500円で大満足!成田空港第3ターミナル「フードコート」の人気食!

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

500円で大満足!成田空港第3ターミナル「フードコート」の人気食!

500円で大満足!成田空港第3ターミナル「フードコート」の人気食!

更新日:2015/10/09 11:23

acoのプロフィール写真 aco

国内空港最大級の成田第3ターミナルフードコート。座席数はなんと450席、朝4時から営業され早朝でも広いテーブル席で美味しい食事を楽しめます!
LCC専用ターミナルとして開設した第3ターミナルですが、フードコートは一般エリアにあり、誰でも気軽に利用できる嬉しいスポット。しかも高そうに思える空港での食事が、500円で満足できるメニューも揃っています。快適で美味しいフードコートの人気食を紹介します!

国内空港最大級!成田空港第3ターミナル「フードコート」は全7店舗!

国内空港最大級!成田空港第3ターミナル「フードコート」は全7店舗!

写真:aco

地図を見る

成田空港第3ターミナル2階、各航空会社のチェックインカウンターを過ぎた搭乗者に限らず誰でも入れる一般エリアに、座席数約450席広さ680平方メートルもある国内空港最大の「フードコート」が広がっています。

清潔感があり居心地のいい空間は“無印良品”のインテリアで統一され、壁際には電源が利用できる席、周りにはゆったり寛げるソファー席などが設置されています。そして、このフードコートエリアは食事だけではなく、いつでも休憩スペースとして自由に利用できる嬉しいエリアでもあるのです!

フードコートのバラエティー豊かな飲食店は、朝4時から21時までオーダーできる6店舗と、22時までオーダーできる1店舗が揃っています。
・「宮武讃岐うどん」 04:00〜L.O.21:00 (空港初出店)
・「長崎ちゃんぽん リンガーハット」 04:00〜L.O.21:00 (空港初出店)
・「フレッシュネスバーガー」04:00〜L.O.21:00 (成田空港初出店)
・「ぼてぢゅう屋台」 04:00〜L.O.21:00 (成田空港初出店)
・「TATSU SUSHI」04:00〜L.O.21:00
・「洋丼屋ONE BOWL」 04:00〜L.O.21:00
・「カフェベネ」 04:00〜L.O.22:00 (成田空港初出店)
なかでも、4店舗のお得で便利なお勧めポイントを紹介します!

機内用にもテイクアウトできる!立ち喰い寿司「TATSU SUSHI」

機内用にもテイクアウトできる!立ち喰い寿司「TATSU SUSHI」

写真:aco

地図を見る

お洒落な店構えに驚くのが、カウンター席でカジュアルに立ち喰い寿司が味わえる「TATSU SUSHI」。こだわりの本格江戸前寿司を一貫から気軽にオーダーでき、機内や自宅へ持ち帰れるテイクアウトも行っています。

天然鮪や千葉県銚子港で水揚げされた地元の新鮮な鮮魚にこだわった握りは、江戸前らしい丁寧な手仕事が感じられる逸品揃い!自家製の煮切醤油がうっすら塗られたネタと、赤酢を使った赤シャリとの絶妙なバランスの美味しさが味わえます。

一番人気の鮪の赤身は200円、150円〜揃う豊富な握りから、炙りサーモンやアボガドが入った太巻き6切れ350円まで、テイクアウトにも味の変化が少ない米酢の白シャリに変えて対応してくれます。時間がない時には豪華な寿司を機内食として、テイクアウトでゆっくり楽しまれるのもお勧めです。

急ぐ時には、目の前で茹で上げ&トッピング「宮武讃岐うどん」へ

急ぐ時には、目の前で茹で上げ&トッピング「宮武讃岐うどん」へ

写真:aco

地図を見る

オーダーを受けてから作り上げるのフードコートでは、ほとんどの飲食店が、ワイヤレスタイプのハンドブザーを渡して出来上がりを教える利用方法を取り入れています。

オープンキッチンスタイルの「宮武讃岐うどん」では、オーダーしてから会計までのカウンター越しに、麺の茹で上げや盛り付けまでの調理工程を見ながら進み、支払いと同時に出来立ての讃岐うどんを受け取れます。
本場讃岐地方のうどん屋と同じように、かき揚げや天ぷらなどがいくつも並ぶワクワクするカウンター。目の前にある好きなものを選びトッピングしていくのは楽しいですよ。

瀬戸内海でとれたカタクチイワシのいりこ出汁に、毎日讃岐から届く生地をここで練り上げるコシの強い麺は抜群の相性!シンプルな温かけうどんが330円で薬味や天カスは乗せ放題のセルフサービスですから、時間がない時のお得なメニューとしてお勧めです。

「ぼてぢゅう屋台」は生ビール400円!熱々のたこ焼きや唐揚げも!

「ぼてぢゅう屋台」は生ビール400円!熱々のたこ焼きや唐揚げも!

写真:aco

地図を見る

大阪の老舗お好み焼き店ぼてぢゅうが、日本各地のご当地グルメも提供しようと始めた「ぼてぢゅう屋台」。ぼてぢゅう発祥のモダン焼きはもちろん、大分中津名物のからあげ、北海道十勝めむろ産幻のじゃが芋マチルダのポテトフリッツなど、人気のご当地グルメが280円〜500円の価格で味わえます。

そして、なんと生ビールがジョッキ1杯400円!空港とは思えない嬉しい価格ですね。ソフトドリンクも、食事メニュー+100円でオーダーできます。(ソフトドリンクはほとんどの店で同じサービス有り)

大きなタコが自慢のたこ焼きも、外はこんがり中はふんわり熱々で、秘伝の白いマヨネーズがたまらない美味しさの絶品です。旅の始まりや終わりに乾杯するのにお勧めのメニューが揃っています。

がっつり食べたい時に麺増量無料の「長崎ちゃんぽん リンガーハット」

がっつり食べたい時に麺増量無料の「長崎ちゃんぽん リンガーハット」

写真:aco

地図を見る

先ほどご紹介した「宮武讃岐うどん」同様、成田第3ターミナルを機会に空港初出店をしたのが「長崎ちゃんぽん リンガーハット」です。

肉も野菜も海鮮も全部がっつり食べたい方へお勧めなのが、名物長崎ちゃんぽん580円。このメニューに限り、なんと無料で1.5倍や2倍へと麺の増量サービスが実施されているのでとってもお得!“1.5倍だと麺が300gもありますから、2人でシェアして食べるというお客さんも多いんですよ”とにこやかに店員さんが話してくれました。

もちろん少しだけ食べたいという方向けのスモールサイズもありますし、ちゃんぽん以外にも柚子胡椒付きの餃子が150円〜250円などお手頃価格で提供されています。

他にも美味しさいっぱい!成田空港第3ターミナル「フードコート」

ご紹介した4店舗以外にも、唯一22時までオーダー可能な「カフェベネ」など、美味しい飲食店が揃う「フードコート」。ほとんどの店がテイクアウトにも対応しています。
機内などへのテイクアウトはもちろん、旅の出発や到着どちらでも搭乗に関わらず、第3ターミナルで“快適な空港の旅”をおいしく楽しんでみてはいかがでしょうか。(各店舗の営業時間、料金、メニュー内容は季節やイベント等で変わる場合もあります)
撮影協力:成田国際空港

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ