世界遺産!スイス、レマン湖沿い「ラヴォーのワイン畑」

| スイス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

世界遺産!スイス、レマン湖沿い「ラヴォーのワイン畑」

世界遺産!スイス、レマン湖沿い「ラヴォーのワイン畑」

更新日:2015/10/15 15:03

ネプフリン 由香のプロフィール写真 ネプフリン 由香 旅行ライター

スイスはフランス語圏ヴォー州の街、ローザンヌからモントルーにかけてのレマン湖沿いの丘陵には美しいワイン畑地区「ラヴォー(Lavaux)」が広がります。ジュラ山脈、レマン湖、ぶどう畑が織りなす美しい風景、及びローマ時代から代々伝わるワイン作りの伝統文化は、世界でも希少とみなされ、世界文化遺産にも指定されています。そこで今日はこのラヴォー地区をクローズアップして、みなさんに紹介したいと思います。

千年の歴史を持つラヴォー地区のワインの銘柄

千年の歴史を持つラヴォー地区のワインの銘柄

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

ラヴォー地区に広がる葡萄畑には、古代ローマ時代から続く、千年もの長い歴史のある伝統が受け継がれたワイナリーが残り、8つの銘柄があります。それらの銘柄は、生産される村と同じ名前がそのままつけられているのだそう。

●エペッス (Eposes)
●カラマン (Calamin)
●シャルドンヌ (Chardonne)
●サンサフォラン (St-Saphorin)
●デザレー (Dézaley)
●リュットリー (Lutry)
●ヴヴェイ・モントルー (Vevey-Montreux)
●ヴィレット (Villette)

葡萄の種類はシャスラ、白ワインが生産されていています。8つの銘柄でそれぞれに微妙に違う味を作り出しています。中でも人気はデザレーとか。

最高の眺めを楽しめる散策コース

最高の眺めを楽しめる散策コース

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

この地区には、葡萄畑、美しいレマン湖と、ジュラ山脈、その後ろに広がるフランスアルプスと、詩的な情趣あふれる景観を眺めながら散策できるロマンチックな道があります。約全長33kmに及ぶ「ワイン街道」と呼ばれるこの道は、ローザンヌからシヨン城にかけての葡萄畑の村々を抜けます。まともに歩くと数時間かかってしまうので、途中可愛らしいミニトレイン、ラヴォー・エクスプレスで畑の中を周遊したり、ローカル電車に乗り込んでみたりすると効率よく周れるでしょう。

可愛らしいワイン生産農家でワインの試飲を

可愛らしいワイン生産農家でワインの試飲を

写真:ネプフリン 由香

地図を見る

ワインの試飲をしたい方には、カヴォー(Caveau)と呼ばれる生産農家が共同で出すツーリスト向きの試飲場所があります。ここではワインと共に、コールドカット(ハムやチーズなどの冷たい食べ物)も用意されているのが嬉しいところ。美しい景色を眺めつつ、美味しいチーズをつまみながらワインを片手にワインの批評を家族や友人たちと語らう・・・なんとも贅沢なひと時ですね!

3つの太陽で作られる風味豊かなスイスワインを

スイスのワインは、生産量が限られているので、輸出されることなくスイス国内で消費されてしまう事が殆どです。この機会に是非スイスワインを堪能してください。太陽の光と、湖面に映る太陽からの反射の光と、畑の中に立つ石垣を温める太陽のひかり(輻射熱)と、この3つの太陽、から生まれる葡萄は風味豊かなワインを生み出す秘密なのです。スイスへ来たら訪れていただきたいスイスの宝の一つです。

特におすすめのシーズンは、葡萄のできる初秋の9月から10月にかけてです。時間が許される方は是非この時期に!

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/05−2015/09/06 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -