マドリッド一の繁華街、ソル駅周辺の地元人御用達バル3選

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マドリッド一の繁華街、ソル駅周辺の地元人御用達バル3選

マドリッド一の繁華街、ソル駅周辺の地元人御用達バル3選

更新日:2015/10/16 10:33

増田 直美のプロフィール写真 増田 直美 ライター、翻訳家

マドリッドのソルと言えば、マドリッドの中心で最も盛り上がっている繁華街と言っていいでしょう。昼はビジネスマン、学生に観光客で溢れ、ダイナミックな大都市の表情を見せます。また、ソルは買い物天国でもあります。夜は食事、あるいは夜遊び目的の人が集まり、24時間暗くなることがない、まさにマドリッドのパワー、ソル(太陽)そのものです。今回は、ソル駅周辺の地元人御用達のバルを3つご紹介します。

ソル駅とは?

ソル駅とは?

写真:増田 直美

地図を見る

ソル駅はマドリッドの中心、プエルタデルソル(Puerta del sol,太陽の門の意味)にあり、国道の起点となる0kmの地点にもなっています。

ここには、有名なブティックや化粧品店、スペインを代表するデパートのエル・コルテ・イングレス、アップルストア、様々なレストラン、ホテル、お土産店等があり、食、衣、遊、住に関する全てが揃っています。

若者が集まる賑やかな駅であり、夕方からは歌、ダンス、手品などストリートパフォーマンスがあちらこちらで見られます。マドリッドのナイトライフを楽しみたい方にもお勧めです。フラメンコやサルスエラが鑑賞できるバルもあります。

交通の便が非常に良いので、待ち合わせに好まれます。ソル駅には、1、2、3番の地下鉄が通っています。空港からは8番に乗って二度乗り換えればソル駅に着きます。分かり易い地下鉄マップはメモをご参照ください。

ハムの博物館(Museo del jamón)

ハムの博物館(Museo del jamón)

写真:増田 直美

地図を見る

ハムの博物館はマドリッドに沢山ありますが、掲載した写真は聖ヘロニモ道りにあるものです。(Carrera de San Jerónimo)ソル駅から2分ほどです。

朝には、仕事前に朝食をとる人やサンドイッチをテークオーダーする人で一杯になります。昼にはランチメニューがあり、夜にはタパスからしっかりしたお食事のメニューまであります。

ハムの博物館とはいっても、あるのがハムだけではなく、チーズ、パン、ワイン、ケーキなども売っています。お土産にハムやチーズを買いたい方は、店員に声をかけてみましょう。冷蔵しなくてもある程度保存がきくものなどアドバイスしてくれるでしょう。

お茶も飲めますので、お紅茶(テネグロ)、エスプレッソ(カフェソロ)、カフェオレ(カフェコンレチェ)若しくは量の少ないカフェオレ(コルタード)とスペイン語で注文してみましょう。

ラブラの家(Casa Labra)

ラブラの家(Casa Labra)

写真:増田 直美

地図を見る

ラブラの家は、ソル駅からすぐのデパート、エル・コルテ・イングレスの裏側にあります。

1860年に開店したラブラの家は、マドリレーニョ(マドリッド人)なら誰もが知っているバルです。何故有名かというと、1879年5月2日にパブロイグレシアスによって政党PSOE(スペイン社会労働党)がここ、ラブラの家で結成されたからです。

ラブラの家のお勧めタパスはタラの衣上げ(Tajada de bacalao)とタラのコロッケ(Croqueta de bacalao)です。それぞれ一つ1,40ユーロと0,95ユーロです。こちらも有名で、毎晩夜にはビール片手にタラのタパスを囲む人で賑わいます。週末には入り口前に人があふれ、大盛況です。ちなみにこのお値段は2015年9月のものです。

席は無く、立ったまま飲んだり食べたりするスペインの典型的スタイルのバルです。奥には、ゆっくり座りたい人用に小さなスペースですが、席もあります。ただ、お年を召されたお客様などで大抵はいっぱいなので、ラブラの家に行かれる際には、マドリレーニョ風に立ったままでビールを片手にタラのタパスをいただきましょう。隣のおしゃべり好きのスペイン人と、面白いおしゃべりが始まるかもしれません。

メモにありますラブラの家のホームページで詳細をご確認ください。

トルティーヤの館(Maisón de tortilla)

トルティーヤの館(Maisón de tortilla)

写真:増田 直美

地図を見る

マヨール広場からすぐのトルティーヤの館は、マドリッドで古くからあるバルの一つです。

トルティーヤの他にも、普通のタパスや食事も出来ます。絶品のトルティーヤが特に有名です。サングリアもお勧めです。マドリレーニョ(マドリッド人)で常にあふれています。

ちなみにスペインでトルティーヤというと、たまねぎとジャガイモが入ったオムレツのことです。正統な作り方は、ジャガイモは茹でず、たまねぎと一緒に気長にフライパンで炒めて作ります。そうしないと独特のうまみが出ません。

メニューは何の種類のトルティーヤなどの表示ではなく、トルティーヤが1ポーション4,80€,2ポーション6,80€,3ポーション8,80€という様に比較的簡単に書かれているので、注文を迷うことはないでしょう。

サンミゲール市場

サンミゲール市場

写真:増田 直美

地図を見る

サンミゲール市場はマヨール広場の隣にあります。ソル駅までは5分ほどです。

グルメ市場とでも言いましょうか、食べ物や飲み物に関する店舗が常時35店前後出店しています。2015年9月の時点でサンミゲール広場に入っている店舗を、いくつか挙げてみましょう。パエリヤ、エンパナーダス、ステーキ、チーズ、お寿司、お魚、ピザ、サラダ、生カキ、キャビア、ケーキ、ドライフルーツ、香辛料、シェリーバー、ワインバー、ビールバー、シャンパンバー等。
色々なものを少しずつ食べたい時や、わいわいはしごをして色々なワインテーストをするなど、楽しみ方も様々です。観光客だけでなく、マドリレーニョにも人気のあるお食事処若しくは待ち合わせ場所となっています。
平日は朝10時から24時まで、木、金、土曜は10時から夜中の2時まで営業しています。休みはありません。

詳細に関しては、メモのホームページをご参照ください。

いかがでしたか。

スペイン料理には美味しいものが多いですね。マドリッドに滞在中は、美味しそうなものがありすぎて何を食べたらいいのか迷ってしまうことがあるかもしれません。以上お勧めいたしましたお店は、観光客よりも地元の人達で賑わうタパス処、若しくはレストランです。失敗することはない保証付きです。是非、お腹を空かして行きましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/20−2015/09/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -