泊まって楽しむ夏のヴェルサイユ宮殿と街の魅力を満喫!

| フランス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

泊まって楽しむ夏のヴェルサイユ宮殿と街の魅力を満喫!

泊まって楽しむ夏のヴェルサイユ宮殿と街の魅力を満喫!

更新日:2018/08/09 09:27

堀江 廣喜のプロフィール写真 堀江 廣喜 「旅のスタイルブック」発行人、トラベル・ブロガー&写真家

ヴェルサイユと聞くとすぐ思い浮かぶのは世界遺産のベルサイユ宮殿でしょう。この宮殿へはパリから電車、車で簡単に来られることもあって、殆どの場合日帰りで観光にやって来ます。しかしヴェルサイユは日帰りで帰るには勿体無い魅力に溢れた街です。今回はヴェルサイユに泊まって、夏の宮殿のイベントや街の魅力を楽しむ旅のスタイルをご案内しましょう。

ヴェルサイユってどんな街

ヴェルサイユってどんな街

写真:堀江 廣喜

地図を見る

パリの南西約20Kmに位置し、パリ市内から郊外電車やフランス国鉄で約30〜45分ほどでこの街の駅に着きます。なんと言ってもここはご覧のヴェルサイユ宮殿がある街、かつては豊かな森が広がり、王侯貴族の狩場として愛された土地でしたが、ルイ14世が宮殿を建設してからはフランス王政において実質的な首都として機能していました。宮殿のための施設や、王に愛されていた婦人たちの館が残っていたりと、かつて王族と宮廷人たちが優雅に暮らした当時の趣を街のあちこちで感じられます。

現在は、人口約86000人、パリ郊外の高級住宅地として人気の高い街になっており、品格ある町中には、王宮文化を思わせる優雅な町並みや歴史的な建物、有名ブティック、アンティークショップ、レストランなど、街歩きも楽しい街です。

ヴェルサイユってどんな街

写真:堀江 廣喜

地図を見る

お洒落なレストランやカフェが立ち並ぶ通りもなんとなく優雅。

ヴェルサイユってどんな街

写真:堀江 廣喜

地図を見る

夏の時期、夜になると外のテラス席で夕食を取るのが人気で、観光客、地元の人達で賑わっています。

地元の人の生活が感じられるマルシェも楽しい!

地元の人の生活が感じられるマルシェも楽しい!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

街の中心、ノートルダム地区にあるマルシェは、19世紀に設立され、今でも町の人々の暮らしに欠かせない存在です。屋外型マルシェの広場をぐるりと囲むように屋内型マルシェが建っていて、屋外、屋内は曜日によって置いてある食材や日用品が違うようです。

地元の人の生活が感じられるマルシェも楽しい!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

屋内はこんな感じです。

地元の人の生活が感じられるマルシェも楽しい!

写真:堀江 廣喜

マルシェの建物の周りには小さなカフェやアンティークショップなどが小路に立ち並び、優雅な街並みとは又違った中世の庶民の人たちの面影が残る景色もみられます。

夏の夜 ヴェルサイユ宮殿を楽しむ!

夏の夜 ヴェルサイユ宮殿を楽しむ!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

昼間のヴェルサイユ宮殿も勿論素晴らしいのですが、ご覧のようなイルミネーションに浮かび上がった宮殿を見られるのは、やはりこの街に滞在するからこそでしょう。

夏の夜 ヴェルサイユ宮殿を楽しむ!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

ご覧の庭園側から見たベルサイユ宮殿、何とも優雅で幻想的な姿です。正面二階はあの有名な「鏡の間」です。

夏の夜 ヴェルサイユ宮殿を楽しむ!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

夏の夜のヴェルサイユ宮殿のハイライトは、なんと言ってもこの「夜の大噴水ショーと花火」でしょう。

幻想的で芸術的なライトアップされた噴水を楽しみながら庭園散策ができる夜の大噴水ショーです。夏のヨーロッパのシーズンはご覧のような暗さになるのは22時過ぎ、昼間の暑さとはうって変わって夜はひんやりしてくるのがヨーロッパの夏、思い思いに庭園を散策しながらフィナーレの花火を待ちます。23時頃になってやっと花火が打ち上げられます。日本の花火とはひと味違ったヨーロッパ風の演出がほどこされています。

このイベントを楽しんだ後、宮殿を出るのは23時半頃、やはりこの街に泊まっていないとこのイベント見学はゆっくり楽しめないですね。
宮殿からほとんどのホテルも大体徒歩10−15分程で戻れるでしょう。

ベルサイユ宮殿で中世の音楽やダンスが楽しめるイベントも!

ベルサイユ宮殿で中世の音楽やダンスが楽しめるイベントも!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

夜の大噴水ショーと同日にベルサイユ宮殿内鏡の回廊で、貴族達の舞踏会を再現した「王のセレナーデ」が行われます。貴族達が着飾ったドレス衣装を身にまとったダンサー達がバロック劇団が奏でる宮殿音楽に合わせて優雅なワルツを踊ります。ご覧のダンスが踊られている場所は、あの有名な「鏡の間」です。当時マリ・アントワネットやルイ16世、貴族たちもこのように踊っていたのでしょうか?

ベルサイユ宮殿で中世の音楽やダンスが楽しめるイベントも!

写真:堀江 廣喜

地図を見る

「鏡の間」とは別の部屋では古典楽器と歌が奏でられ、この部屋の雰囲気と相まって、まるで中世にタイムトリップしたかのような感じです。

ヴェルサイユへのアクセスとホテルは?

ヴェルサイユへのアクセスは下記のような方法があります。

1. フランス国鉄(SNCF)を使った行き方
・モンパルナス駅(Gare Montparnasse)もしくは、サン・ラザール駅(Gare Saint-Lazare)から約15〜30分
・ヴェルサイユ・シャンティエ駅(Gare de Versailles-Chantiers)

2. 高速郊外鉄道(RER)を使った行き方
・RERの最寄り駅(RER C5線)
・ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅(Gare de Versailles Chateau Rive Gauche)

又ホテルもエコノミーなホテルから宮殿のような豪華なホテルまでいくつもあります。代表的なホテルをメモ欄に記載しておきました。

上記RERを使った場合、ヴェルサイユ・リヴ・ゴーシュ駅の目に前に、<ホテル イビスヴェルサイユシャトー>、徒歩数分で<ホテル ル ルイ ヴェルサイユ シャトー Mギャラリー by ソフィテル>があり便利です。

まるで宮殿に滞在するかのような魅惑のひとときを経験したい方は、ヴェルサイユ宮殿の敷地に隣接し、窓から広大な庭園や美しい本宮殿の建物を望めるホテル<トリアノン・パラス・ヴェルサイユ>がお薦めです。

ヴェルサイユに泊まって、ゆっくりヴェルサイユ宮殿の夜、夏のイベントを楽しんでください。パリとは又違ったフランスの魅力を感じられることでしょう。

*「夜の大噴水ショーと花火」「王のセレナーデ」とも下記公式ページで予約可能です。

2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/04−2013/07/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -