温泉ソムリエぐっち絶賛の湯! 長野県田沢温泉共同湯【有乳湯】

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

温泉ソムリエぐっち絶賛の湯! 長野県田沢温泉共同湯【有乳湯】

温泉ソムリエぐっち絶賛の湯! 長野県田沢温泉共同湯【有乳湯】

更新日:2013/06/12 14:16

温泉ソムリエぐっちのプロフィール写真 温泉ソムリエぐっち 源泉かけ流し温泉伝道師、温泉ライター

こりゃ最高!
鮮度良し!香り良し!湯量良し!肌触り良し!値段良し!

もちろん、個々により温泉への評価・価値は異なるかと思われるが、私にとっては「湯100点」也。

温泉好きな方で田沢温泉【有乳湯】へまだ未入湯の方は是非!
思い出しただけでも、笑みがこぼれそうな至福の湯。

こじんまりした温泉地 田沢温泉

こじんまりした温泉地 田沢温泉

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

田沢温泉は長野県の松本市と上田市のほぼ中間に位置する青木村にある。

宿が数件の小さな温泉地で、メインの道は石畳になっており、情緒を感じられる。
この田沢温泉の中心にあるのが今回ご紹介させて頂く共同湯の「有乳湯」。

「有乳湯」と書いて「うちゆ」。
エッチな湯?では決してない。
勘違い無きようお願いしたい。

堂々たる建物

堂々たる建物

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

建物は寺社仏閣のような堂々たる佇まいをしていて、どこか風格を感じられる。
入口には「田沢温泉 有乳湯」と書かれた紫の暖簾。
撮影のため、しばし外をうろうろ。その間、人の出入りがかなりあった。

脱衣所で一緒になったおじいさんにお話を聞いたところ、車で1時間ほどかけて来られたとのこと。
「ここの湯がいいんじゃ」と。
よくよく聞いてみると、実はそのおじいさんが住んでいる地域は、私の好きな某温泉地。
地元にも素晴らしい温泉があるにも関わらず、わざわざ有乳湯まで入りに来られる。
わからないでもない。私にとってもここの湯はまれにみる「ピカ湯」だからだ。

おじいさん、なかなか違いがわかる男だなぁと、ちょっと上から目線で思ってしまった。(失礼)

タイル張りの綺麗な浴室

タイル張りの綺麗な浴室

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

入口で自動券売機にて200円で入湯券を購入。
いざ、浴室へ。

浴室はご覧の通り、清潔なタイル張りの浴室。
公共施設っぽい造りで正直風情は皆無。(少々残念)

ただ、浴槽の縁からは湯がザバサバとオーバーフローし、まさにこれぞかけ流しの真骨頂!
そして、浴室内はゆで卵のような柔らかな硫黄の香りが充満。
自ずとテンションアップ!

そう、私にとってのドストライクの温泉は、まさにこのゆで卵のようなやわらかな硫黄の香り漂う「アルカリ性の硫黄泉」だからだ。

いざ、入湯!

いざ、入湯!

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

温泉はしごの途中だったため、素荒いだけして、いざ入湯。
※素荒いとは、石鹸を使わずに、かけ湯だけで体を洗うこと。

おおお!!!!!

柔らかな硫黄の香りがさらに感じられる。
さらに、湯の肌触りはなんともまろやか。
湯温は私にベストな熱くも無くぬるすぎない40℃!

しばらく浸かっていると、体中に気泡が!
そう、まさに貴重な泡付きの温泉!
新鮮ならではの証。

湯量も相当量がかけ流されていて、湯船の縁からは常時ザバザバと湯が溢れ出してく。
これぞ源泉かけ流しの理想的な湯の使い方。

幸せすぎる「ピカ湯」なり。
感無量。

有乳湯の由来

有乳湯の由来

写真:温泉ソムリエぐっち

地図を見る

こちらの立て看板にも記載されているように
「子のない婦人が37日、乳の少ない婦人は27日入浴すれば効きめがあらわれる」とのこと。

また、泉質はアルカリ性かつ硫黄泉。
ゆえ、ダブル美肌効果有り!

温泉ソムリエぐっち絶賛の一湯。

また、外には無料の足湯も有り。

余談だが、管理人さんに私の素性を明かしたところ、喜んで頂き、有り難い事に一般者は不可なのだが、許可の上、湯を汲んで帰らせて頂いた。

おかげで、スプレーボトルに入れ替え、毎日プシュプシュ顔面にかけ、楽しませて頂いている。

我が家からは決して近いとは言い難い場所だが、今後年に数回は訪れることになるであろう。


【施設名】有乳湯(うちゆ)
【住所】〒386-1601 長野県小県郡青木村田沢2700
【電話】0268-49-0052
【営業時間】6:00〜21:30
【定休日】無し
【料金】200円(小人100円)

【泉質】アルカリ性単純硫黄泉
【湯の使い方】源泉かけ流し(加温無し・加水無し・消毒無し)
【pH】9.6(アルカリ性)
【泉温】40.0℃

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ