美味も、おしゃれも、雑貨も!カンボジア最強おみやげ5選

| カンボジア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

美味も、おしゃれも、雑貨も!カンボジア最強おみやげ5選

美味も、おしゃれも、雑貨も!カンボジア最強おみやげ5選

更新日:2015/10/06 11:03

カンボジアといえばアンコールワット。ジャングルの奥地に潜む壮大な遺跡には、悠久の歴史が感じられます。しかし、この国に息づく古代からの遺産は、アンコールワットだけではありません。人々の暮らしや南国の気候の中で、独特な文化が育まれてきました。そんなカンボジアの文化の一端が感じられるお土産を、たっぷりとご紹介します。

定番インスタント麺も、カンボジアン・フレーバーで

定番インスタント麺も、カンボジアン・フレーバーで
地図を見る

まずは、食文化。他の東南アジア諸国と同様に、米麺を主食とすることも多いカンボジア。インスタント麺にも、カンボジア独特のフレーバーが用意されています。香草の効いたスープはしっかりとコクのある味。最後にトッピングするオイルには、フライドガーリックがたっぷりで、見た目よりパンチのある味わいです。

お肉をつかわない、大豆由来の具が入ったものもあるので、試してみるのもいいかも。

貴重なコショウや、珍しいハーブティー

貴重なコショウや、珍しいハーブティー
地図を見る

香辛料やお茶も、日本では貴重なものが売られています。

実は、カンボジアはコショウの産地としても有名。白コショウやレッドペッパーなど、日本では高価なものも比較的安価で手に入ります。完熟した赤い色味が美しいレッドペッパーは、まろやかな味。ペッパーミルで引かずにそのままトッピングしても素敵です。

レモングラスや蓮のお茶は、カフェインレスで渋みも少ないので、寝る前にも良さそう。南国気分で香りを楽しみながら、ゆったりと頂けます。

リッチなシルク・ストールを低価格で

リッチなシルク・ストールを低価格で
地図を見る

次は、衣文化。実は、古くから絹織物の生産が盛んだったカンボジア。その技術は世界有数で、その昔には、近隣各国の王族がカンボジアのシルクを高く取引していたといいます。

そんな伝統ある絹織物を、現在はお手軽な値段で買い求められます。今回購入したストールは、光沢のある大判のもの。さらさらとした肌触りが心地よく、首に巻いても、肩から羽織ってもサマになります。色柄も豊富なので、好みに合ったものを選んでみては?

おもしろ雑貨は実用性も◎

おもしろ雑貨は実用性も◎
地図を見る

少し変わったところでは、セメント袋をリサイクルしたポーチやバッグも人気。

無骨で、どこかユーモラスな柄や質感が楽しい一品です。一見したところチープな作りですが、裏地もつけられ、縫い目もしっかりしています。水に強いので、洗顔グッズをいれて旅行に持っていくのも良さそうです。

万病に効く?!ハーブバーム

万病に効く?!ハーブバーム
地図を見る

そして、カンボジアに伝わる民間療法が息づく一品。それが、ハーブを使ったバーム。

東南アジアでよく見かけるタイガーバームのように、強い香りで色々な症状に効果があるといわれています。「虫除けや筋肉痛に使える」「肩こりをほぐしてくれる」「風邪をなおす」など、種類もいろいろ、塗る場所や効能もさまざま。

体に付けると香りが持続するので、アロマテラピー気分で気に入った匂いを選ぶのもいいかもしれません。

手軽なおみやげで、旅の思い出を持ち帰ろう

遺跡観光だけでなく、ショッピングも楽しめるカンボジア。今回紹介したモノは、観光客向けのお土産店はもちろん、地元の市場やスーパーでも手に入れることができるので、気軽に試せそうです。
シェムリアップの街では「ラッキーマーケットショッピングセンター」がおすすめ。日用雑貨や食品はもちろん、こだわりのお土産もラインナップしています。
カンボジアでゲットしたカワイイお土産達。きっと使うたびに、旅の思い出をよみがえらせてくれるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/19−2015/08/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -