松島で秋の夜長をしっとり満喫!「円通院」紅葉ライトアップ

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

松島で秋の夜長をしっとり満喫!「円通院」紅葉ライトアップ

松島で秋の夜長をしっとり満喫!「円通院」紅葉ライトアップ

更新日:2015/10/17 16:03

右肩のプロフィール写真 右肩

日本三景の一つとして知られる宮城県の松島。
その地名の通り、松に覆われた大小様々な島々が美しい景色をつくり出す景勝地です。
松のイメージが強い松島ですが、秋には美しい紅葉を楽しめるスポットがあり、夜には紅葉がライトアップで彩られます。さらに、他の景勝スポットも同時期にライトアップされます。
松島の紅葉、そしてライトアップの様子をご紹介致します。

松島を代表する紅葉の名所「円通院」

松島を代表する紅葉の名所「円通院」

写真:右肩

地図を見る

松島で、紅葉の名所として知られているのが「円通院(えんつういん)」です。国宝瑞巌寺に隣接する円通院は、1647年(正保4年)伊達政宗の嫡孫「光宗」の霊廟として「三慧殿(さんけいでん)」が建立されて開山した、臨済宗妙心寺派の寺院。
茅葺き屋根の山門や本堂大悲亭(だいひてい)、繊細な境内の庭、静かに佇む御霊屋などが閑静で美しく、最近では、本尊で祈願した数珠玉を使った「数珠作り体験」が人気です。

日本庭園を彩る真っ赤な紅葉が美しい「円通院」

日本庭園を彩る真っ赤な紅葉が美しい「円通院」

写真:右肩

地図を見る

円通院の境内は、庭園を覆う真っ赤に染まった紅葉がとても素晴らしいです。日本庭園と紅葉したモミジの組み合わせは、自然の山岳地帯とは異なる繊細な美しさがあります。

円通院は、夜の紅葉ライトアップが知られている事もあり、日中の方が拝観者が少なく、落ち着いてゆっくり紅葉を観る事ができます。意外に穴場となる日中に、太陽に照らされた綺麗な紅葉を楽しんで下さい。

ライトアップされた紅葉がキレイ!「円通院」の紅葉は夜が本番

ライトアップされた紅葉がキレイ!「円通院」の紅葉は夜が本番

写真:右肩

地図を見る

夜にライトアップされる円通院の紅葉はまた格別。参道には柔らかい光のライトが並び、光に照らされて真っ赤に染まったモミジが夜の暗闇に浮かび上がる光景は、日中とは異なる美しさがあります。また、夜間限定でミュージシャンを招待した演奏も披露されます。

宮城をはじめ東北では、紅葉をライトアップする所は少なく珍しい事もあり、見頃となる休日には多くの拝観者が訪れます。

夜だけ見える!「円通院」一番人気の紅葉スポット

夜だけ見える!「円通院」一番人気の紅葉スポット

写真:右肩

地図を見る

円通院の紅葉で一番人気のビュースポットは、本堂の前にある「心字の池」です。ライトアップされた「遠州の庭」の紅葉したモミジが「心字の池」に映えて見えるのですが、まるで鏡に映した様なそのクリアな姿は、自然のものとは思えない程の光景です!
(写真:上側の木々が本物、下側が水面に映った木々です)

日中も紅葉が池の水面に映りますが、うっすらとしか見えません。ですので、はっきりと紅葉が水面に映る姿を見られるのは、ライトアップされた夜限定の光景です。

円通院だけじゃない〜松島のライトアップやイベントも同時開催

円通院だけじゃない〜松島のライトアップやイベントも同時開催

写真:右肩

地図を見る

円通院の紅葉ライトアップに合わせて、松島のシンボルである五大堂をはじめ、瑞巌寺の参道と洞窟群、観瀾亭、福浦橋などの観光スポットも同時期にライトアップされます。
また、夕暮れの松島湾を巡るサンセットクルーズや、島々を照明で照らしながら巡るライトアップクルーズといった遊覧船も特別運行。遊覧船乗り場のある松島海岸中央広場では、キッチンカーが集まる食のイベントも開催されます。

写真は、瑞巌寺へ向かう参道に灯篭が並ぶライトアップの様子です。洞窟群を照らす緑色の光が奥に見えます。

円通院の紅葉とライトアップされた松島を散策できるのは秋だけ!

円通院の紅葉をはじめとした松島のライトアップや、夕方や夜の遊覧船運行は秋限定です。秋の夜長は、普段はお目に掛かれないライトアップされた夜の松島を、しっとりと大人気分で楽しまれてはいかがでしょうか?

円通院の紅葉は、例年11月中旬〜下旬が見頃となりますが、奥の三慧殿付近は11月下旬〜12月上旬となります(気候により前後します)。紅葉の見頃時期を中心に、円通院や松島のライトアップが約1ヶ月実施されます(毎年変動します)。
紅葉状況やライトアップの詳細につきましては、以下「関連メモ」のサイトリンクよりご確認下さい。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/08 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -