女性OK!銀座のど真ん中に出来た和のカプセルホテル「東京銀座BAY HOTEL」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

女性OK!銀座のど真ん中に出来た和のカプセルホテル「東京銀座BAY HOTEL」

女性OK!銀座のど真ん中に出来た和のカプセルホテル「東京銀座BAY HOTEL」

更新日:2016/01/14 17:17

花瀬 めぐみのプロフィール写真 花瀬 めぐみ 女優、京都亀岡観光大使

国内外から東京にやってくる人たちに人気の観光地、銀座。言わずと知れた高級ブランドショップやクラブが立ち並ぶ、世界で最も土地の値段がお高い街の一つです!
周辺に泊まりたいと思う方も多いはずですが、なんといってもそこは銀座。宿泊費もとってもお高いところが難点ですよね。
そこで銀座でもリーズナブルに宿泊できるカプセルホテル「東京銀座ベイホテル」をご紹介!カプセルとは言ってもとってもおしゃれなんですよ。

和の趣!足湯も楽しめる

和の趣!足湯も楽しめる

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

まずはホテルの入り口から。
このホテルは2015年7月に出来たばかりで、外観もとても新しく綺麗です。提灯や木の格子などに和の趣が感じられますよね。

入り口には無料で入れる足湯が設置されています。観光で歩き回って疲れた足もここでばっちりリフレッシュできますね。

フロントは3階です。まずは宿泊受付のために直接エレベーターで3階へ上がりましょう。

チェックイン

チェックイン

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

フロントで受付を済ませると、カードキーとアメニティ一式を渡されます。
フロアの行き来にはこのカードキーが必要になるので、セキュリティ面も安心です。

各個室は写真のようになっており、テレビ付きの個室とテレビ無しのものがあります。カプセルではありますが結構広くゆったり感がありますよ。
個人の荷物は各フロアに設置されている暗証番号キー付きのロッカーに保管します。スーツケースのような大きいものは、ロッカーの隣に大きめの荷物が入るクローゼットがあり、こちらも自由に使えます。更にフロントフロアには貴重品専用ロッカーもあるので安心できますね。

ラウンジでゆったり

ラウンジでゆったり

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

共有で使えるラウンジでは読書や食事など自由に楽しむことができます。ノートPCなどのモバイルを扱う人のためのUSB付きコンセントも完備。もちろんWi-Fiもホテル内ならどこでも自由に使えるので、ビジネス利用される方や旅行の予定を調べたい方にも嬉しいサービスですよね。

プライベートに使えるシャワールーム

プライベートに使えるシャワールーム

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

こちらはシャワールームです。
和風のタイルがオシャレですよね。館内は和風のものに溢れており、のれんやインテリア、従業員の制服などにも和を感じ取ることができます。このあたり、外国人観光客にはとってもポイントが高いかも。外国人観光客に向けて、注意書きなどはすべて数か国語で書かれ、二か国語以上を話すスタッフが常駐しています。
さて、シャワールームは一つ一つ脱衣所とセットで個室になっており、それぞれ鍵がかかります。アロマが香るソープセットで誰にも邪魔されずゆっくりシャワーを楽しんでください。

パウダールームでお出かけ準備もばっちり

パウダールームでお出かけ準備もばっちり

写真:花瀬 めぐみ

地図を見る

宿泊翌日の朝も観光を楽しみたい!その前にお出かけ準備!女性ならメイクもばっちり決めたいところ。広くて明るいパウダールームでメイクタイムも完璧です。
席毎に洗面台やコンセント・ドライヤーもついているので、洗顔や髪のセットにも便利ですよ。

カプセルだってこんなに快適!

カプセルというと、安くとも狭く、働く男たちの仮宿といったイメージがありましたが、最近では大きく様変わりしました。
まだまだ男性専用のホテルが多いですが、ここのように女性フロアも併設しているホテルでは、カプセルといえども設備・サービスともに充実したものが次々と登場しています。
リーズナブルであるという理由以外に、物珍しさから是非カプセルに泊まってみたいという客も多いのだとか。

銀座のど真ん中で少し和な雰囲気のカプセル体験、東京への旅の拠点にいかがですか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/19−2015/08/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ