ダイビングの聖地!メキシコ・コスメル島で楽しむマリンアクティビティ

| メキシコ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ダイビングの聖地!メキシコ・コスメル島で楽しむマリンアクティビティ

ダイビングの聖地!メキシコ・コスメル島で楽しむマリンアクティビティ

更新日:2015/10/23 12:24

うた ゆかのプロフィール写真 うた ゆか 中南米トラベルアドバイザー、メキシコ案内人、マヤ遺跡探検家

ダイビングの聖地として多くのダイバーに愛され、”恋するコスメル”の名で多くの旅人を魅了するコスメル島。コスメル島はメキシコ随一のリゾート地カンクンから日帰りでの観光も可能ですし、コスメル島に宿泊してたっぷり楽しむことも可能です。
ダイビング初心者!ダイビング未経験!という方でも、体験ダイビングやシュノーケルなど様々な形でコスメルの海を楽しみ方をご紹介します!

コスメル島の魅力その1「チャンカナブ国立公園」

コスメル島の魅力その1「チャンカナブ国立公園」

写真:うた ゆか

地図を見る

コスメル島に来たらまず訪れたいのが、「チャンカナブ国立公園」。美しい海が見たい方も、ダイビングを楽しみたい方も…そして有名な、海に沈むキリスト像を見たい方も!!
国立公園内は、ダイビングショップがたくさん!お好みのショップを選んで、ダイビング(体験ダイビングを実施しているショップもありますので、初心者でも安心♪)へLET’S Go!!!

コスメル島の海の透明度は非常に高く、またこのチャンカナブ国立公園内の海はとても穏やかなので、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティには抜群の環境。公園内も落ち着いているので、のんびり静かにカリブ海をお楽しみいただけます。カンクンの海とは少し異なるコスメル・ブルー(少し濃い青)の海はまさに楽園。

コスメル島の魅力その2「海に沈むキリスト像&マリア像」

コスメル島の魅力その2「海に沈むキリスト像&マリア像」

写真:うた ゆか

地図を見る

チャンカナブ国立公園の最大の魅力といえば、海に沈むキリスト像とマリア像。ダイビングですと、キリスト像やマリア像のすぐ近くまで寄ることができますし、なんと!シュノーケリングでもその姿を拝むことができます。岸からは少し離れたところにあるため、シュノーケルであってもインストラクターをつけるのがお勧め。

コスメル島を一周してみるとまた新たな発見が!

コスメル島を一周してみるとまた新たな発見が!

写真:うた ゆか

地図を見る

コスメル島は、「ダイビングの聖地」と呼ばれる程に沢山の魅力的なダイビングスポットがあります。ここで紹介する”プンタ・スール”もダイビング・スポットの一つ。このポイントはかなり上級者向けのポイントで、遊泳はできないような荒々しい、けれど美しい場所。

ここまで来ると、観光客も殆どいないのでのんびりカリブ海を満喫できます。車でしか行くことができないので、タクシーなどをチャーターして行ってみるのもお勧めです。

ココナッツを飲んでみよう!

コスメル島のプンタ・スールまで来ると、観光地というよりはのんびりした田舎の南国という雰囲気。ココナッツの木々が生い茂り、ゆっくりとした時間が流れる場所。
道端にはココナッツジュース屋もあり、その場でフレッシュなココナッツをいただけます。ココナッツジュースといっても、ジューサーしたものではありません。ココナッツそのまま、ストロー口を切り開いてもらい、飲みます。新鮮そのもの、大自然コスメルの味です。

中のココナッツジュースを飲みきった後は、その場でココナッツをさばいてもらい実を食べます。ココナッツにも時期があり、日本の夏の時期は一番実が固い頃。固いココナッツはシャキシャキとした梨のような味でさっぱりとしています。南国に来たら一度は食べてみたいココナッツ!プンタ・スールで体験できます。

ココナッツを飲んでみよう!

写真:うた ゆか

地図を見る

コスメル島は宿泊がお勧め!じっくりたっぷり楽しみたい”恋するコスメル”

コスメル島はプラヤ・デル・カルメン(カンクンからバスで約1時間)からフェリーで約30分。カンクンやプラヤ・デル・カルメンから日帰りも可能ですが、是非お時間がある方はコスメル島へ宿泊して隅々までコスメル島を堪能して頂くのがお勧め。

ダイバーには勿論のこと、海が大好き!綺麗な海が見たい!そんな方も是非。シュノーケリングでも十分に楽しめるチャンカナブ国立公園や、車で行きたいプンタ・スール、釣り好きな方にはトローリングも!見どころ溢れるコスメル島。旅人に”恋するコスメル”の愛称で親しまれるコスメル島で、素敵な休日をお過ごしください♪

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/07/01−2012/07/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -