奈良の大仏さまもビックリ!タイで見るべきビッグブッダ5選

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

奈良の大仏さまもビックリ!タイで見るべきビッグブッダ5選

奈良の大仏さまもビックリ!タイで見るべきビッグブッダ5選

更新日:2015/09/08 17:17

沢木 慎太郎のプロフィール写真 沢木 慎太郎 放送局ディレクター、紀行小説家

仏教国・タイには、奈良の大仏さまもビックリするような大きな仏像がたくさんあります。日本と同じ仏教国でありながら、どこか微妙に違い、どこか微笑ましいタイの仏像。そこで、タイ全土の中から、格式高く、文化的にも価値の高いビッグ・ブッダを厳選!観光でタイに訪れた方、必見ですよ〜。

チェンマイ最大の仏さま「ワット・スアン・ドーク」

チェンマイ最大の仏さま「ワット・スアン・ドーク」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

まずは、タイ北部の古都チェンマイから。優美な白い仏塔が林立する壮大な寺院「ワット・スアン・ドーク」。王家の庭園(スアン・ドーク)があった寺院で、今から約600年前に建てられました。

このお寺の本堂には、青銅の仏像が納められ、国内でも1、2位を争う大きさ。きらびやかな黄金色に目を奪われます。また、釈迦(ブッダ)の生涯を描いた、色鮮やかな本堂の壁画も必見。

細身で、凛々しいアユタヤの仏さま「ウィハーン・パナン・プラ・モンコン・ボピット」

細身で、凛々しいアユタヤの仏さま「ウィハーン・パナン・プラ・モンコン・ボピット」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いては舞台を世界遺産のアユタヤへ。日本の室町時代から江戸時代にかけて、およそ400年の間、タイ中部でアユタヤ王朝が栄えました。18世紀にビルマ軍が侵入し、王朝は終わりを告げましたが、今も壮大な遺跡が残り、当時の栄華をしのぶことができます。

そこで、最初にご紹介するのは、細身で、凛々しい顔立ちが印象的な黄金の大仏さま。大屋根の寺院「ウィハーン・パナン・プラ・モンコン・ボピット」の大仏さまで、像高(座高)は奈良の大仏さまよりも高い17m。ビルマ軍の攻撃に耐えて生き残り、今も大切に信仰されています。

アユタヤの草原に悠々と横たわる!「ワット・ローカヤー・スッター」

アユタヤの草原に悠々と横たわる!「ワット・ローカヤー・スッター」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

続いてもアユタヤから。なんとも気持ちよさそうに横たわる大きな仏さま。大草原に悠々と寝そべるお姿は、すごく楽しそうで微笑ましい。こちらの仏さまは「ワット・ローカヤー・スッター」で、“涅槃仏(ねはんぶつ)”と呼ばれています。

それにしても、すごく大きい。高さ5メートル、長さ28メートルの大きさで、写真の右下で祈りをささげる女性がすごく小さく見えます。
「ねはん」というのは、仏教の言葉で、心に迷いがなく、澄み切った気持ちのこと。横たわる大仏さまは、まさしくその気持ちでいらっしゃるのですね。

奇跡的に生き残ったアユタヤの仏像「ワット・プラ・マハータート」

奇跡的に生き残ったアユタヤの仏像「ワット・プラ・マハータート」

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

こちらも、アユタヤから。仏さまの頭が木の根っこで覆われたことで知られる「ワット・プラ・マハータート」遺跡。巨大な仏塔があったのですが、ビルマ軍に破壊され、今は塔の土台だけが残っています。

この土台を背に、今も安らかな表情でアユタヤ王朝を見守り続けているのが、写真の仏さま。
それほど大きくはないのですが、戦争で頭を破壊された仏像が多い中で奇跡的に生き残り、なんとも穏やかで優しい顔をされています。心に優しく響き渡るものがあり、アユタヤを訪れたらぜひともご覧いただきたい仏像です。

人々を喜ばせ、願いをかなえる!「ワット・ポー」の釈迦涅槃仏

人々を喜ばせ、願いをかなえる!「ワット・ポー」の釈迦涅槃仏

写真:沢木 慎太郎

地図を見る

最後にご紹介するのは、バンコクで最も古い寺院「ワット・ポー」(涅槃寺)。タイ式マッサージの総本山で、タイで初めての大学が設けられたところです。

このお寺にあるのが、黄金に輝く巨大な釈迦涅槃仏。長さ46メートルの大きさは、奈良の大仏さまが立ち上がって寝転んでも(約29メートル)まだ大きい。

目は半開きで、片ひじをついて頭を支えています。こちらは、悟(さと)りを開いたお釈迦(しゃか)さまが永遠の眠りにつく前の姿を表したもの。また、全身を覆った金箔は人々を喜ばせる色で、迷いを除いて願いをかなえるという意味があります。

おわりに

以上、いかがだったでしょうか?
タイの仏さまは、なんとも微笑ましく、とてもおおらか。どこかユニークで、おもしろい。タイに観光で来られたら、そんな仏さまに出会ってみてはいかがでしょうか?

また、チェンマイのお寺やアユタヤ遺跡、ワット・ポーについては別途、記事にまとめていますので、ご興味のある方はリンクからのぞいてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/14−2015/08/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -