デリー最強のおしゃれスポット「ハウズ・カース・ビレッジ」は遺跡も同時に楽しめる!

| インド

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

デリー最強のおしゃれスポット「ハウズ・カース・ビレッジ」は遺跡も同時に楽しめる!

デリー最強のおしゃれスポット「ハウズ・カース・ビレッジ」は遺跡も同時に楽しめる!

更新日:2015/10/23 11:07

中川 康雄のプロフィール写真 中川 康雄 ご当地グルメ探検家

経済発展の目覚ましいアジアの大国・インド。この国の首都・デリーには、流行に敏感な中流層や情報感度の高い人たちが集まる小さな繁華街があります。その街とは、「ハウズ・カース・ビレッジ」。ここは、有名デザイナーのアトリエやブティックが立ち並び、その迷路のような街並みも散策すればするほど新しい発見があるエリア。ここでは、このビレッジの魅力をご紹介します。

このおしゃれビレッジへのアクセス方法

このおしゃれビレッジへのアクセス方法

写真:中川 康雄

地図を見る

この街がある場所は、地下鉄イエローライン「グリーン・パーク」駅の近く(「ハウズカース」駅よりもそちらの方が近い)。そこからオートリクシャで、だいたい10分くらい。運賃は50ルピーほど。駅から徒歩で行けなくもないですが、20〜30分くらいかかります。

ヴィレッジの入り口にはゲートがあり、オートリクシャーもそこまでしか行くことができません。そこからは歩いて街の中心地へと向かいますが、「ビレッジ(村)」というその名前からも分かるように、そんなに広いエリアではないのでご安心を。

まるで原宿!?インド最先端のお店の数々

まるで原宿!?インド最先端のお店の数々

写真:中川 康雄

地図を見る

このビレッジには、デリーのお洒落な若者たちや外国人の駐在員などが闊歩しています。今でも開発は続いていて、新しいギャラリーや雑貨屋さん、レンストランやカフェなど、あらゆるお洒落なお店が次々に登場するエリアなのです。

例えるなら、日本の原宿のような雰囲気でしょうか。原宿よりは年齢層は高くて大人っぽくはありますが、道の間隔やその活気のある雰囲気は、なんとなくダブって感じる人も多いはず。

ここには、日本でも着ることができそうな最新のインド服や個性的なアクセサリー、現代風のポップな雑貨などが盛りだくさんです。

流行に敏感なカフェやレストランも激戦区

流行に敏感なカフェやレストランも激戦区

写真:中川 康雄

地図を見る

そのようなお洒落グッズだけでなく、カフェでまったりしたり、美味しい料理を楽しむこともできるのも、このビレッジの魅力のひとつ。競争が激しく舌の肥えた人びとが集まるため、その中で生き残っている店の味はまず間違いがありません。

内装が凝っているのも当然ながら、そこに流れている音楽のセンスの良さも特筆したい点。ただ心地よいだけでなく、お店によっては非常にとがった感じの曲を流しているので、その点もオススメしたいポイントです。

少し疲れたら、隣接する遺跡や人工湖で休憩を

少し疲れたら、隣接する遺跡や人工湖で休憩を

写真:中川 康雄

地図を見る

ビレッジの一番奥の方には、この街の名前の由来にもなっている13世紀の遺跡郡「ハウズ・カース」と大きな人工湖を擁する広い公園があります。そこも多くのインド人たちの憩いの場所となっています。デートスポットにもなっており、カップルが多いのも特徴。

活気のあるビレッジに少し疲れたら、こちらでゆっくりと過ごすことができます。ピクニックにも最適ですね。この広々とした空間では開放感を味わうことができて、特に湖の周辺は人の数が少ないのでリラックスできますよ。

おわりに

いかがでしたか?インドの首都・デリーにある最先端のお洒落スポット「ハウズ・カース・ビレッジ」。

ここは、歴史あるインドと最先端のインドの両方を体感することができる素敵な場所。いってみれば、原宿の裏側に歴史的なお寺や大きな湖があるのを想像してみると良いかもしれませんね。

デリーを訪れた際には、ぜひ訪れてみてほしいビレッジです。きっと今までのインドのイメージが変わりますよ。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ