崖っぷちギリギリ!グランドキャニオンの絶景ホテル「ノースリム・ロッジ」から見える景色に驚愕!

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

崖っぷちギリギリ!グランドキャニオンの絶景ホテル「ノースリム・ロッジ」から見える景色に驚愕!

崖っぷちギリギリ!グランドキャニオンの絶景ホテル「ノースリム・ロッジ」から見える景色に驚愕!

更新日:2017/09/28 16:11

さと しほのプロフィール写真 さと しほ 旅行会社勤務

世界遺産グランドキャニオンの北壁(ノースリム)は観光客が少ないおすすめの絶景スポット。この絶景スポットには宿泊施設は1軒しかありません。「ノースリム・ロッジ」という崖っぷちギリギリに建つ北壁唯一の絶景ホテルは1年のうち5月〜10月にしかオープンしていない期間限定ホテルのため、毎年、満室必至です。
今回は、ノースリム・ロッジから見る絶景をご紹介します。

テラスから見る景色がおすすめ!

テラスから見る景色がおすすめ!

写真:さと しほ

地図を見る

観光客が多い南壁(サウスリム)にはホテルが数軒ありますが、北壁(ノースリム)にはホテルは1軒しかありません。北壁は標高が高く冬は雪で閉鎖されるため、ノースリム・ロッジは5月〜10月の期間限定でしかオープンしていないホテルなのです。
この周辺には宿泊施設はここしかないために、予約がとりにくいホテルとしても有名です。部屋を確保した人だけが見られるこの絶景。テラスでドリンクを飲みながら椅子に座ってのんびりと景色を眺められるなんて、なんてステキなんでしょう。

レストランから見える景色もすばらしい!

レストランから見える景色もすばらしい!

写真:さと しほ

地図を見る

ガラスの向こうに見えるのはグランドキャニオンの絶壁。レストランでは窓側の席が人気です。夜は窓からは景色は見えませんが、周囲にレストランがないため、宿泊客はみんなこのレストランで食事をします。チェックインをすませたら、すぐに夕食の予約を入れてくださいね。
朝食はパンケーキやフレンチトーストがおすすめです。直径20センチを越えるようなビッグサイズのパンケーキが出てきます。景色にしろ料理にしろ、スケールの大きさがまさにアメリカです。

レストラン横にあるラウンジからの景色も絶景!

レストラン横にあるラウンジからの景色も絶景!

写真:さと しほ

地図を見る

崖っぷちギリギリに建っているホテルなので、どこを見ても周囲は絶景ばかり。
ラウンジのソファーに座ると、目の前の窓から見える景色は、額縁の中の絵のようです。何時間見ていてもあきることがない景色です。

ホテルの周囲に広がる景色を堪能してください!

ホテルの周囲に広がる景色を堪能してください!

写真:さと しほ

地図を見る

レストランやラウンジの外に見える景色は「絶景!すばらしい!」としか表現のしようがありません。
ホテルからほんの5分歩くだけで展望台があります。周囲を散策して自分のお気に入りの場所を見つけてください。北壁を訪問する観光客自体が少ないため、人に邪魔されることなくこの絶景をひとりじめできます。

絶景ひとりじめとは?

絶景ひとりじめとは?

写真:さと しほ

地図を見る

南壁(サウスリム)はラスベガスから軽飛行機での日帰り観光も可能ですが、北壁(ノースリム)は軽飛行機が飛んでいないため、ラスベガスから車を6時間ほど走らせる必要があります。
交通の便が悪いことは逆に北壁の最大のメリット。交通の便が悪い+宿泊施設が1軒しかない=北壁には観光客が少ない。ゆえに、絶景をひとりじめできる!ということなのです。
ベンチに座るもよし、テラスでドリンクを飲みながらもよし、展望台から離れた場所で腰をおろすもよし。思い思いの場所で自由に絶景を満喫してくださいね。

おわりに

グランドキャニオンのノースリム・ロッジから見る絶景、いかがでしたか?
5月〜10月の間しかオープンしていない絶景ホテルは宿泊日の13ヶ月前から予約が可能です。直前になると満室になる日が多くなるため早期予約がおすすめです。
何事も早めの行動が肝心!ぜひこの絶景を堪能してくださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ