コキアの紅葉10月が見頃!茨城・国営ひたち海浜公園コキアカーニバル

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

コキアの紅葉10月が見頃!茨城・国営ひたち海浜公園コキアカーニバル

コキアの紅葉10月が見頃!茨城・国営ひたち海浜公園コキアカーニバル

更新日:2018/09/27 10:31

藤田 聡のプロフィール写真 藤田 聡 温泉研究家、紅葉ガイド

コキアの紅葉名所といえば、国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)が断然おすすめ!見頃はコキアカーニバル開催期間中の、9月中旬から10月中旬まで。例年、会期末が最盛期です。
緑コキアが紅葉して赤コキアになり、最後は黄金コキアへとグラデーションしながら色が移り変わって行く様子も素敵!紅葉見頃時期に無料入園日が2回あるので、緑コキアと赤から黄金へ変化中のコキアを無料で楽しめます!

コキアの紅葉!見頃時期はいつ?

コキアの紅葉!見頃時期はいつ?

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉は、見頃の時期を確認するのが一番大切です。ひたち海浜公園コキアカーニバルの期間終盤が紅葉の最盛期。例年10月中旬です!

コキアの紅葉時期には、ライトアップはありません。夏休み期間中の夜間営業実施日のみ、緑コキアをカラフルにライトアップするイベントがあります。

コキアの紅葉!見頃時期はいつ?

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアが紅葉するシーズンには、無料入園日が2回あります。最初は緑色のコキアを楽しめ、2回目の最終日には紅葉の見頃が終わり始め、赤から黄金色へグラデーションしつつあるコキアを楽しめます。なお無料入園日でも駐車場は有料です。

無料入園日は日曜日なので、混雑が避けられません。茨城を代表する紅葉名所なので、見頃時期は結局混雑します。ならば多少追加で混雑するのは覚悟の上で、無料入園日を有効活用するのがおすすめです!

コキアの紅葉!見頃時期はいつ?

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉最盛期は、2回の無料入園日のちょうど中間辺り。天候次第ですが、例年10月15日前後が一番の見頃です。(掲載写真はすべてその頃に撮影したもの)

コキアの紅葉は、青空の下で見ると一層絶景になります。この写真は冒頭の写真と同じ場所ですが、太陽が雲に隠れた時のもので色鮮やかさがマイルドになっています。インスタ映えを狙う場合は、週間天気予報を見て一番天気が良さそうな日に行きましょう!

コキアの紅葉は夕日に光輝く!

コキアの紅葉は夕日に光輝く!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉は日光で一層美しさを増しますが、さらに美しいのが夕日に照らされた時。もともと赤いコキアがオレンジ色の夕日に照らされると、燃え上がるような絶景になり感動的です!

コキアの紅葉は夕日に光輝く!

写真:藤田 聡

地図を見る

この写真は、夕日に照らされる前の様子。厳密な比較の為にホワイトバランスという色合いを、両者とも太陽光に設定した画像です。コキアの紅葉が夕日に照らされると、同じ場所とは思えない程絶景になるのが、お分かり頂けると思います。しかも、目の前で絶景に変化して行くのですから、本当に感動的な体験です!

コキアの紅葉は、GWにはネモフィラで覆われる「みはらしの丘」で見られます。(写真右下の「地図を見る」をクリックすると、撮影場所の地図が表示されます)

コキアの紅葉がコスモスとコラボ!

コキアの紅葉がコスモスとコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉時期には、コスモスとのコラボも楽しめます。コスモス(10月上旬〜下旬)は、みはらしの丘のふもと(約200万本:2品種)の他に、大草原フラワーガーデン(約60万本:33品種)にもあります。

コキアの紅葉がコスモスとコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉からコスモスを眺めても美しく、背後にはススキも彩りを添え、日本の秋を感じさせる光景を楽しめます!

コキアの紅葉がコスモスとコラボ!

写真:藤田 聡

地図を見る

コスモスのさらに外側は、みはらしの里と呼ばれるエリアで、コキアの紅葉時期にはソバが白い花を咲かせています。(10月上旬〜中旬、約50万本)これは公園の管理運営に協力するボランティア「パークパートナー」の努力の賜物です!

コキアの紅葉を「きて、みて、さわって」楽しもう!

コキアの紅葉を「きて、みて、さわって」楽しもう!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉の中には、結構広い舗装された遊歩道が完備しているので、ベビーカーや車椅子を使用する場合でも十分に楽しめます。

コキアは密集している場所ばかりではなく、間が空いている場所もあり、コキアに近づいて記念撮影をしたり、「きて、みて、さわって」のキャッチフレーズ通り、触ることも可能。緑コキアは柔らかいのですが、色付くに従ってだんだん硬くなって行くので、色の変化とともに硬さの変化も楽しみましょう!

コキアの紅葉を「きて、みて、さわって」楽しもう!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの和名はホウキグサで、実際に昔は茎を乾燥させて「ほうき」を作っていました。秋田の特産品「とんぶり」は、コキアの果実を加工したもので、プチプチした食感と色合いから「畑のキャビア」の別名があります。ただし、ひたち海浜公園のコキアは観賞用の品種・種類なので、食用の実は収穫出来ません。

国営ひたち海浜公園では近年、コキアの成長過程を色別に分けて説明しています。緑コキア(7月上旬〜9月下旬)、グラデーションコキア(10月上旬〜中旬)、赤コキア(10月中旬)、黄金コキア(10月下旬)の4種類です。紅葉最盛期が過ぎると赤味が抜け、黄金色に枯れて本当に「ほうき」のようになってしまいます。

コキアの紅葉は永遠に眺めていたい光景!

コキアの紅葉は永遠に眺めていたい光景!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉を堪能すると時間の経過を忘れ、いつの間にか日没になります。特に午後遅い時間に来ると、あっと言う間に17時の閉園時間になるので、極力午前中から時間に余裕をもって、紅葉狩りを楽しみましょう!

コキアの紅葉は永遠に眺めていたい光景!

写真:藤田 聡

地図を見る

コキアの紅葉は夕方になると、うっすらと蛍光ピンク色に見えます。写真では分かり難いかもしれませんが、実際に現地で確認してみて下さい。

コキアの紅葉と同時に楽しめる花は、先に紹介したコスモスとそばの花以外では、パンパスグラス(8月下旬〜10月上旬)とキバナコスモス(10月上旬)で、前者はぴょんぴょんサークルと大草原北側に、後者は大草原フラワーガーデン(約7万本)と大草原北側花壇(約7.5万本)にあります。

コキアの紅葉名所「国営ひたち海浜公園」の基本情報

住所:茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4
電話番号:029-265-9001
例年の紅葉見頃時期:(色づき始め)10月上旬、(最盛期)10月中旬
コキアカーニバル開催期間:2018年9月15日(土)〜10月21日(日)
期間中の入園料無料日:9月30日(日)、10月21日(日)
※(駐車場は有料・9月17日は65歳以上無料)

期間中の休園日:9月18日(火)のみ
期間中の営業時間:9:30〜17:00
アクセス:JR常磐線勝田駅東口2番乗り場から海浜公園方面行きバス17分、海浜公園西口下車すぐ

2018年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -