タイ・サムイ島の大人リゾートで、おひとりさまを満喫!「ルメリディアン・コーサムイ」

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイ・サムイ島の大人リゾートで、おひとりさまを満喫!「ルメリディアン・コーサムイ」

タイ・サムイ島の大人リゾートで、おひとりさまを満喫!「ルメリディアン・コーサムイ」

更新日:2018/07/26 09:53

たぐち ひろみのプロフィール写真 たぐち ひろみ 大人の旅ソムリエ、魅力あるコスパ旅案内人

タイ・サムイ島にある「ルメリディアン・コーサムイ」は、優雅に休暇を過ごしたい人のための隠れ家リゾート。大規模で派手なホテルが林立する中にあって、小さいながら上質の空間を提供しています。誰にも気兼ねせず、最高の自分時間を過ごすのにはぴったりなこのホテルで、初めての「ひとり滞在」を体験してみませんか?

エキゾチックで不思議なエントランス

エキゾチックで不思議なエントランス

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

サムイ空港から車で南に走ること15分、喧騒とは無縁ののどかなラマイビーチに「ルメリディアン・コーサムイ」はあります。一見寺院の入り口を思わせる門構え、それに続くオープンエアのレセプションエリアは、中国様式とタイ様式がミックスされた感じが何とも謎めいてエキゾチック。大人のためのクローズ空間がみごとに演出されていて、これから過ごす時間への期待感も最高潮に!併設されたコロニアルムード満点のバーも素敵です。

このレセプションエリア、毎晩「コムローイ」というセレモニーも行われています。仏陀への敬意を表すタイの伝統的な行事で、ろうそくを灯したランタンが沢山放たれ、空に昇っていく光景がとても幻想的です。

リゾート内部は、まるで迷路のよう!

リゾート内部は、まるで迷路のよう!

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

このリゾートの特徴は、2階建てのデュプレックススタイルの建物がほとんどであること、その間々を通路がまるで迷路のように通っていて、しかも部屋の中は全く見えないようになっていること。このため、通路で他の宿泊客とすれ違うことはあっても、部屋の中にいる限り、プライバシーはとてもよく守られます。敷地内は緑や花にあふれ、トロピカルムードもたっぷりです。

こじんまりしたリゾートなので、レストランやパブリックプールは1つだけ。でも、団体客がいないせいか、さほど混雑することはありません。特に食事に関して言うなら、リゾート周囲にもレストランがあるので問題なし。併設されたスパもレベルが高いので要チェックです。

おひとり様なら、スイートに滞在を。

おひとり様なら、スイートに滞在を。

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

日本人に一番人気があるのは何といってもビーチフロントのプールヴィラ。でも、一日中ヴィラのプールで過ごすのは、おひとり様にはちょっと寂しすぎ? 価格がより抑えめのヴェランダスイート、テラススイート、プールアクセススイートなどがおすすめです。

写真は、そのなかの一つで中間カテゴリに入るテラススイート。ヴィラの2階部分にある客室で、部屋の前の広いエリアがそのままデイベッドとテーブルのあるテラスになっています。ワンルームタイプなものの、50平米という広さ。特に半屋外のバスルームはスペースたっぷりで、大きなバスタブと独立したシャワー、2つの洗面台があり、とても贅沢な造りになっています。そして、このスイートの長所は何より部屋がとても明るいところ。特に朝起きた時の心地よさがたまりません!

大人リゾートでの過ごし方は・・・

大人リゾートでの過ごし方は・・・

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

せっかくのお休みだからこそ、リゾートではいっそ早寝早起きを。日頃の夜更かしで狂ってしまった自律神経を整え、体調をリセットするのにまたとないチャンスです。

朝、南国の野鳥のさえずりに気持ちよく目覚めたら、朝食の前に砂浜をゆっくり散歩したり、ホテルのフィットネスジムで軽く運動してみたり、普段ならきっとやらないだろう健康生活にトライしてみては? そして、トロピカルフルーツたっぷりの朝食をありったけの時間をかけて楽しみます。その後は一日プールやビーチで本を読んだりお気に入りの音楽を聴きながらまったりするだけ。何て贅沢な時間!

さらに足を伸ばして

さらに足を伸ばして

写真:たぐち ひろみ

地図を見る

夕食は、ホテルの近辺の地元のレストランでカジュアルに食べるのもいいし、買い物がてら、ホテルのシャトルで賑やかなチャウエンビーチまで足を伸ばすのもいいでしょう。帰りはタクシーで15分ほど。島のタクシーはメーター制なのにメーターを倒さないのが普通です。必ず乗車時に値段交渉を。

プールサイドだけでは物足らないという方は、サムイ島でも屈指の美しいビーチといわれるシルバービーチまで出かけるのもおすすめです。あるいは、島内の名所やアーントーン国立海洋公園など近場の島まで一日ツアーに参加するのも一考です。スパでも一度くらいはトリートメントを受けたいもの。でも、あまり予定を詰め込まないのがリゾートの基本です。

通好みの島、サムイ島へ

タイのビーチリゾート代表格として日本人に人気なプーケットに対し、サムイはその豊かな自然と素朴さで「通」の欧米人ファンが多い島。バンコクからはタイ国際航空とバンコク・エアウェイズが日に何本も運航しているので、アクセスも上々です。欧米人は大半がカップル滞在ですが、ひとり旅の人も少なくありません。のんびりと人目を気にせずに自分流の休暇を過ごしたいなら、そんなサムイ島がおすすめです。ぜひ「ルメリディアン・コーサムイ」へ!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/20−2016/06/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -