エトナ山に抱かれた世界遺産の街・シチリア島カターニアでイタリアンバロックに触れる

| イタリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

エトナ山に抱かれた世界遺産の街・シチリア島カターニアでイタリアンバロックに触れる

エトナ山に抱かれた世界遺産の街・シチリア島カターニアでイタリアンバロックに触れる

更新日:2015/09/12 20:11

南伊シチリア島カターニアの街は、美しい装飾を施したバロック様式の建物が多く残り、素晴らしい景観を見せています。
かつてエトナ山周辺地域を襲った大地震により街は全壊、その後驚異的再建を果たし、見事な後期バロック様式の建築・芸術を街に花咲かせたシチリア第二の都市です。

こんなにも美しい街なのに、観光しないでスルーと言うのは絶対もったいない!
ガイドブックにはほとんど載っていない情報もご紹介します♪

バロックな街角からはエトナ山の雄大な姿が見え隠れ

バロックな街角からはエトナ山の雄大な姿が見え隠れ
地図を見る

シチリア島の空の玄関口の一つであるカターニア。イタリアや欧州各地からのアクセスにも便利な街です。

かつては大自然の驚異を見せつけ、現在も活火山である「エトナ山」が街を見下ろしています。
雄大な景色のもと、街はバロック建築で彩られ美しく統一されています。
リゾート地のような華やかさはありませんが、落ち着いた大人の街歩きにお薦めの街ですよ!

モニュメントが集結する観光の中心、まずは「ドゥオモ広場」へ!

モニュメントが集結する観光の中心、まずは「ドゥオモ広場」へ!
地図を見る

「ドゥオモ広場」は街の中心的広場であり、周りをモニュメントが囲んでいます。
広場の代表は大聖堂(Cattedrale)で、カターニア出身の作曲家べッリーニは、ここに葬られています。

大聖堂脇にはサンタ・アガタ教会や、彫刻家ガジーニの造った作品「聖母子」があるサンタ・マリア・ディ・ジェズ教会も堂々たる存在感を放ちながら建ち、街を飾っています。

また、広場中心には古代ローマの溶岩を素材にした象とエジプトのオベリスクが使われた「フォンターナ・デッレファンテ(象の泉)」があり、カターニアのシンボル的存在として親しまれています。

ガイドブックにはほぼない情報!!近郊の街へ行くなら覚えておきましょう♪

ガイドブックにはほぼない情報!!近郊の街へ行くなら覚えておきましょう♪
地図を見る

ドゥオモ広場の南側に「ウツェダ門」と言う立派な美しい門があります。そこを抜けると「パチーニ公園」で、市が立つ朝は威勢のいい地元の方の声が響いています。
にょきにょきと動く小さなカタツムリが売られていることもあるので、冷かしながら歩くのもまた楽しいですね。カタツムリはもちろん食べられますよ〜!

そして公園のすぐ脇は、近郊の街へのアクセスするための長距離バスステーション「パオロ・ボルセリーノ広場」へと通じています。
ガイドブックにはほとんどない情報ですので、是非覚えておいて下さいね。
バスは中央駅から発着しますが、治安の面でもホテルはドゥオモ広場辺りをお薦めしますので、このバスステーションは覚えておいて損はないと思います。

バロック建築の立ち並ぶ世界遺産「クロチフェリ通り」は必見!

バロック建築の立ち並ぶ世界遺産「クロチフェリ通り」は必見!
地図を見る

サン・フランチェスコ・ディ・アッシジ広場から始まり、サン・ベネディット門を越えて続く約200メートルほどの間、バロック様式の教会と修道院が建ち並ぶ「クロチフェリ通り」は、世界遺産に登録されています。

サン・フランチェスコ・ディ・アッシジ教会、サン・ベネディット教会、サン・フランチェスコ・ボルジァ教会、イエズス会寄宿舎、その向かいにはサン・ジュリアーノ教会があります。
中でも外せないのは「サン・ベネディクト教会」(写真)でしょう。外観も素晴らしいですが、内部もまたバロック装飾で、その美しさは圧巻の一言です。

ガイドブックに紹介されていないのが不思議?「カターニア大学」の見学は絶対!

ガイドブックに紹介されていないのが不思議?「カターニア大学」の見学は絶対!
地図を見る

「カターニア大学」に着くと、大学とは思えないほど立派な建物にまずは驚くことと思います。
実はここは、もともとエトナ山標高700mにあったというサン・ニコロ・ラレーナという修道院だった建物。噴火や地震のため2度の移転後、現在の場所に移され大学の一部となっています。

バロック様式のファサードに目を見張りますが、内部も宮殿を思わせるような優雅で豪華な建築です。
また、美しい回廊を持つ中庭があり、とにかく大学とは思えない場所です。
一般の方の見学も可能ですし、入場料も不要ですので是非訪れてみてはいかがでしょうか?

カターニアの街の魅力は伝わりましたか?

観光地としてはあまり訪れる人はいないカターニアですが、意外にも見所はあるのです!
シチリアの玄関口としてだけでなく、是非街歩きをじっくりしてみては?
歩くのが不得意な方には、観光バスやミニトレインも走っているので、利用されるといいでしょう。

観光には8月以外をお薦めします。
8月はヴァカンスでクローズするお店が多いのと、猛暑で40度近くなるので街歩きにはお薦め出来ません。
また、逆に真冬にシチリアへ行かれるなら、他のエリアと比べ雨量も少なく比較的お天気に恵まれることが多いカターニアはお薦めですよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/01−2014/05/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -