夕陽に輝くコキアの紅葉!ひたち海浜公園コキアカーニバル絶景攻略法

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

夕陽に輝くコキアの紅葉!ひたち海浜公園コキアカーニバル絶景攻略法

夕陽に輝くコキアの紅葉!ひたち海浜公園コキアカーニバル絶景攻略法

更新日:2015/10/16 12:46

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)のコキアの紅葉は、茨城県を代表する紅葉名所の一つです。毎年9月下旬からコキアカーニバルが行われますが、最初は青々としており紅葉は10月に入ってからです。

コキアの紅葉を最高の状態で見るには「時期」「天候」「時間帯」の3つの考慮点があります。その詳細を、実際の写真とともに紹介します。夕陽に光輝くコキアの紅葉は、燃え上がるような絶景です!

絶景攻略法その1 コキアの紅葉は最盛期に見よう!

絶景攻略法その1 コキアの紅葉は最盛期に見よう!

写真:藤田 聡

地図を見る

国営ひたち海浜公園のコキアカーニバルは、2015年は9月19日から10月18日までですが、最初は青々としており紅葉は10月です。毎年10月には無料入園日があり、2015年は10月4日と18日が入園無料ですが、コキアの紅葉を見るには10月4日では早過ぎますし、10月18日では遅過ぎます。(無料入園日でも、駐車料金はかかります)

コキアとは「ほうき草」の事で、紅葉最盛期が過ぎると赤味が抜け、茶色く枯れて本当に「ほうき」になってしまいます。コキアの紅葉を最高の状態で見るには、公式サイトの見頃情報の写真を頻繁に確認して、紅葉最盛期に行く必要があるのです。

紅葉の色付きが増すと期待して待っていると、あっという間に見頃を過ぎてコキアが茶色になります。むしろ少し早目の、緑が少し混ざっている頃が一番の見頃と考えて、早目に訪問するのがおすすめです!

絶景攻略法その2 コキアの紅葉は青空の下で見よう!

絶景攻略法その2 コキアの紅葉は青空の下で見よう!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉は単独でも十分絶景ですが、青空の下で見ると一層絶景になります。よって、単に紅葉の最盛期に行くのではなく、前後数日間の週間天気予報を見て、一番天気が良さそうな日に行くのが、断然おすすめです!

コキアの紅葉は、GWにはネモフィラで覆われる「みはらしの丘」で見られます。一番近いのは海浜口ですが駐車場が狭いので、駐車場に余裕のある西口を利用しましょう。西口から「みはらしの丘」までは、一枚目の写真のような看板が適宜あるので、迷いません。

絶景攻略法その3 コキアの紅葉が夕陽で光輝く様子を見よう!

絶景攻略法その3 コキアの紅葉が夕陽で光輝く様子を見よう!

写真:藤田 聡

地図を見る

紅葉最盛期の晴天の日は、コキアの紅葉が絶景ですが、一層絶景になるのが夕陽に照らされた時です。オレンジ色の夕陽に照らされると、真っ赤なコキアが朱色に光輝き、燃え上がっているような美しさ。この絶景を一度見てしまうと、もう他の時間帯では駄目だと思ってしまう程。紅葉最盛期の週間天気予報を見て、午後から夕方の天気がよい日に行くのが、一番のおすすめです!

夕陽に光輝くコキアの紅葉の後は、夕焼けも絶景!

夕陽に光輝くコキアの紅葉の後は、夕焼けも絶景!

写真:藤田 聡

地図を見る

夕陽に光輝くコキアの紅葉を存分に堪能していると、日没になります。17時閉園なので、蛍の光が流れるまで存分に満喫しましょう。夕陽に光輝くコキアの紅葉が見られた日には、美しい夕焼けも見られるに違いありません!

ひたち海浜公園コキアカーニバルでは、コキアの紅葉に集中しよう!

国営ひたち海浜公園で、コキアの紅葉と同時に見られる花は、キバナコスモスですが、非常に広い公園なので、あちこち行くと疲れ果ててしまいます。コキアの紅葉に集中して、西口から「みはらしの丘」の単純往復がおすすめです!

国営ひたち海浜公園のコキアの紅葉とともに、茨城県を代表する紅葉名所が袋田の滝と花貫渓谷です。別記事「【たびねす】県民の日は紅葉狩り!茨城の紅葉名所・袋田の滝と花貫渓谷」(記事最後の「MEMO欄」にリンクあり)で詳細に紹介しましたので、是非ご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ