ホーチミンのスパでジャグジー付の個室はここ!「センススパ」

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ホーチミンのスパでジャグジー付の個室はここ!「センススパ」

ホーチミンのスパでジャグジー付の個室はここ!「センススパ」

更新日:2015/09/14 13:58

古川 悠紀のプロフィール写真 古川 悠紀 フリーランスライター

スパ・マッサージ天国の顔を持つベトナムのホーチミンですが、なるべくなら安く、それでいて高級感があって、異国の雰囲気が漂う店を見つけたいところです。そこで、今回紹介するスパは、ジャグジーが付きの個室が魅力な「センススパ(Sense Spa)」です。一人でももちろん恋人と二人でも極上スパを体験することができます。

場所はショッピングのメッカ「ドンコイ通り界隈」

場所はショッピングのメッカ「ドンコイ通り界隈」

写真:古川 悠紀

地図を見る

ドンコイ(Dong Khoi)通りといえば、ホーチミン最大のショッピングストリート。1日中外国人観光客は絶えることなく、日本人旅行者も多くがこの界隈を観光の拠点にされています。センススパは、このドンコイ通りと交差している「マックチブオイ(Mac Thi Buoi)通り」沿いにあります。一階は有名雑貨ショップ「タンポポ」で、その店内奥の階段を上がった先に構えています。

清潔なレセプションで現実を忘れる用意を

清潔なレセプションで現実を忘れる用意を

提供元:Sense Spa

http://www.hcm-cityguide.com/c/esthetics/s/massage…

センススパは、親日のベトナム人オーナーが経営しているので、日本語堪能のスタッフも常駐してます。レセプションで丁寧なコース説明を受けたあと、荷物を専用ロッカーに預けます。日本人客がほとんどなので、信用第一。スタッフに盗られるといったベトナムでありがちのトラブルも心配ありません。

また、日本人贔屓のセンススパでは、サービスの一環として料金にチップが含まれています。「いくら渡せばいいのか」、「いつ、どのタイミングで渡すべきか」といった不安を抱えている方も安心できますね。

洞穴で堪能するボディマッサージは格別

洞穴で堪能するボディマッサージは格別

写真:古川 悠紀

地図を見る

レセプションを上がった先がボディマッサージのスパルームとなります。アンティークなランプに明かりが灯り、薄暗い部屋は洞窟をイメージしたもの。ホーチミンとは思えない静かで非現実的な空間が広がっています。

センススパでは20種以上のコースを用意。フット&ボディマッサージのほか、指圧、漢方、岩塩、フェイシャルコラーゲンなどもあります。しかし、おすすめはやはり定番マッサージ。天然植物成分をたっぷりと含んだアロマオイルマッサージは、感触、香りともに南国気分に浸からせてくれます。

恋人と二人で体験するエキゾチックな時間

恋人と二人で体験するエキゾチックな時間

写真:古川 悠紀

地図を見る

恋人夫婦で訪れたなら、是非おすすめしたいのがプライベートルーム。店内に個室は一つしかないので、確実に体験したい方は予約をするのがベターです。個室内部は広々としたスペースを設け、二つのベッドとジャグジーが完備。外部の喧騒は一切聴こえなく、施術中は二人だけの時間を楽しむことができます。

夢見るジャグジーでリラクゼーション

夢見るジャグジーでリラクゼーション

写真:古川 悠紀

地図を見る

異国の地・ホーチミンの中心で、ジャグジーに恋人同士で浸かる。そんな贅沢な時間を誰もが過ごすことができるのが、センススパの最大の魅力です。センススパは、プール付きヴィラのような高級スパではありません。料金は比較的良心的に設定されているのは、誰もがベトナム旅行を楽しんで欲しいという店側の配慮によるものです。ジャグジー付のスパをリーズナブルに堪能したい方は、センススパに足を運んでください。

日本流おもてなしを知っています

センススパに行くことを決めたら、是非事前に電話してください。市内であれば、どこからでも送迎サービスを利用することができます。料金はもちろん無料です。日本のおもてなしを熟知した日本語対応のスタッフが電話に対応してくれます。

ドンコイ界隈には数十のスパがあり、それぞれ特徴があります。その中で、「ジャグジー」というキーワードが頭にひっかかった方は、迷わずセンススパを選んでみてください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -