スペイン・マヨルカの伝統料理を堪能!「メソン・カン・ペドロ」

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

スペイン・マヨルカの伝統料理を堪能!「メソン・カン・ペドロ」

スペイン・マヨルカの伝統料理を堪能!「メソン・カン・ペドロ」

更新日:2015/12/16 08:44

盛 千夏のプロフィール写真 盛 千夏 スペイン留学&スペイン・ワーキングホリデー(ワーホリ)エージェンシー代表

マヨルカ島と言えば、紺碧の海、美しいビーチ、おいしいシーフードと「海」に関することを思い浮かべがち。でも世界遺産であるトラムンタナ山脈もあり、「山」にも恵まれています。

そんな海にも山にも恵まれたマヨルカ島の伝統料理は、実は海の幸よりも山の幸を取り入れた素朴な料理ばかり。

ここではローカルも通う、魚介だけではない本物のマヨルカ伝統料理が食べられるレストランを紹介します。

ローカルに大人気の「メソン・カン・ペドロ」(Mesón Ca’n Pedro)

ローカルに大人気の「メソン・カン・ペドロ」(Mesón Ca’n Pedro)

写真:盛 千夏

地図を見る

マヨルカ島の首都、パルマ・デ・マヨルカから車で約20分の距離にあるヘノバ(Genova)は、レストランが多い町として知られ、パルマ・デ・マヨルカやその近郊に住む地元民も多く訪れる場所です。

その中でも筆者のマヨルカ在住の友人イチオシのお店が「メソン・カン・ペドロ」(Mesón Ca’n Pedro)。

スペイン本土のスペイン人でも、名前を聞いただけではどういった料理なのか予測もつかない「パンボリ」、「トゥンベッ」といった定番中の定番なマヨルカ伝統料理が食べられるお店です。マヨルカ料理以外にも、肉の炭火焼きやピザもあるので子供連れでも安心。

ぜひ天気の良い日は、素晴らしい展望のテラス席をご予約下さい。

名前がかわいい「パンボリ」(Pan amb Oli)って何?

名前がかわいい「パンボリ」(Pan amb Oli)って何?

写真:盛 千夏

地図を見る

カタルーニャ語圏のマヨルカ、「パンボリ」をマヨルカ語で書くと「Pan amb Oli」になります。これはパンとオイルという意味。スペインの他の地方では「パン・コン・トマテ」(Pan con Tomate、パンにすりおろしたトマトとオリーブオイル・塩をかけたもの)に当たります。

ただし、カタルーニャ州の名物の「パン・コン・トマテ」よりも「メソン・カン・ペドロ」の「パンボリ」の方がずっと食べごたえもあり豪華です。

パンにたっぷりトマトをすりつけ、おいしいオリーブオイルを垂らして、生ハムと一緒にがぶっと豪快にどうぞ。一緒に出てくるマヨルカ産チーズも美味です!

オリーブオイルが効いている「トゥンベッ」(Tumbet)

オリーブオイルが効いている「トゥンベッ」(Tumbet)

写真:盛 千夏

地図を見る

こちらも大抵のスペイン人が「はて、一体どんな食べ物だろう...?」と不思議に思う「トゥンベッ」(Tumbet)。

じゃがいも・なす・赤ピーマンをオリーブオイルで揚げ煮したものに、自家製トマトソースがかかっている料理です。ちょっとラタトゥイユ風ですが、じゃがいもが入っているので野菜だけでもボリューム満点です。

コロンブスが新大陸アメリカから持ち帰ったじゃがいもとトマトは、スペインのどこへ行ってもよく食べられる食材だけに、地方によってさまざまな調理法が楽しめます。

スープなのに汁気のない「ソパ・マヨジョルキナ」(Sopa Mallorquina)

スープなのに汁気のない「ソパ・マヨジョルキナ」(Sopa Mallorquina)

写真:盛 千夏

地図を見る

同じく野菜たっぷりでも優しい味なのが「ソパ・マヨジョルキナ」(Sopa Mallorquina)。ソパとはスープの意味で、マヨルカ風スープと言ったところです。

こちらはご覧の通り、主役はキャベツ。その他には玉ねぎ・トマト・豆、そしてなんとパンも入っているんです。

季節によってはスープはちょっと...と思うかもしれませんが、心配なかれ。
こちらは季節ごとにスープの量を変えるそうです。夏はほぼスープなしで野菜の煮つけのように、冬はスープを増やして温かくいただくそうです。まさにスペイン人ママの知恵が詰まった家庭料理ですね。

内臓系料理好きに捧げる「フリート・マジョルキン」(Frito Mallorquín)

内臓系料理好きに捧げる「フリート・マジョルキン」(Frito Mallorquín)

写真:盛 千夏

地図を見る

ここまで野菜多めのヘルシー系でしたが、もちろんがっつり系の料理もあります。

それが豚のレバー、豚の血を固めたもの、羊肉などと角切り野菜をたっぷりのエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルで炒めた「フリート・マジョルキン」(Frito Mallorquín)です。

豚肉をよく食べ、皮・頬・耳・豚足・血・内臓まで余すところなく使う、スペインならではの料理ですね。

内臓系が好きな方は病みつきになる味です。ぜひお試しを!

デザートとワイン

これらのマヨルカ伝統料理と一緒に合わせて欲しいのが、マヨルカ産のワイン。

日本ではまだ珍しいマヨルカのワインは、ブトウ畑の面積が大きくないことから、収穫高、そして作られるワインの本数もほかの産地に比べると少なく、貴重なワインです。
「メソン・カン・ペドロ」にはマヨルカ産のワインを各種取り揃えているので、ぜひお試しください。

また、デザートはぜひマヨルカ名物のアーモンドをふんだんに使ったビスコチョ(Bizcocho)を。日本人ならびっくりするサイズですが、ふんわりとしていて素朴な味でペロリといけちゃいます。

「メソン・カン・ペドロ」のあるヘノバまではパルマ・デ・マヨルカからバスも出ていますが、タクシーでも10ユーロ〜18ユーロの距離。帰りはレストランに頼めば、タクシーを手配してくれます。
ぜひ本物のマヨルカ伝統料理を食べに足をお運びください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ