注目の複合施設にある宿泊特化型ホテル!岩手県紫波「オガールイン」

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

注目の複合施設にある宿泊特化型ホテル!岩手県紫波「オガールイン」

注目の複合施設にある宿泊特化型ホテル!岩手県紫波「オガールイン」

更新日:2015/10/26 18:24

瀧澤 信秋のプロフィール写真 瀧澤 信秋 ホテル評論家、旅行作家

岩手県盛岡市のベッドタウン「紫波町」は、野菜やフルーツの産地として有名で、季節になると旬の農作物が楽しめます。そんな紫波町で、いま全国から注目されているのが駅前から広がる複合施設です。飲食店や図書館、マルシェなど様々な施設が入居しますが、「オガールイン」というホテルもあります。施設やホテルの魅力を紹介したいと思います。

注目される紫波町の「オガール」

注目される紫波町の「オガール」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

岩手県紫波町は人口約3万5000人、県都盛岡市からJRで20分ほどのベッドタウンです。食料自給率は約170パーセントという農業の盛んな町でもあります。紫波町の玄関口、JR紫波中央駅前に全国の地方自治体から注目されている複合施設があります。

JR紫波中央駅前開発事業の一環として開発された施設で、紫波町の新庁舎、岩手県フットボールセンターなども隣接、バレーボール専用体育館なども有し、観光にビジネスに、スボーツ合宿などにも利用されています。

施設は「オガール」と名付けられています。図書館やマルシェ、飲食店などが入居する「オガールプラザ」と、向かいにはホテルや日本初のバレーボール専用体育館、飲食店をはじめコンビニエンスストアなどが入居する「オガールベース」があります。

人々が行き交う魅力溢れる複合施設

人々が行き交う魅力溢れる複合施設

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

ベッドタウンの駅前という立地ゆえ、多くの人々が行き交い賑わっています。地元のコミュニティスペースとしての機能はもちろん、飲食やショッピングなどを目的とした人々や、有名実業団チームの合宿など、多目的に利用できる施設です。

また、図書館やマルシェも地元の魅力を発信する基地として、多様な情報発信がなされています。たとえば、マルシェで食材などの買い物をすると、関連の料理本が図書館にあることが紹介されていたりと施設ごとの連携もユニークです。

研究し尽くされた「宿泊特化型ホテル」

研究し尽くされた「宿泊特化型ホテル」

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

オガールベース内にあるホテル「オガールイン」は「宿泊特化型ビジネスホテル」を標榜しています。宿泊特化型ホテルとは、その名の通り宿泊に特化したホテル、即ち、独立したレストランやバンケット施設などを持たないビジネスホテルのことです。イメージとしては、近年全国にチェーン展開しているような、機能的で清潔感のある進化したビジネスホテルのことを指します。

このようなことからも、単純な宿泊特化型のビジネスホテルというのには違和感があります。周辺施設は秀逸ですが、ホテル内も斬新なインテリア、バラエティに富んだ客室、大浴場も完備しています。もちろんビジネスホテルですのでサービスは限定的ですが、合理的なリミテッドサービスは料金に反映されており、至る所に利用者目線を感じます。

ホテルの機能と一体になった複合施設の魅力

ホテルの機能と一体になった複合施設の魅力

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

オガールインの価値を上げているのは、複合施設がホテルの機能を補っているところです。飲食店・図書館・体育館・マルシェなど、様々な選択肢をゲストにもたらしていることが、宿泊特化型のホテルステイを超えた施設として秀逸な点です。

飲食店のラインナップは、ワインも楽しめる紫波の恵みカフェ、海鮮が自慢の居酒屋、人気ラーメン店などバラエティに富んでいます。もちろんコンビニエンスストアもあり、どこで夕食を食べようかと迷ってしまいます。

驚愕の地産地消無料モーニング

驚愕の地産地消無料モーニング

写真:瀧澤 信秋

地図を見る

オガールインの宿泊施設としてのクォリティを体現しているのが、宿泊者全員へ無料提供される感動的な朝食。無料朝食を提供するビジネスホテルは増えていますが、そもそも無料ですし、食事を楽しむ、というレベルまで行き着くホテルはなかなかありません。

近年、ホテルのレストランでは「地産地消」がブームです。前述のとおり、紫波町は農産物が豊かな土地。オガールインの朝食は、町で採れたお米や野菜を使った地産地消ならぬ「町産町消」ともいえる、食材の質が重視された「おふくろの味」ともいえるやさしい献立です。

おわりに

全国チェーンのビジネスホテルが人気を博していますが、昨今、全国各地に独自のコンセプトを打ち出した進化型のビジネスホテルが数多く誕生しています。とはいえ、都市部ではない地方都市の、それもベッドタウンに斬新なコンセプトの宿泊特化型ホテルが誕生したことは注目に値します。複合施設の利便性の恩恵を、オガールインのステイで感じてみてはいかがでしょうか?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/06/12−2015/06/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ