まるでジェットコースター!!屋根なし2階建てのスカイバスで東京の有名観光地を行く!

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるでジェットコースター!!屋根なし2階建てのスカイバスで東京の有名観光地を行く!

まるでジェットコースター!!屋根なし2階建てのスカイバスで東京の有名観光地を行く!

更新日:2013/08/21 09:49

親が遊びにきたのですが、行きたいところがいっぱい!
いろいろ回りたい、でも全部の観光地を見に行ってたら時間が足りない…ということで、最近よくテレビや観光ガイドで紹介されていたスカイバスに乗ってみることにしました。

2階建バスから見える景色は普通の観光バスとは全く違う!

2階建バスから見える景色は普通の観光バスとは全く違う!

私が選んだのは東京タワー・レインボーブリッジコース。
2階建の2階部分に乗って観光地を車窓で見ながら回るもので、途中下車はできません。
他にも皇居・銀座・丸の内コース・スカイバス東京スカイツリー・浅草コース・お台場夜景コース・東京ゲートブリッジコースがあります。
外国語用のバスもあるようでした。

東京駅前の三菱ビルの受付で料金を払うと出発五分前に来て下さいと言われ、目の前のKITTE(13年3月にOPENした日本郵便が初めて手がける商業施設)に行ったりして時間をつぶしたらちょうど良い時間に。

赤い車体のバスが目印です。
客席は2階。まだ出発してもいないのに席に座っただけで期待が高まります!
平日やけど満席。定刻にバスは出発ー!

最初の目玉は真下から見る東京タワー!

バスが出発してすぐ、東京駅や皇居などを見ることができます。お堀のところが大阪城に似ているな〜と思ったりしてました。

バスガイドさんは一番後ろからご案内。
元バスガイドとしては他のガイドさんの話し方とか、テンションとかが気になってしまうのですが、このガイドさんは穏やかに、そして私が「魔の信号」と呼んでいる、信号が赤になってしまって停車中しゃべるネタが無くなるという事態にも、間を開けずずーっと案内されていたのですごいと思いました。

しばらくすると右前方に何やら…あ!東京タワーーーー!!!

実は、行ったことがないので近くで見るのは初めてです。バスの車内もにわかにざわざわし始める…。

結構近くに見えていたのですごいなーと思っていたら、ガイドさんが「これから真下まで行きます〜」!!!楽しみーー!

そして交差点を曲がって徐々に東京タワーが近づいてきて…
真下です!!テンションMAX!!

車内も「わー」とか「すごーい」とかかなり盛り上がってました!

最初の目玉は真下から見る東京タワー!

強風を受けながらレインボーブリッジを渡る!!

東京タワーを見た後は、首都高速かな?高速道路に乗って行きます。
入口の料金所を頭スレスレで超えたら…バスが急にスピードアップ!!!!

顔に当たる風がすごい!帽子かぶってたら確実に飛んでいってる!
ジェットコースターに乗ってるみたいでした。

風が強すぎてガイドさんの声も聞きづらくなる中…レインボーブリッジが見えてきましたー!
風の強さはMAXに。

レインボーブリッジを渡っているときは、右にお台場フジテレビ、左に東京スカイツリーが見えてました!

強風を受けながらレインボーブリッジを渡る!!

終盤、行程表には書かれていないあれが!

レインボーブリッジを渡ってそのあとは築地辺りを走って…
そろそろ終わりかな?となんとなーく頭に入っていた行程表を思い浮かべていると…

「では右に新しく生まれ変わった歌舞伎座が見えてまいります」

え!歌舞伎座?!

実は建物だけでも見に行ってみたいなーと思っていたところです。
行程表には書かれてなかったはず。最近できたから行程に書き加えられてないのかな?東京の人なら、このままいけば歌舞伎座見えるな〜とかわかるんでしょうね。
私は土地勘がないのでわからなかったけど、かえって得した気分!

終盤、行程表には書かれていないあれが!

初めての東京の人にも、普通の東京観光はもう何回もしたよ!いう人にもおすすめ!

初めての東京の人にも、普通の東京観光はもう何回もしたよ!いう人にもおすすめ!

JRの線路を頭ギリギリでくぐってしばらくしたら出発地の丸の内に到着。あっとゆう間の1時間でした!

感想は…思ってたよりも100倍くらいおもしろいーー!

観光地の案内とかはもちろんやけど、屋根がないバスの2階に座って見る景色とか、頭ギリギリの高架くぐり、高速道路のジェットコースター並みの風の強さなど、普通の観光バスでは味わえない体験ができました。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -