ルーツは西湘エリア!?鎌倉発乙女系こけしの世界「コケーシカ」

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ルーツは西湘エリア!?鎌倉発乙女系こけしの世界「コケーシカ」

ルーツは西湘エリア!?鎌倉発乙女系こけしの世界「コケーシカ」

更新日:2016/12/20 16:29

Kumako Nのプロフィール写真 Kumako N 旅するヨギー、ティーマニア

こけしの産地として有名なのは東北ですが、意外にもルーツは神奈川県西湘エリア。かつては箱根〜小田原にかけてこけしに使われる赤い染料が最も採れ、広まったと言われています。そんなルーツとも言えるエリアで、こけしとマトリョーシカの専門店『コケーシカ』は新たな付加価値をつけて、鎌倉から乙女系な魅力を発信しています。アートスポットとして楽しむもよし。観賞用として自宅に置くもよし。贈りものとするのも斬新です。

こけしとマトリョーシカという組み合わせの謎

こけしとマトリョーシカという組み合わせの謎

写真:Kumako N

地図を見る

しかし、どうしてこけしとマトリョーシカの組み合わせなのか。このふたつの人形には繋がりがあったのです。こけしが広まったのは江戸時代の末期。それに対し、マトリョ―シカの歴史は浅く、1890年代に日本を訪れたロシア人が箱根の七福神の入れ子人形を持ち帰ったことからはじまったと言われています。そのこけしをモチーフにロシア独自のデザインや色調でつくられたものがマトリョ―シカとなったそうです。

ところ狭しとならぶ魅惑の人形たち

ところ狭しとならぶ魅惑の人形たち

写真:Kumako N

地図を見る

店内は、マトリョ―シカゾーンとこけしゾーンに分かれています。ひとつひとつ丁寧に作られたこけしは、ほとんどが一点もの。何体かあるものも表情の違いを楽しめます。

伝統的な絵柄のマトリョーシカの中には「ん?これはなんだろう。」と次の展開が気になるお人形がたくさんあります。入れ子人形タイプだけではなく、ひとつ開けるとそれにちなんだお仲間の人形が出てきたり…。何体も触っていると、すっかり人形の虜になってしまいます。

変わり種のクリスマス、お正月飾りに!

変わり種のクリスマス、お正月飾りに!

写真:Kumako N

地図を見る

これからの時期はサンタクロースのお人形も増えるそう。コケ―シカには、職人さんが作った高価なものから気軽に楽しめるお店のオリジナル商品までバリエーションが豊富です。お正月には七福神もいいですね。

結婚や出産の特別なお祝いに

結婚や出産の特別なお祝いに

写真:Kumako N

地図を見る

『マトリョ―シカ』の語源は、ラテン語で母を意味する“mater”という言葉に由来しています。ロシアでは、マトリョーシカは安産・子宝のお守りとしても人気があるそうです。その形状の通り「子孫繁栄」「繋がり」を意味する縁起物。

コケーシカには、ウェディングドレス&タキシード姿のウェディングネバリャーシカ(起き上がりこぼし)、夫婦リョーシカなどお祝いにぴったりなお人形もあります。丸みを帯びていて木のぬくもりを感じるマトリョーシカは、子どものおもちゃにもなるので、長く喜んでもらえます。

不定期月刊『こけし時代』とは?

不定期月刊『こけし時代』とは?

写真:Kumako N

地図を見る

コケ―シカでは、震災をきっかけにこけしの産地である東北を応援する 雑誌『こけし時代』を創刊。 独特の雰囲気を醸すこの雑誌をパラパラとめくってみると、意外にもこけしの専門誌ではなく 、東北の温泉地や郷愁漂うスポットを紹介する旅雑誌。扱っている紙の質感や写真のクオリティが高く、ブックシェルフに飾ったり、のんびり行きたい旅本として持っておきたいような雑誌です。

最後に

コケーシカは江ノ島電鉄長谷駅と由比ヶ浜駅の間に位置します。長谷の名所・長谷寺や高徳院からも徒歩で10分程度です。長谷観光の際にぶらりと散策しながらお店を覗きに行くのがオススメです。実際に足を運んでみて、店員さんへ気になったお人形について尋ねてみてください。素敵なエピソードを教えてくれます!ディスプレイからラッピングの包装紙へまでもこだわる“こけし魂”と“乙女の世界感”をご堪能ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ