車内にカプセルトイ!?子供が喜ぶ和歌山電鉄『おもでん』に乗ろう!

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

車内にカプセルトイ!?子供が喜ぶ和歌山電鉄『おもでん』に乗ろう!

車内にカプセルトイ!?子供が喜ぶ和歌山電鉄『おもでん』に乗ろう!

更新日:2015/01/24 11:26

bowのプロフィール写真 bow トラベルライター

「たま駅長」ですっかり有名になった和歌山電鉄(正式名称は和歌山電鐵)。その和歌山電鉄には『おもでん』と呼ばれる『おもちゃの電車』が走っているのはご存じでしょうか?なんと世界で初めて電車内にカプセルトイのマシンを搭載した電車!「たま駅長」だけが和歌山電鉄の魅力じゃない!大人も子供も乗って楽しい『おもでん』を紹介します。

「たま駅長」で一躍有名になった和歌山電鐵

「たま駅長」で一躍有名になった和歌山電鐵

写真:bow

地図を見る

和歌山電鐵貴志川線と言えば、「たま駅長」で日本一有名になったローカル線。もともとは南海電鉄貴志川線として走っていた電車だったのですが、赤字を理由に廃線の危機に。しかし存続を求める住民運動により、岡山県を中心に公共交通網を敷く両備グループの岡山電気軌道の子会社となり存続が決定!それに伴い、会社名を和歌山電鐵と改め、2006年に新たなスタートを切ったのです。

そんな和歌山電鐵にはちょっとユニークな電車が走っています。それは『いちご電車』と『たま電車』、そして今回ご紹介する『おもでん』こと『おもちゃ電車』です。

『おもでん』は外観も内装もユニーク

『おもでん』は外観も内装もユニーク

写真:bow

地図を見る

2006年、和歌山電鐵として運行されるようになってからも、走っていた電車は以前から使われていた南海電鉄の車両でした。そんな中、車両のリニューアルが図られた『いちご電車』に引き続きリニューアル車両の第2弾として登場したのが『おもでん』こと『おもちゃ電車』。

走り始めて45年を迎えようとしている電車とは思えない程に内外装ともリフレッシュ!外観は目を引く真っ赤なボディー、内装は座席だけでもたくさん種類があり、車内には他にもいろいろ仕掛けのある楽しげな仕様になっています。

世界初!車内にカプセルトイの自販機がある電車

世界初!車内にカプセルトイの自販機がある電車

写真:bow

地図を見る

ユニークな内装の中でも特筆すべきものが「カプセルトイ」の自販機が置いてあること。つまり、電車の中で「ガチャガチャ」ができるんです!当然世界的に見ても今までなかった電車!実際に見るとなんともシュールな絵柄ではありますが、遊び心溢れる『おもでん』の真骨頂と言ってもいいでしょう。

並んでいるカプセルトイは普通にどこにでもあるものばかりですが、おもでんグッズの自販機もありますので乗車記念に一回ガシャってみてはどうでしょうか!?

実はガンダム電車だった!?おもちゃ電車

実はガンダム電車だった!?おもちゃ電車

写真:bow

地図を見る

さて、少し話は横にそれますが、車両のリニューアルに関してはやはりお金がかかるもの。この『おもでん』も車両のリニューアルにはスポンサーの協力がありました。

そのスポンサー会社は実はガンダムのプラモデルを中心に業績を伸ばしていた会社。現在は既に倒産してしまったのですが、当初はこの『おもでん』は『ガンダム電車』として走る予定だったのだとか・・・。どおりでこの真っ赤なボディ、”シャア専用電車”にでもなる予定だったのでしょうか?(笑)

ちなみに車両中央にあるおもちゃのディスプレイコーナーにはスポンサーの取り扱い商品がズラリと並んでいたようですが、今は色々なおもちゃがディスプレイされています。

毎日走っている『おもでん』

毎日走っている『おもでん』

写真:bow

地図を見る

『おもでん』以外にも『いちご電車』、『たま電車』と遊び心に溢れた内外装の電車が揃っている和歌山電鐵。観光客にとっては楽しくて有難い存在ではありますが、こんな電車が毎日普通に走っていて、沿線住民の足となっているということが和歌山電鐵の凄いところかと思います。

「たま駅長」ばかりが見所ではない、日本一有名なローカル線は電車自体も楽しめるのです!ユニークな電車に乗って「たま駅長」に会いに行ってはどうでしょうか?

和歌山電鐵利用時のご注意など

和歌山電鐵に乗るには、まずは起点となる和歌山電鐵の和歌山駅を目指しましょう。和歌山駅はJR和歌山駅に隣接しています。車で行く方でも和歌山駅前には駐車場がありますので問題ありません。ただ、終点の貴志駅には駐車場がありません。「たま駅長」見たさに車で貴志駅を訪れる観光客もいるようですが、「たま駅長」は鉄道利用客を増やす為に任命された”招き猫”。ちゃんと電車で会いに行ってあげましょうね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ