おとぎ話のようなお城「ヴェーヴ城」へ、ブリュッセルから日帰り旅!

| ベルギー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

おとぎ話のようなお城「ヴェーヴ城」へ、ブリュッセルから日帰り旅!

おとぎ話のようなお城「ヴェーヴ城」へ、ブリュッセルから日帰り旅!

更新日:2016/11/07 18:38

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ エアライン勤務

ヨーロッパのお城は、女子の永遠のあこがれです。フランス、イギリス、ドイツ、ベルギーなど、あまたあるお城の中でも、この深い森の中にそびえるヴェーブ城の美しさといったらダントツ!眠れる森の美女、ラプンツェル、シンデレラなど、おとぎ話をいろいろ思い起こさせるその中世のたたずまいは、時間をかけてでもぜひ一度訪れてみてほしい、お城のなかのお城です。

森を抜けると、そこは中世の世界

森を抜けると、そこは中世の世界

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

ヴェーヴ城を訪れる観光ツアーは残念ながらありません。このため、アクセスは列車またはレンタカーでとなります。列車の場合は、ブリュッセル中央駅からディナンまで直通列車で1時間42分。駅前でタクシーを拾ってお城までが所要10分程度、大体25ユーロ(2015年5月時点)です。森と草原を突っ切る一本道をくねくね行くと、突然視界が開け、右手にお城が見えてきます。麗しい立ち姿にまず感激です!

タクシーを降りるときは、帰りも予約することをおすすめします。見学は大体1時間もあれば十分なので、余裕をみて1時間半後くらいに来てもらうといいでしょう。もともとタクシーの少ない地域なのでその方が安心です。

城内は、案内書片手に自由見学

城内は、案内書片手に自由見学

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

お城の門は常時閉まっているので、インターホンで呼び出して開けてもらいます。城内に入って右手にある受付で入場料(8ユーロ)を払い、日本語の案内書を受け取ります。後は順路に沿って自分で見学を。

一般公開の開館時間・曜日は季節によって異なります。冬季は残念ながら見学ができません。詳しい情報は「関連情報」にある「ヴェーブ城公式サイト」をご覧ください。

英語ですが、ガイドツアーも実施しています(要予約)。

長い歴史を物語るさまざまな部屋

長い歴史を物語るさまざまな部屋

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

城の起源は7世紀後半。ピピン2世 (670-714) の時代にその基礎が築かれました。9世紀には要塞として建て直され、二度の消失を経て現在のお城が築城されたのは15世紀に入ってから。その後も何度も改装が重ねられ、18世紀に現在の姿になりました。

4つの大きな塔と2つの小さな塔が印象的ないかにも中世的な外観ながら、部屋ごとに内装の時代が異なり、中世〜近世〜近代へと、所有者や時代の変遷をたどることができ、飽きることがありません。

特にフランス・ルイ王朝に改装されたというマリーアントワネットをイメージした寝室や居室は家具や小物が当時のまま飾られていて、貴族の生活を垣間見ることができます。

時が止まったような深い森

時が止まったような深い森

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

お城の向かい側の山上には、もうひとつ古城があり、なかなかいい風情です。残念ながら、こちらはもう廃墟となってしまっています。古いお城の存続がいかに大変かを物語っているようです。

ヴェーヴ城見学の後は、ディナン観光を。

ヴェーヴ城見学の後は、ディナン観光を。

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

ヴェーヴ城からディナンに戻ったら、ぜひディナンの街を散策してみてください。特に11世紀に築かれた城砦(Citadelle)は見逃せません。ケーブルカーで登る100mの高台から見下ろすムーズ川沿いの街並みは、なんともこじんまりとかわいらしく一見の価値ありです。

街の名物の固焼き大判ビスケット「クックド・ディナン」はライ麦とはちみつを主な原材料とした素朴な味わい。さまざまな形・大きさのものが街のあちこちで売られていて、お土産にも最適です。

ディナンはまた、サクソフォンの発明者アドルフ・サックス生誕の地。街のあちこちで、彼にちなんだサックスのモニュメントやオブジェを目にすることでしょう。

ベルギーは地方にみどころがいっぱい!

ブリュッセル、ブルージュなど日本人に人気な都市以外に、ベルギーの郊外にはみどころが一杯あります。ヴェーヴ城は、そんなかくれた人気の観光地のひとつです。お城を1つだけ見てみたいと思う人には、特におすすめ!アクセスはよくないですが、はるばる訪ねてこその感動が、きっと待っています。

ところで、ブリュッセルを拠点にベルギー各地を観光するなら、ベルギー鉄道の販売する「Rail Pass」が安価で便利です。ベルギー国内ならどこでも10区間利用できて、2等が76ユーロ(2016年11月時点)。複数でシェアできるのも利点です。利用区間にもよりますが、1時間の列車を3往復くらいすると大体元が取れる感じです。購入はブリュッセル空港や中央駅でも。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/05/03 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ