SLが真下ギリギリ通過!大井川・塩郷の吊り橋はスリルと珍しさ最高!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

SLが真下ギリギリ通過!大井川・塩郷の吊り橋はスリルと珍しさ最高!

SLが真下ギリギリ通過!大井川・塩郷の吊り橋はスリルと珍しさ最高!

更新日:2015/10/20 16:58

静岡県川根本町にある塩郷の吊り橋は、南アルプスの麓から駿河湾に流れ込む大井川に架かる最長吊り橋。恋金橋という愛称もあり、大井川はもちろん、なんと大井川鐵道本線と県道77号が真下を通り、SLが吊り橋ギリギリを通過するという珍スポット! 更に、吊り橋で写真撮影すれば、奥大井サスペンスブリッジ恋愛事件の捜査員の一員に。足元はあまり見ない方がいいかも!? しれない、スリルと珍しさ満点のドキドキ感をお届け!

大井川に架かる最長の吊り橋!

大井川に架かる最長の吊り橋!
地図を見る

塩郷の吊り橋は、全長220m、高さ11mの大井川に架かる最長の吊り橋で、正式には地区の名でもある久野脇橋といいます。平成14年度には、町制40周年を記念して愛称が募集され、新たに恋金橋という名もつけられました。

2枚の狭い木板の上を歩いて対岸へ。写真にも対岸へ向かうご家族がいますが、吊り橋の真正面に立つと想像以上に長い距離で、豆粒ほどの大きさに。更に、頑丈なワイヤーでしっかり固定されてはいるものの、かなりの揺れに思わず足元を見てしまいます。ただし、足元はご覧の通り360度がスケスケ状態。まるで、悠々と流れる大井川に放り出されるような気分になり、かなりドキドキする方も多いのではないでしょうか。

吊り橋の下にあるのは大井川だけではない!

吊り橋の下にあるのは大井川だけではない!
地図を見る

塩郷の吊り橋は、大井川を渡る為だけのものではありません。実は民家の頭上にも架かっていて、民家を渡り、続いて県道77号線、大井川鐡道本線、そしてやっと大井川を渡る感じとなるのです。最初にご紹介した写真は大井川真上からの様子ですが、実は大井川に差しかかるまでも、眼下スケスケな状態で、結構な恐怖感と愉しさを味わえます。

テレビ朝日の人気番組「ナニコレ珍百景」で、吊り橋の下を車や電車が通過するという珍しさと危険そうな雰囲気が「足下危険なつり橋」として珍百景に登録されました。もちろん、実際には故意に飛んだり跳ねたりせず、1m以上の十分な間隔をとって、一度に渡る人数を最大10名程度にすることで安全に渡る事ができます。

左上に見える茶色の看板「塩郷の吊橋」の場所が無料駐車場、県道を挟んで反対側が大井川鐡道本線の塩郷駅。車でも電車でも行く事が可能で、塩郷の吊り橋へは目と鼻の先です。

SLが通過するかなり珍しい吊り橋!

SLが通過するかなり珍しい吊り橋!
地図を見る

吊り橋の下を通る大井川鐡道本線は新金谷駅から千頭駅までを結び、SLが日常的に走る路線。その為、吊り橋を渡っている途中にパワフルなSLが吊り橋ギリギリを通過していく珍しい様子を目の当たりにできるチャンスも!SLの他に、近鉄、南海、東急の3社でかつて活躍していた懐かしい普通列車も走行しています。

実は、「ナニコレ珍百景」で「蒸気がかかる吊り橋」として、2度に渡り珍百景に登録されています。SLから力強く吐き出される煙や水蒸気をかなりの至近距離で体感でき、吊り橋の上からもSLや電車を写真撮影できる珍しいスポットです。SLや電車の通過時刻を事前に調べておくことをオススメします。(塩郷駅は普通列車のみ停車し、SLは停車しません)

また、大井川流域を大変賑やかにしている大人気の機関車トーマス号やジェームス号も、この吊り橋を何度も通過。トーマス号とジェームス号が通過した吊り橋はココだけ!

吊り橋の長さを再実感!

吊り橋の長さを再実感!
地図を見る

対岸まで渡りきり、スタート地点を冷静に見ると、かなりの距離を歩いてきた事が分かります。この長い距離の途中、対岸から来た方とすれ違ったら?と心配されるかもしれませんが、途中途中に4枚の木板で幅が広くなっている箇所があるので安心です。

吊り橋を渡り切ってから左方向に進めば、六道で人々の苦しみを救うという六地蔵や桜も綺麗に見られるくのわき親水公園キャンプ場があります。滞在時間に余裕がある方は、参拝すると心や恋の病から救われ子宝にも恵まれるという佐沢薬師堂や吊り橋を渡る途中で大井川上流方面に見える塩郷ダムへと向かう散策をのんびり楽しむのもよいでしょう。

川根夫婦滝とせせらぎの郷へ!

川根夫婦滝とせせらぎの郷へ!
地図を見る

塩郷の吊り橋でドキドキ感をたっぷり味わったら、川根夫婦滝で夫婦円満・恋愛祈願を。塩郷の吊り橋から、徒歩3分程県道77号を北上したところにあるお店「せせらぎの郷」を目指し、お店の脇道から徒歩2分程の場所にあります。夫婦のように寄り添うよう流れる2本の滝からはマイナスイオンが溢れ、夏でも平均気温22℃と涼しげな空間が辺り一面広がっています。

せらぎの郷は、川根本町特産のお茶を始めとする地場産品や川根茶100%を使用した名物川根茶プリンや生キャラメルを始めとするスイーツが盛り沢山。タイミングがよければ、休憩中にSLが目の前を走行する姿も目撃できます。

奥大井サスペンスブリッジ恋愛事件とは!?

吊り橋を渡るスタート地点に、「奥大井サスペンスブリッジ恋愛事件」と赤く刻まれた何やら気になる石碑が。吊り橋を渡る方はどなたでも捜査員の一員で、捜査資料を入手し吊り橋と一緒に写真撮影。事件の「証拠写真」を提携の宿泊施設やお店で写真を提示すれば、様々なサービスが得られるというもの。吊り橋は英語でサスペンションブリッジ。サスペンスとかけてサスペンスブリッジという言葉が誕生しました。

「宿泊捜査員」と「日帰り捜査員」の2種類があり、対象は川根本町にある10個の吊り橋。巡った吊り橋が多いほど、宿泊した時に受けられるサービスがお得に。日帰り捜査員の場合も、捜査資料は次回宿泊時に継続して使用が可能です。

塩郷の吊り橋含め、川根本町の吊り橋をいろいろ巡ってみませんか?ドキドキ感と自然豊かな様々なロケーションをたっぷりと堪能できることでしょう。

※捜査資料の入手方法や提携店、対象の吊り橋等、詳しい内容については、下記関連MEMO欄の「川根本町商工会:奥大井サスペンスブリッジ恋愛事件」をご覧下さい。(現在Season3で2017年2月28日迄実施)

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ