ライオンが町のシンボル!ブラウンシュヴァイクは北ドイツの王の都

| ドイツ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ライオンが町のシンボル!ブラウンシュヴァイクは北ドイツの王の都

ライオンが町のシンボル!ブラウンシュヴァイクは北ドイツの王の都

更新日:2015/10/05 16:13

Hiroko Ojiのプロフィール写真 Hiroko Oji ヨーロッパ一人旅愛好家

ブラウンシュヴァイク?それってどこの国?と日本では言われそうですね。ライオンがシンボルの王の都で、12世紀に北ドイツ一帯を支配したハインリヒ獅子公の居住地として栄えた町なのです。

鉄道駅からは少し離れていますが、町の中心地には大聖堂や市庁舎、博物館などの建物が集まり、素敵な木組みのお家も見所の一つ。年末は大聖堂前の広場にクリスマスマーケットが繰り広げられ大変賑わいます。一見の価値がある町です。

ブルグ広場に立つライオン像は、ブラウンシュヴァイクのシンボル

ブルグ広場に立つライオン像は、ブラウンシュヴァイクのシンボル

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ブラウンシュヴァイクの鉄道駅からトラムに乗り、市庁舎前で下車すると、町の中心地ブルグ広場はすぐ近くです。リューベック、リューネブルク、ミュンヘンなどの町を興したハインリヒはライオンのような勇敢さから「獅子王」と称えられ、大聖堂そのものと共に、自分のシンボルとしてのライオン像を大聖堂横のブルグ広場に立てました。

1166年に鋳造されたブロンズのライオン像は、かつては金箔を施してあり、ハインリヒ獅子王が力を象徴するものとして立てたもの。 ライオン像はロマネスク様式彫刻の傑作とされています。ブルク広場に立つ像はレプリカで、オリジナルはブルグ広場に面しているダンクヴァルデローデ城で見ることができます。

クリスマスタワーが中心!ブルグ広場のクリスマスマーケット

クリスマスタワーが中心!ブルグ広場のクリスマスマーケット

写真:Hiroko Oji

地図を見る

ダンクヴァルデローデ城やブラウンシュヴァイク大聖堂、博物館などが取り囲むブルグ広場では、クリスマス前になるとクリスマスマーケットが繰り広げられ、たくさんの人々で賑わいます。

その中心となるのが、クリスマスタワー。これは、クリスマスピラミッドという木製の装飾品を大きくしたようなもので、元々は室内に飾り、台にとりつけたロウソクを灯すと上部の羽根や小さな天使などの人形の飾りが回るしかけになっているのです。そのゆっくり回る影がお部屋に映し出されてとてもロマンチック。広場の中心に置かれたタワーのもとでは、グリューワインを飲みながら、クリスマスマーケットを楽しむのです。端っこの方には、ミニ観覧車もあって、大人も子供も楽しめます。

重要な建物が建ち並ぶ広場には、犇めき合う屋台!

重要な建物が建ち並ぶ広場には、犇めき合う屋台!

写真:Hiroko Oji

地図を見る

クリスマスマーケットでは、シュトーレンやレープクーヘンなどのお菓子をはじめ、ワイン、ハムやソーセージ、生花や造花、ワイングラスなどのグラス製品、キッチン用品、絵画、革製品、靴下や帽子、テーブルウェアー、クリスマスツリーに吊るすオーナメント類、木工製品、子供のおもちゃ等の屋台が所狭しと並んでいます。

右の石の壁は大聖堂で、左のダンクヴァルデローデ城と渡り廊下で繋がっています。1173年〜1195年に建てられた大聖堂は、現在ではゴシック様式とロマネスク様式が混在しています。その丸天井には美しい壁画が残されており、中央にはハインリヒ獅子王とマチルダ妃の棺があります。ダンクヴァルデローデ城はハインリヒ獅子王の居城だったもの。12世紀に建てられたのですが、災害などによって4回も破壊され、1887年に建築家ルードヴィッヒ・ヴィンターにより復元されました。現在は1階の大ホールが公開されています。

美しい木組みの建物と凝った看板の博物館

美しい木組みの建物と凝った看板の博物館

写真:Hiroko Oji

地図を見る

歴史的な建物が集まるブルグ広場の一歩奥まったところにあるのが、ハンドワークの博物館。建物自体が木組みの大きな建物で、壁や入口の木彫りのカラフルな装飾がとっても素敵!途中で歪んでいたり撓んでいたりと古さが感じられます。また中庭に面して壁からぶら下がっている看板がそれぞれ凝ったデザインで、一目で何屋さんかがわかる、錆びついた年季の入った看板です。

建物内部は、手作り作品の展示場になっています。

一つひとつ丁寧な細かい装飾が素敵な木組みのお家

一つひとつ丁寧な細かい装飾が素敵な木組みのお家

写真:Hiroko Oji

地図を見る

通り沿いに建ち並ぶお家は、どれもこれも素敵な木組みばかり!中には、この写真のように、丁寧な掘り込みを窓周りや壁全面に施してあるものも。税金対策として上階に行くほど張り出していくという建て方なのですが、張り出す部分にも重厚な彫刻が施されています。

最後に

ブラウンシュヴァイクの町には、歴史的にも重要な建物がたくさんあり、この他にも、1754年創設のアントン・ウルリヒ公美術館は、レンブラントやフェルメールなどのドイツ屈指の古美術コレクションを所蔵していることで、ニーダーザクセン州で最も重要な美術館とされています。本館は改築工事のため、2015年まで閉鎖されていますが、コレクションの一部と特別展はダンクヴァルデローデ城で見ることができます。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -