JR駅直結!魚沼釜蔵の朝ご飯が美味「ホテルメッツ新潟」

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

JR駅直結!魚沼釜蔵の朝ご飯が美味「ホテルメッツ新潟」

JR駅直結!魚沼釜蔵の朝ご飯が美味「ホテルメッツ新潟」

更新日:2016/02/24 10:50

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

「ホテルメッツ新潟」は、JR新潟駅の西側連絡通路直結のホテルです。たとえ最終便の列車を利用したとしても、連絡通路を渡るだけで到着できるので大変便利です。新潟空港行きバス停や、佐渡行き連絡船乗り場までのバス停もすぐ側。早朝の出発でも安心ですね。また、魚沼産の食材を使った美味しい朝ごはんが自慢のホテルでもありますよ。

アクセス抜群の「ホテルメッツ新潟」は急な出張にお勧め

アクセス抜群の「ホテルメッツ新潟」は急な出張にお勧め

写真:ミセス 和子

地図を見る

「ホテルメッツ新潟」は、JR新潟駅に隣接しているホテルです。新潟駅西側連絡通路を渡ればすぐにホテルに到着です。ホテルへ入るとエレベーターでロビーに上がります。
到着後はいち早く駅からホテルへ直行したいものですが、直結なので大変便利です。旅行だけでなく、急な出張などにもお勧めのビジネスホテルですよ。

駅が近いため、土地勘がなくてもJRやバス、タクシーを簡単に利用する事ができます。車で来られた方は、駅ビルCOCOLOの駐車場を1泊500円で利用可能です。

スーペリアツインでゆったりと寛ぐ!

スーペリアツインでゆったりと寛ぐ!

写真:ミセス 和子

地図を見る

「ホテルメッツ新潟」スーペリアツインの客室は、赤いクッションがポイントの可愛らしいお部屋。ツインベッドがある寝室スペースと、ソファと大型液晶テレビ、机のある寛ぎのスペースに分かれていますよ。

ベッドはシモンズ社製ポケットコイル式ベッドで寝心地が良く、羽毛と低反発枕が何とも言えない安眠を与えてくれます。

また、加湿機能付き空気清浄機が設置されていて、空気が柔らかです。また光インターネット回線が無料で使えますよ。向かって左側の窓からは、駅周辺が見渡せるのも特長。右の窓は浴室に通じていますが、浴室側にカーテンロールがあり、目隠しもできます。

入浴が楽しくなるバスルーム!

入浴が楽しくなるバスルーム!

写真:ミセス 和子

地図を見る

ホテルメッツ新潟では、バスルームとトイレが別々に分かれています。自宅のバスルームのように、浴槽と洗い場があってゆっくり旅の疲れを癒す事ができますよ。

ツインの客室を利用する場合など、一人がバスルームを利用していると、トイレが利用できない事やバスルームの床が水で濡れないように等、大変気を使ったりしますが、その点ホテルメッツ新潟のバスルームは快適です。

バスルームのドアの外は脱衣所で、化粧台もある空間になっています。バスルームやトイレ、洗面所が大変使いやすいホテルです。

「魚沼釜蔵」で朝ごはん!

「魚沼釜蔵」で朝ごはん!

写真:ミセス 和子

地図を見る

朝食は1階にある「魚沼釜蔵」で、ビュッフェスタイルの朝ご飯を頂く事ができます。魚沼産の、こだわりの食材で作られた朝ご飯は絶品ですよ。魚沼産のコシヒカリを釜戸で炊き上げたご飯、徳田味噌を使った味噌汁、雪室野菜や魚沼和牛等の食材が使われています。

魚沼産コシヒカリは、新潟県魚沼地域(5市2町)で収穫される日本一のトップブランドのお米。美味しいお米の4大要素は、香り、甘み、粘り、外観等の見極めです。品質管理された釜焚きコシヒカリは素晴らしく美味しいのです。

酔い処、食べ処「魚沼釜蔵」

酔い処、食べ処「魚沼釜蔵」

写真:ミセス 和子

地図を見る

この魚沼釜蔵は「おとなの大衆酒場」をコンセプトに、和をメインにしたお店です。オープンキッチンで開放感のある店内、ご飯を炊く釜戸や炉端、蒸篭などが店内を演出しています。天井の照明も素敵ですよ。

早朝6時30分のモーニングタイムから開店し、ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムと、22時30分まで営業。新潟のお酒も美味しく頂けますよ。詳しくはメモを参照して下さい。

おわりに

アスセスが良く、朝ご飯が美味しい「ホテルメッツ新潟」は如何でしたか、新潟駅にはCOCOLOというお土産やお食事処が入った複合施設があり、新潟の旨いものや産地のお酒も販売されています。時間が無くても、新潟を丸ごと堪能する事ができますよ。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/16 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -