あなたも翼が欲しくなる!?東京・羽田ベイエリアの2公園へ

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

あなたも翼が欲しくなる!?東京・羽田ベイエリアの2公園へ

あなたも翼が欲しくなる!?東京・羽田ベイエリアの2公園へ

更新日:2015/09/28 14:21

カノオミツヒサのプロフィール写真 カノオミツヒサ フリーライター

東京都大田区、羽田空港の近くには、鳥と飛行機が目の前で見られる2つの公園があります。一つ目は「東京港野鳥公園」。工業地帯の真ん中にありながら、様々な鳥が飛来し、豊かな自然とふれあうことができる都会のオアシスです。二つ目は、「城南島海浜公園」。目の前は羽田空港で、往来する飛行機を大迫力で見ることができる穴場的スポットです。
今回は鳥と飛行機をテーマに、大空への憧れを抱かせる2つの公園を紹介します。
国内航空券の最安値をチェック!

自然がいっぱいの「東京港野鳥公園」

自然がいっぱいの「東京港野鳥公園」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「東京港野鳥公園」に向かうには、大森からのアクセスが便利。東京駅からはJRを利用し、約20分の大森駅で下車。羽田空港からは、京急を利用して20分ほどの大森海岸駅で下車しましょう。駅からは京急バスに乗り換えます。大型トラックが行き交う工業地帯を20分ほど走り、「東京港野鳥公園」バス停で下車。そこから徒歩5分で、公園の入り口に着きます。

公園の広さは24.9ヘクタール。東西に分かれており、西側には雨水をためた「淡水池」のほか、田んぼや畑に生き物たちが集まる「自然生態園」があります。

一方、東側は「淡水池」と、東京湾とつながる「潮入りの池」が広がります。「潮入りの池」は運河からの海水が混ざり合う汽水池で、潮が引くと干潟が出現。トビハゼやチゴガニなどが暮らす場所には、様々な鳥が羽を休めにやってきて、豊かな生態系を営んでいます。自然があふれる光景を目にしていると、ここが工業地帯のど真ん中であることを忘れてしまいそうです。

続いては、観察小屋へ行ってみましょう。

観察小屋からバードウォッチング!

観察小屋からバードウォッチング!

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

公園内には、観察小屋が4箇所設置されています。望遠鏡(無料)が備えてありますので、鳥たちが水辺に佇む様子や、美しい羽模様をじっくりと見ることができます。バードウォッチング初心者でも、望遠鏡を覗き込むだけで、鳥たちの世界に引き込まれますよ。

1年を通して見られるのは、カワセミ、メジロ、オナガ、コサギなどです。夏にはコアジサシ、イワツバメが飛来するほか、冬にはジョウビタキやオオタカなどがやってきます。これまでに確認された鳥類の数はなんと200種以上!鳥たちにとって、ここは重要なオアシスとなっているようです。

また、空を舞うのは鳥だけではありません。羽田空港が近いので、目線の高さに次々と飛行機がやってきます。珍しい鳥と飛行機が一緒に見られる、とてもユニークなスポットです。翼を広げて華麗に宙を舞う、鳥と飛行機の競演を楽しみましょう。

次は再びバスに乗り、「城南島海浜公園」へ向かいます。

真下から見る飛行機!「城南島海浜公園」へ

真下から見る飛行機!「城南島海浜公園」へ

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

「東京港野鳥公園」を出て、徒歩5分の場所にある「野鳥公園」バス停へ向かいます。先述の「東京港野鳥公園」とは別のバス停になりますのでご注意を。バスに乗り、15分ほどで「城南島四丁目」バス停に到着。ここから「城南島海浜公園」へは徒歩5分です。

公園を目指して歩いていると突然、辺りに「ゴォー!」という音が響いてきます。何が起こったのか分からず、ふと見上げると、頭上には大きな飛行機が。それもそのはず、ここから羽田空港まではたったの3kmです。通り過ぎたかと思っていると、また別の飛行機が轟音とともに空を横断していきます。真下から見る大きな機体は迫力満点で、映画のワンシーンを見ているようですね。

めったに見られない“飛行機のおなか”を眺めながら、公園へと足を進めていきましょう。

海と飛行機が絵になる「つばさ浜」

海と飛行機が絵になる「つばさ浜」

写真:カノオミツヒサ

地図を見る

城南島は、東京湾の工業地帯に造られた人工島。「城南島海浜公園」は島の東側沿岸部に位置します。公園内には、オートキャンプ場やドックランなどの施設が整っていて、なかでも人気なのは「つばさ浜」。約450mに渡る人工の砂浜で、波音を聞きながら歩くと気分は最高です! 心地良い潮風に癒されます。

「つばさ浜」の対岸に見えるのは、羽田空港。先ほどのように、頭上には着陸態勢に入った飛行機が飛んできます。特に離発着の多い時間帯は、日本航空や全日空をはじめ、スカイマーク、エアドゥなどの機体が5分と待たずに出現。カラフルに彩られた機体が続々と登場する様子は、まるでファッションショーのようです。次にどんな飛行機がやってくるのかワクワクしながら、“飛行機コレクション”を楽しんでみましょう。

おわりに

いかがでしたか?大空を舞台に、曲線を描くように自由に飛びまわる鳥と、轟音を響かせて直線的に飛ぶ飛行機。近い距離から見ることで、迫力や存在感が増し、より細かい部分まで観察できます。翼を広げて雄々しく飛ぶ姿に、思わず心を奪われますよ。

みなさまも2つの公園で、鳥と飛行機を眺めながら、羽を伸ばしてみませんか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/22 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -