くないと言われる場所柄、ホテルへの送迎付きのツアーで行かれる方が多いようです。フラメンコ(ワンドリンク付)とアルハンブラ宮殿の夜景鑑賞がセットになったツアーも人気です。(料金目安:30ユーロ前後)
割高になりますが食事付のコースもあります。

申込は、各オプショナルツアー主催会社はもちろんのこと、大方のホテルからも予約してもらえますし、下記関連MEMOにある「フラメンコチケッツ」というサイトからも各自事前に申し込むこともできます。比較検討してみてください。

その他おススメのフラメンコ劇場「Casa del Arte Flamenco」

その他おススメのフラメンコ劇場「Casa del Arte Flamenco」

写真:高橋 樂

地図を見る

洞窟フラメンコではなく、一般的なステージと客席のあるフラメンコ劇場では「Casa del Arte Flamenco」がお勧めです。場所は、ヌエバ広場からアルハンブラ宮殿に向かうゴメレス坂沿いです。

小さい劇場ですが、こちらのパフォーマンスは、各ランキングサイトでも常に上位に入り、洗練されていると定評があります。歌は観客の体の芯まで響き、迫真の踊りには引き込まれます。「踊り」ではあるのだけど、「演技」を見ているようです。ダンサー・歌い手・ギタリストが三位一体となったあふれ出る激情に圧倒されますよ。

客席は段々になっており、どこからでも見やすい構造になっています。座席は早い者勝ちですので指定時間より少し前に到着しておくといいですよ。
料金も18ユーロ(2015.4現在)と洞窟フラメンコに比べて割安です。飲み物等はついていません。ステージは19:30〜と21:00〜。洞窟タブラオと違って早めの時間があるのもいいですね。
場所はメイン通り傍なので安全な雰囲気。フラッと寄れる気楽な感じがあります。

洞窟フラメンコのタブラオ周辺お勧めホテル

洞窟フラメンコのタブラオ周辺お勧めホテル

写真:高橋 樂

地図を見る

洞窟フラメンコの終了時間は遅く、深夜になる場合もあります。
サクロモンテやアルバイシンは狭い路地が多く、治安も少々不安ですよね。

ツアーに入るのもいいですが、私のお勧めは思い切ってサクロモンテに宿を取ることです。この辺りでイチオシのホテルは、サクロモンテ地区に入ってすぐのところにある「アパルタメントス モンテスクラロス」です。
各洞窟フラメンコのタブラオから徒歩約10分のアルハンブラ宮殿の絶景を見ることができる2つ星ホテルです。治安は良くないとはいえ、夜は洞窟フラメンコ客も沢山歩いていますし、気を付けていれば問題はありません。グラナダ駅からもタクシーで10分前後ですし、アルハンブラバスの停留所もすぐ近くにあり便利です。

こちらのホテルでは、アルハンブラビューのお部屋と洞窟を利用したお部屋がお勧めです。また、プール付きのテラスからは、近くの「サン・ニコラス展望台」とほぼ同じ景色が楽しめます。観光客の喧騒を逃れて、夕暮れに染まるアルハンブラをまったり堪能できますよ。

※詳細は、下記【関連メモ】LINEトラベルjp 旅行ガイド別記事「グラナダ・アルハンブラ宮殿を臨む絶景ホテルアパルタメントス モンテスクラロス」をご参照ください。

まとめ・その他(写真撮影等)

長い間キリスト教徒から迫害や差別を受けたロマ族とイスラム教徒。いつしか彼らの生活や文化は融合し、その結晶としてフラメンコが生まれました。彼らの絶えることのない嘆きや叫びは、歌、踊り、音楽となり、いつしか舞踊芸術フラメンコへと昇華されたのです。そしてこのフラメンコが、今やスペインを代表する芸術として世界中で愛されているという事実は大変興味深いことです。ネガティブな感情と芸術の強い関係性についても考えさせられますね。
臨場感に溢れ、心揺さぶられる洞窟フラメンコ、是非ご堪能ください。

■その他(写真撮影等)
・写真撮影は、各タブラオ・劇場によって方針が違います。撮影可能な所が多いようですが、中には、フィナーレだけOKという会場もあります。動画撮影は基本不可です。各会場の指示に従ってください。

・グラナダのロマ族とイスラム教徒の歴史について、もっと詳しくお知りになりたい方は、【関連MEMO】にリンクしたLINEトラベルjp 旅行ガイド別記事:『グラナダ・ロマ族の真実に迫る!「サクロモンテ洞窟博物館」とフラメンコ 』をご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/19 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -