時を忘れる「えこりん村」散策

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

時を忘れる「えこりん村」散策

時を忘れる「えこりん村」散策

更新日:2012/09/05 11:15

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

約10haもの敷地に広がる30のテーマガーデン「銀河庭園」は、「チェルシーフラワーショー」で金賞を受賞し、世界的に活躍されている「バニー・ギネス」氏がプロジェクトに加わり設計したものです。本格的なガーデンセンター「花の牧場」、天井がトマトでいっぱいの「トマトの森」、レストランやオリジナル商品が販売されているショップ、各種アトラクションがあり、時を忘れて一日中敷地内を散策できます。

「銀河庭園」・ベアガーデン

「銀河庭園」・ベアガーデン

写真:ミセス 和子

地図を見る

30のテーマガーデンが並ぶ「銀河庭園」、12ばん目の「ベアガーデン」です。流木をつなぎ合わせて3頭の熊の彫刻が飾られています。ひょうたん池と周囲の広々とした緑が、心を和ませてくれます。

「銀河庭園」・ローズガーデン

「銀河庭園」・ローズガーデン

写真:ミセス 和子

地図を見る

えこりん村「銀河庭園」ローズガーデンでは、約70品種、600株のバラに囲まれる華やかな空間があります。毎年7月初旬から中旬にかけて「バラ祭り」が開催されます。甘いバラの香りに包まれて、いつまでもたたずんでしまうテーマパークです。

「銀河庭園」・小さなバラの村、カフェ

「銀河庭園」・小さなバラの村、カフェ

写真:ミセス 和子

地図を見る

「小さなバラの村」では、完全無農薬で食べる為のバラを育てています。新鮮なバラが、ジャムやシロップ、御菓子や化粧品に加工されます。「小さなバラの村カフェ」では、バラドリンク、バラスイーツ、バラのソフトクリームが人気です。優雅なバラの香りに包まれて、癒しのひと時が味わえます。

本格的なガーデンセンター「花の牧場」

本格的なガーデンセンター「花の牧場」

写真:ミセス 和子

地図を見る

「花の牧場」の入り口に、等身大の仕事中の農夫が人目を引きます。650品種以上のバラの苗や、宿根草、野菜苗、樹木、ガーデン用品、庭園オーナメント、石材・レンガ、ガーデンウエアーなどが販売されています。ガーデニングを趣味にしている人にとって、最高に魅力的なショッピング街です。

一粒の種からこんなに実る「トマトの森」

一粒の種からこんなに実る「トマトの森」

写真:ミセス 和子

地図を見る

一粒の種から、1年間で1万7000個のトマトが実る光景が観察できます。トマトの水耕栽培で、コンピューターで管理され、トマトにクラシックなどの音楽を聞かせて元気に育てています。天井の金網から下がる、真っ赤に熟したトマトは、ゼリーに加工されて販売されていました。美味しそうです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/07/11−2012/07/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -