GWまでがベストシーズン!小笠原の海でザトウクジラを目撃しよう

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

GWまでがベストシーズン!小笠原の海でザトウクジラを目撃しよう

GWまでがベストシーズン!小笠原の海でザトウクジラを目撃しよう

更新日:2016/04/04 16:35

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

小笠原諸島は世界遺産に登録されてから特に観光地としての人気が高まり、日本人だけではなく海外からも多くの人が訪れています。小笠原諸島の魅力はやはりその自然なのですが、中でもホエールウォッチングは特に高い人気を誇っています。

クジラとの遭遇率が国内トップクラスの小笠原諸島では、時期によって2種類のクジラのウォッチングができますが、特にアクションが派手なザトウクジラをぜひ生で目撃してください。

ザトウクジラのウォッチングシーズンはいつ頃?

ザトウクジラのウォッチングシーズンはいつ頃?

写真:岡本 大樹

地図を見る

小笠原諸島近海でウォッチングできるクジラはザトウクジラとマッコウクジラの2種類。マッコウクジラに比べ、ザトウクジラはアクティブな動きをすることが多く、島から近い場所で見ることができるので、ホエールウォッチングが初めてという方にもオススメです。

ただ、マッコウクジラは小笠原諸島近海で通年見られますが、ザトウクジラは12〜5月頃にしか見ることができません。その中でもよく見られるベストシーズンは2月からゴールデンウィーク頃までとなっています。

ザトウクジラの一般的な体長は11〜16mで、体重は30t以上にものぼります。2〜4頭くらいの群れで動いていることが多く、その中でも母と子のペアが最もよく見られます。

まずはクジラを見つけよう

まずはクジラを見つけよう

写真:岡本 大樹

地図を見る

ツアーに参加して船に乗りこみ海へ出ると、すぐにクジラに出会える可能性の高いエリアまで行くことができるので、クジラの姿が見えた時点でホエールウォッチングの開始となります。

クジラが現れる海域まで船が出るとスタッフの方がクジラを探してくれますが、その時できれば自分でも探してみましょう。その時に知っておきたいクジラの目印になるのがブローです。

ブローとはいわゆる潮吹きです。一度のブローで水は4メートルほど噴き上げられ、霧散するまで数秒間はあるので相当遠くからでも見つけることができます。

深く潜る瞬間はシャッターチャンス

深く潜る瞬間はシャッターチャンス

写真:岡本 大樹

地図を見る

ザトウクジラは一度潜ってしまうと5〜10分、長いときは30分ほど潜ったままのこともあるので、場合によっては見つけてウォッチングを開始した途端に深く潜ってしまい、そのまま見失うということも少なくありません。

ですが、深く潜る瞬間はシャッターチャンスでもあります。深く潜る時の最後に水上に残る尾ビレの写真は、見れば一発でクジラだとわかる写真を撮ることができるためとても人気があるのですが、撮影はそれ程難しくありません。というのも、ザトウクジラは深く潜る時に体をググッと丸めて沈み込み、最後にその尾ビレだけが水上に残る形になるのです。つまり、普通に泳いでいた体がググッと丸くなったのに気づくことができれば、そのあとに訪れるシャッターチャンスを待ち構えることができます。

その他にも豪快なアクションが披露されるかも

その他にも豪快なアクションが披露されるかも

写真:岡本 大樹

地図を見る

潮吹きや潜水はあまり大きくない動作ですが、時には威嚇のためにクジラは激しく水面を打ちつけることもあります。

その打ちつける動作をスラップといいますが、どの部分でするかによって名前が変わります。写真はペダンクルスラップと言い、スラップの中でも最も激しい動き。水飛沫でその勢いがわかるかと思います。

いろんなアクションを見られるかどうかはクジラ次第ですが、一度にいろいろ披露してくれるクジラもいるので目を離さずに動きを追いましょう。

そして…クジラと言えばやはりこれ!

そして…クジラと言えばやはりこれ!

写真:岡本 大樹

地図を見る

今まで紹介してきたものでもクジラの雄大さは十分感じられます。しかし、クジラの大迫力を味わうものとしてジャンプ(クジラの場合ブリーチングと言います)に勝るものはありません。

このクジラのブリーチングに関してはまだ謎が多く、なぜそんなことをしているかという理由も決定的なものはないそうです。

説としては、体についた寄生虫を振り落とすためであるとか、求愛行動である、遊んでいるだけなどのいろいろなものがあります。しかし、目の前でブリーチングが起こった時の圧倒的な迫力は、そんな謎など一瞬にして吹き飛ばしてしまいます。

まとめ

クジラを見るなんてことは日本ではあまりなじみがなく、自然相手なので絶対に遭遇できるというわけではありません。ですが、場合によっては二日続けて連続ブリーチングを見られることももちろんあり、それを実際見たときの興奮は何物にも代え難いものです。

ザトウクジラを見られるのは5月中旬くらいまでで、ゴールデンウィークがシーズンの最後のピークとなります。そのためかなり人が増える時期でもあるので、早めに計画して予約をとってくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/09−2015/04/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ