初日の出!元朝参り!茨城県大洗「里海邸」は年末年始に最適なお宿!!

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初日の出!元朝参り!茨城県大洗「里海邸」は年末年始に最適なお宿!!

初日の出!元朝参り!茨城県大洗「里海邸」は年末年始に最適なお宿!!

更新日:2017/09/06 18:32

加藤 雅のプロフィール写真 加藤 雅 「上質なお宿」トラベラー、グルメトラベラー

「年末年始はのんびりしたい」
「初日の出が見たい」
「元朝参りもしたい」
この3つ全てを叶えるのが茨城県の大洗にある里海邸。冬の厳しい海風を受けながらご来光を待つのはなかなかの辛抱が必要。でも客室のテラスや露天風呂から眺められるのです!圧倒的な大海原に浮かぶ神磯も、鳥居に浮かび上がる初日の出も客室の特等席からどうぞ!
しかも2011年リニューアルした客室は僅かに8室。上質な空気が流れています。

水平線上に輝く太陽、月、星が迎えるお宿!

水平線上に輝く太陽、月、星が迎えるお宿!

写真:加藤 雅

地図を見る

里海邸は客室は僅かに8室。日当たりのよい東南向きで、水平線上に輝く太陽、月、星が来客を迎えます。波音と潮風の心地よさで包んだテラスと、居心地よく過ごせるリビングルーム。寝室は波音から離れて安眠できる最適なレイアウトです。
客室「明神」は和室10畳、リビングルームが12畳でツインベッドルームを備えた87u。テラスや檜の半露天は二人で過ごしても十分な広さを備えています。白木材を使用し、床も淡い色を使っているので明るさは格別、清潔感もいっぱい。
海に面した4F建てで、テラスデッキから太平洋が一望できます。岩に砕ける波の音だけではなく、砂に戯れる水の音まではっきりと聞こえてくる距離。
太平洋から昇る朝陽が何より楽しみなお宿です。

ご来光は客室のテラスで!

ご来光は客室のテラスで!

写真:加藤 雅

地図を見る

「初日の出が見たい!」
これを叶えるのが里海邸。しかも客室のテラスに立つだけです。
テラスから太平洋の青い海がパノラマに広がります。このお宿は波打ち際から僅か30メートルに建っているので、海に届くような近さを感じます。だから客室のドアを開けた途端、広大な大海原がお出迎え。

大晦日は「紅白歌合戦」「ゆく年くる年」を見ながら、少々夜更かしもいいでしょう。そして新年は寒風で身も心も引き締まってテラスで迎えるか、それとも心地よい潮風にあたりながら客室露天で初日の出を拝むのか…。はたまた寝ぼけ顔でカーテン越しに眩しいご来光?光のシャワーが注ぐ爽やかな朝は、いい一年の幕開けを祝福するようです。
元日はホカホカ、ヌクヌクで迎えることが出来るお宿です。

鳥居に浮かび上がる太陽も客室の特等席からどうぞ!

鳥居に浮かび上がる太陽も客室の特等席からどうぞ!

写真:加藤 雅

地図を見る

何と「大洗磯前神社」の第一鳥居も、客室から手が届くような距離。目の前にあるのです。
この第一鳥居は、ゴツゴツの岩の上に鳥居が立ち、いつも荒波をかぶっています。主祭神の降臨したと云われる鳥居が神磯にあり、大洗海岸上に鎮座する景観はまさに絶景!海岸が真東を向いているので、鳥居越しから望む初日の出は本当に神秘的な光景です。
普段の早朝でも観光客が訪れるこの地、元旦のご来光は、波打ち際だけでも何と数千人の観光客が訪れるスポットになります。
冬の厳しい海風を受けながらご来光を待つのは、なかなかの辛抱が必要。初日の出の時刻には身も心も冷え切って、おめでたい気分が辛い気分になっては可愛そう。
でも降臨した鳥居も、客室内から眺められるのです!圧倒的な大海原に浮かぶ神磯も、鳥居に浮かび上がる太陽も客室の特等席からどうぞ。

元朝参りも最適。大洗磯前神社まで徒歩2分!

元朝参りも最適。大洗磯前神社まで徒歩2分!

写真:加藤 雅

地図を見る

全ての願いを客室で完結するのもいいですが、やはり元朝参りだけは欠かさず参拝するという方にも、里海邸はぴったりなお宿です。初詣スポットとして、三が日だけで20万人を越える参拝客が集まるを大己貴命 (おおなむちのみこと)と少彦名命 (すくなひこなのみこと)を祀る大洗磯前神社まで、歩いて僅か2分!
神社では、ちょうど年越しの大祓式神事が行われます。「茅の輪くぐり」と呼ばれ、輪をくぐり越えて罪やけがれを取り除き、心身が清らかになるようにお祈りします。

しかもこの神社の石段を上がれば、大らかな新年の幕開けを祝すように太平洋が一望!
晴れ晴れとした元朝参りとなりそうです。

お祝いの膳は里海邸名物の焼き魚!

お祝いの膳は里海邸名物の焼き魚!

写真:加藤 雅

地図を見る

里海邸のお正月料理はお祝いのおせち膳。
「紅白かまぼこ」は初日の出の形。赤色は魔除けを、白色は清浄・神聖を表します。
「伊達巻」は形が巻物に似ているので、学問や習い事の成就。「海老」は姿にたとえて腰が曲がるまで長生きを祈る食べ物。
そして里海邸名物の焼き魚は「ぶり」。成長と共に名前が変わる出世魚であることにあやかって出世を願って食べられます!
お祝いの膳なので、朝からお酒も進みがち。朝食をいただいた後の元朝参りもOKなのがこのお宿の特徴。屠蘇が振る舞われる元旦は車は厳禁ですが、「大洗磯前神社」までほろ酔い気分で徒歩で行けるので心配ありません。

いつの季節でも素晴らしいお宿!

初日の出が見られて、元朝参りも徒歩で出来る…。
こういうお宿はそうそうありません。当然の事ながら、年末年始は何処のお宿も混み、大規模旅館となると、館内もお客さんでいっぱいになりがち。でも里海邸の場合は、僅か8組のみにだけに許されたご褒美。ゆるやかなときの流れが約束されます。

実は里海邸は2011年開業以来注目を集め、茨城ではナンバーワンの人気と言われているお宿でもあります。太陽と月、雲の群れ、神話の世界が舞台が広がります。「残念ながら年末年始は取れなかった」という方、いつの季節でも心地よい潮風と朝陽が優しく迎えてくれる、太陽と暮らすお宿です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -