東北の秋は美しい!福島県・五色沼で紅葉×沼×磐梯山の絶景を堪能

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東北の秋は美しい!福島県・五色沼で紅葉×沼×磐梯山の絶景を堪能

東北の秋は美しい!福島県・五色沼で紅葉×沼×磐梯山の絶景を堪能

更新日:2015/09/10 19:35

渡部 洋一のプロフィール写真 渡部 洋一 フリーライター、カメラマン

日本は、四季の色の美しい国。秋の紅葉は、この国の自然が織りなす美の極みとも言えます。
各地の山々が燃えるように色づく秋の行楽シーズン、おすすめの旅行先として今回ご紹介するのは、福島県の豊かな大自然に抱かれた「五色沼」。様々な色を見せる幻想的な沼と輝く紅葉、そして磐梯山の勇姿が見事に調和する、東北屈指の紅葉の名所です。

磐梯山と紅葉のコラボレーション

磐梯山と紅葉のコラボレーション

写真:渡部 洋一

地図を見る

磐梯山の北側、裏磐梯に広がる大小数十の湖沼群「五色沼」は、ハイキングコースとして人気の福島県を代表する観光名所です。その名の通り様々な色の沼が点在し、それぞれの水は季節や天気、時間等でも色を変えます。細かく分類すればその色は「5色」どころではなく、「五色沼」という名称はかなり控えめで日本的なネーミングと言えるでしょう。
一年中旅行者が絶えない観光スポットですが、中でも人気なのが新緑と紅葉の季節。特に秋のシーズンには、神秘的な沼と鮮やかな紅葉、そして雄大な磐梯山が造り出す圧倒的な絶景を楽しむことができます。

写真は、五色沼入口近くの毘沙門沼から見る、磐梯山と紅葉のコラボレーション。日本百名山にも選定されている福島県のシンボルと、見事な赤に染まった紅葉の共演は、日本の自然の美しさが凝縮された風景です。

紅葉と沼の作り出すコントラスト

紅葉と沼の作り出すコントラスト

写真:渡部 洋一

地図を見る

五色沼で紅葉狩りを楽しむなら、注目ポイントは何と言っても沼と紅葉のコンビネーション。その名の通り「色」に特徴を持つ数々の沼と鮮やかな赤の紅葉は、はっきりとしたコントラストを生み出し見る者を惹き付けます。
写真は、五色沼で最大の毘沙門沼と紅葉。神秘的なエメラルドグリーンと燃えるような赤が織りなす景色は、地球が造った秋色の芸術作品です。

展望台から眺めるコバルトブルーの弁天沼

展望台から眺めるコバルトブルーの弁天沼

写真:渡部 洋一

地図を見る

五色沼には数々の絶景スポットがありますが、その代表格と言えるのが弁天沼にある展望台。毘沙門沼に次いで五色沼で2番目に大きい沼を一望にすることができます。
この時期目に入ってくる景色はみずみずしい緑ではありませんが、秋も深まり落ち着いた周囲の風景は、水面のコバルトブルーを際立たせます。五色沼をハイキングするなら是非とも抑えておきたいおすすめの展望台です。

瑠璃沼で待つ秋の絶景

瑠璃沼で待つ秋の絶景

写真:渡部 洋一

地図を見る

こちらも秋の五色沼でおすすめのスポット、瑠璃沼(るり沼)。見る場所によって水の色が変わり、五色沼湖沼群の中で最も神秘的と言われる沼です。
秋、瑠璃沼の畔では空を覆う見事な紅葉が赤く染まり、五色沼でも屈指の紅葉スポットとなります。磐梯山の勇姿を望める眺望スポットでもあり、磐梯山と紅葉のコラボ写真を狙う観光客が後を絶ちません。

絶対に見たい!美しすぎる紅葉の映り込み

絶対に見たい!美しすぎる紅葉の映り込み

写真:渡部 洋一

地図を見る

五色沼で紅葉狩りを満喫するなら、これも絶対に抑えておきたいポイント、それは「映り込み」。流れのある川では見ることのできない、「沼」ならではの絶景です。
写真は、ハイキングコースの西端に位置する柳沼。酸性度が低く様々な種類の木々が沼の周囲を彩り、中でも紅葉の赤が水面に映り込む光景は圧倒的な美しさ。秋色が躍る絵画を眺めているかのようで、時が経つのを忘れてしまいます。風が止み、沼が鏡となる瞬間を待つ価値の十分にある、秋の五色沼のハイライトとも言える風景です。

五色沼で、日本の秋を満喫しよう!

福島県を代表する観光名所、五色沼。雄大な自然が最も美しく輝く秋の風景をご紹介しました。
五色沼の紅葉の見頃は、例年10月中旬から11月上旬。「東北で紅葉狩りを楽しみたい」と思ったら、ぜひ足を運んでみませんか?(強行軍にはなりますが、東京からの日帰りも可能です。)
そこでは、雄大な磐梯山の勇姿と神秘的な色を放つ数々の沼、そして燃え盛る炎のような紅葉が織りなす絶景があなたを待っています。

五色沼へのアクセス、ハイキングコース等の情報は、記事下部にある「MEMO」よりご覧いただけます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -