「大切なのは焦らないこと」与論島で映画「めがね」のロケ地を巡ってたそがれよう!

| 鹿児島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「大切なのは焦らないこと」与論島で映画「めがね」のロケ地を巡ってたそがれよう!

「大切なのは焦らないこと」与論島で映画「めがね」のロケ地を巡ってたそがれよう!

更新日:2017/02/24 15:19

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

2007年に公開された映画「めがね」。「かもめ食堂」に並ぶ名作で、両作品ともに監督・脚本「荻上直子」さん。独特ののんびりした世界観が人気の作品です。そんな映画「めがね」のロケ地になったのが鹿児島県最南端の離島「与論島」。映画の世界観にぴったりののどかな島。そんな与論島で映画のロケ地を巡り、物語さながらにたそがれましょう!「大切なのは焦らないこと」。映画でも出てくるこの名言を与論島で実感しましょう!

映画でも最初はここ!白いオブジェを見上げてたそがれる

映画でも最初はここ!白いオブジェを見上げてたそがれる

写真:離島 こむ

地図を見る

鹿児島県で最南端の離島「与論島」。沖縄本島までも直線距離で約23km。同じ鹿児島県の離島よりも沖縄が近いです。与論島へのアクセスも飛行機だと那覇から約40分ですが、鹿児島からだと1時間10分かかります。また那覇と鹿児島からは大型フェリーでも往来でき、那覇からだと約5時間、鹿児島からだと約20時間かかります。

与論島への空の玄関口「与論空港」は映画でも冒頭に出てきます。映画では「空」と「港」部分だけを映して、どの空港か分からないようになっていますが、明らかに「与論空港」です。空港には来島者を迎える真っ白なオブジェが設けられていて、到着直後にオブジェ越しの青空を見上げてたそがれることができます。映画のワンシーンを思い出しながらたそがれましょう!ちなみにフェリーが発着する港も空港からほど近い場所にありますので、宿などの送迎の際にリクエストすれば空港にも寄ってくれます。

映画中の「民宿ハマダ」の建物やオープンキッチンは実在!宿でたそがれる

映画中の「民宿ハマダ」の建物やオープンキッチンは実在!宿でたそがれる

写真:離島 こむ

地図を見る

映画では「浜辺の宿・ハマダ」という設定で、民宿が中心にストーリーが形成されていますが、実を言うとその民宿の建物は実在します。「ホテルヨロン島ビレッジ」。宿の建物には「ホテルタイプ」と「ペンションタイプ」があり、その「ペンションタイプ」こそが映画のロケに使われたものです。しかも映画に出てくるオープンキッチンも実在します。出演者が出てきそうなぐらい、映画そのままの雰囲気です。

宿は与論島の中心市街から約2km離れていて、宿以外に周辺には何もありません。とても静かなロケーションなので、昼夜を問わず好きなだけたそがれることができます。おすすめは映画でも使われた、オープンキッチンやそのすぐ横の庭。明るい市街から離れているので、夜は星空がとても綺麗です。ちなみに宿から歩いてすぐのところに「メーラビビーチ」という綺麗な砂浜があり、気軽にたそがれることができます。映画「めがね」のロケ地巡りが目的なら、「ホテルヨロン島ビレッジ」のペンションタイプに是非とも泊まりましょう!

映画「めがね」といえばこの砂浜!与論島でも屈指のビーチでたそがれる

映画「めがね」といえばこの砂浜!与論島でも屈指のビーチでたそがれる

写真:離島 こむ

地図を見る

映画では砂浜でたそがれるシーンが多いですが、そのビーチも実在します。島の北東にある「寺崎海岸」。映画公開以降、与論島に来た人は必ずこのビーチには訪れると言うぐらい、今や島一番の名所となっています。映画公開前でも島屈指のビーチで、綺麗さは今も昔も変わりません。ちなみにこのビーチは、宿泊施設が多い中心市街からかなり離れています。でも与論島は一周約23kmしかない小さな島なので、レンタサイクルがあれば気軽にビーチまで行けます。

泳いでも気持ちいい寺崎海岸ですが、やっぱり広々した砂浜で青い海見ながらたそがれたいですよね。でも寺崎海岸は来る人も多いので、なかなかたそがれにくいかもしれません。実を言うと岩場の先にもう1つ同じようなビーチが存在します。そちらなら思う存分たそがれることができます。先着順なので早めに行ってたそがれましょう!

メルシー体操をしたくなる真っ白なビーチ!身体を動かしてたそがれる

メルシー体操をしたくなる真っ白なビーチ!身体を動かしてたそがれる

写真:離島 こむ

地図を見る

映画の中でひときわ目立っていた「メルシー体操」。それが行われていたのもまさに寺崎海岸。ロケ地巡りで来た人は、多くがここでメルシー体操のポーズをして記念撮影。中には最初から最後まで体操をする人も!真っ白なビーチで裸足になり、青い海を見ながら無心でメルシー体操。身体を動かしながらたそがれましょう。旅のいい想い出になるだけではなく、たそがれていると青い海の向こうに何か見えてくるかもしれません。

「たそがれて見えてくるもの」。これも映画で重要なキーワードです。寺崎海岸でたそがれていると、本当に何か見えてきそうな気がします。

主人公がたそがれていた防波堤!アレンジしてたそがれる

主人公がたそがれていた防波堤!アレンジしてたそがれる

写真:離島 こむ

地図を見る

映画ではビーチや宿でたそがれるシーンが多いですが、防波堤でたそがれていた場所はここ!与論島の中心街にある茶花港(ちゃばなこう)。この茶花港のすぐ横に茶花海岸があり、その2つを隔てているのが今回の防波堤です。防波堤からは綺麗なビーチを望みながら、たそがれることができます。また中心街にあるので近くにお店が多いのも特徴。中でも小さな離島では珍しい「焼きたてパン」を売っている「コンビニ・マソー」がすぐ近くにあります。そこで買ったパンを防波堤で食べるのがおすすめです。

お店ではパン以外にドーナツやお菓子やビール、またケーキも取り扱っているので、自分なりにアレンジしてたそがれましょう。また茶花海岸の防波堤近くにはベンチやテーブルもありますので、食べるものだけではなく場所もアレンジしてたそがれることができます。

「たそがれて見えてくるもの」。与論島ではそれが見つかります!

映画ではいくつかの名台詞ならびに名コピーがあります。「大切なのは焦らないこと」。与論島へ行ってたそがれていると、まさにそのことを実感します。時間に追われないライフスタイル。できそうでなかなかできない過ごし方。与論島ならできます。でもたそがれすぎて、飛行機や船に乗り遅れないように注意しましょう!

また「たそがれて見えてくるもの」という言葉も映画では出てきますが、与論島でたそがれていると本当に何かが見えてきそうな気がします。映画のロケ地になったからと言うだけではなく、与論島には不思議な魅力があります。何が見えてくるかはその人次第。焦らず、急がず、時間に追われず。与論島でのんびりたそがれて、何かを見つけてきましょう!

まずは映画「めがね」をDVDなどで観て、与論島へたそがれに行きましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/05/06−2013/09/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -