日本屈指の湯治宿!霧島市・妙見温泉田島本館は泉質と風情が最高

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本屈指の湯治宿!霧島市・妙見温泉田島本館は泉質と風情が最高

日本屈指の湯治宿!霧島市・妙見温泉田島本館は泉質と風情が最高

更新日:2016/01/25 17:59

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

妙見温泉の田島本館(鹿児島県霧島市)は、温泉好きに断然おすすめの湯治宿。共同浴場のような浴室が2つあり、温泉泉質と素朴な秘湯風情が猛烈に素晴らしく、湯治場の良さが分かる温泉好きなら、日本屈指の宿だと思うに違いありません。

田島本館は二食付きでも、素泊まりでも泊まれます。妙見温泉はもちろん、日本を代表する高級宿「忘れの里 雅叙苑」の姉妹館で、湯治宿ですが風情や料理にその片鱗が見られます。

妙見温泉田島本館は、天降川の清流に佇む湯治宿

妙見温泉田島本館は、天降川の清流に佇む湯治宿

写真:藤田 聡

地図を見る

妙見温泉田島本館は、天降川の清流に佇む湯治宿です。川沿いの左側に平屋の旅館部、右側に二階建ての自炊部があり、旅館部、自炊部ともに、二食付きでも素泊まりでも泊まれます。

写真では山中の一軒宿に見えますが、実際には妙見温泉街の中にあり、妙見温泉宿泊者専用手形「湯路」(ゆ〜ろ)を購入して、隣接する旅館の湯巡りを楽しむ事も出来ます。

妙見温泉田島本館は、温泉泉質と湯治場風情が最高!

妙見温泉田島本館は、温泉泉質と湯治場風情が最高!

写真:藤田 聡

地図を見る

妙見温泉田島本館には一般的な大浴場は無く、共同湯のような素朴な浴室が2つあるだけですが、温泉と共同湯に関する歴史を熟知している温泉好きには、それが返って猛烈に嬉しいのです。それを理解して頂く為にも、温泉と共同湯の歴史を簡単に紹介します。

温泉とは大変に貴重な物で、昔は旅館に内湯は無く、温泉街の共同浴場に入りに行くのが普通でした。旅館に内湯が普及した現代でも、共同浴場の価値は増加し続けています。その理由は、お湯のクオリティー。共同浴場には、その地の温泉で一番良質な源泉が利用されることが多いため、最良のお湯を楽しむことが出来るのです。年季の入った建築も歴史と伝統の証明で、道後温泉本館のように重要文化財に指定され、温泉地の素晴らしさの象徴(シンボル)になる共同浴場もあります。

こうした歴史的背景を知った上で田島本館の浴室を見れば、湯治宿の素晴らしさの象徴と思えて来るから不思議。川側の浴室(写真)は胃腸の湯・傷の湯の2つの源泉を利用。湯治場らしく温泉の効能で命名されていますが、実際に湯治に使えるクオリティーの証明で、風情だけでなくお湯自体も共同湯レベルなのです。

健康な人でも温度や泉質の微妙な違いを比較して、温泉の素晴らしさを体感出来る浴室で、窓にはガラスが入っておらず、半露天気分も楽しめます。もう1つの浴室は濁り湯の神経痛の湯で、浴室風情も一層共同浴場的ですが、水道やトイレも完備。源泉も温度も泉質も風情も異なる、2つの浴室の3つの浴槽で温泉三昧すれば、温泉好きなら「重要文化財にしたい!」と思ってしまう程気に入ります!

妙見温泉田島本館は、囲炉裏カフェの風情や料理に雅叙苑の片鱗も

妙見温泉田島本館は、囲炉裏カフェの風情や料理に雅叙苑の片鱗も

写真:藤田 聡

地図を見る

妙見温泉田島本館は高級宿「忘れの里 雅叙苑」の姉妹館なので、浴室や囲炉裏カフェの風情に雅叙苑との類似を感じる箇所もあります。食事のお米も、雅叙苑と同様に釜戸で炊いた御飯です。二食付きで宿泊すれば、雅叙苑直営の鶏牧場で育った、南九州名物「地鶏の刺身」が夕食に付きます。

このように湯治宿でありながら、日本を代表する高級宿「忘れの里 雅叙苑」の風情や料理の一部を味わえるのも、妙見温泉田島本館の隠れた魅力です。

妙見温泉田島本館、自炊部旧館は解体され駐車場に

妙見温泉田島本館、自炊部旧館は解体され駐車場に

写真:藤田 聡

地図を見る

妙見温泉田島本館の客室は、渓流沿いに旅館部と自炊部があります。他に自炊部旧館がありましたが、老朽化により2015年に解体され、駐車場になりました。以前は駐車スペースが狭く、通りの向かい側にある第二駐車場を利用する場合も多かったのですが、宿泊棟に隣接した駐車場の拡大で、利便性が飛躍的に向上しました。

妙見温泉田島本館には、自由に使える洗濯機が2台あり、長期滞在者はもちろん、長期間の旅行者にも大変に便利。大量に洗濯する予定がある場合は、一階客室の方が洗濯物の運搬に便利なので、予約時に「出来れば」と希望を伝えておきましょう。

妙見温泉田島本館に泊まったら、高級宿の日帰り温泉も利用しよう

妙見温泉田島本館は、既に述べた通り温泉泉質と風情が極めて素晴らしいので、館内の温泉だけで十分満足出来ます。しかし、気分を変えて妙見温泉を代表する高級宿、妙見石原荘と忘れの里 雅叙苑の日帰り温泉を利用するのも、おすすめです!

妙見石原荘は、繁忙期以外は普通に日帰り入浴出来ますが、忘れの里 雅叙苑はランチ付きのみで事前の予約がベター。詳細は、別記事「【たびねす】『忘れの里 雅叙苑』で感動の日帰り温泉!〜霧島市妙見温泉〜」、「【たびねす】日本4位の食事が評判!霧島市・妙見温泉「妙見石原荘」の絶景露天風呂」で紹介しましたので、是非ご覧ください。(記事の最後のにリンクあり)

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/12/27−2014/12/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -