「祇園畑中」京都の中心でしっぽり伝統と静けさを楽しむ料亭旅館

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「祇園畑中」京都の中心でしっぽり伝統と静けさを楽しむ料亭旅館

「祇園畑中」京都の中心でしっぽり伝統と静けさを楽しむ料亭旅館

更新日:2015/10/26 17:17

中山 のりおのプロフィール写真 中山 のりお ブロガー、ライター、フォトグラファー、地域PR施策アドバイザー

京都には数多くの宿がありますが、ここほど場所、食べ物、歴史、そしてサービスがそろったところは知りません。それが1971年に創業、40年以上の歴史を持ち、長年京都を代表してきた料亭旅館「祇園畑中」です。八坂神社の裏手という絶好の立地ながらも、驚くほど静寂につつまれた宿は、まさに京都を体現したかのような空間。清潔な館内、ホスピタリティ、なにより完成度の高い料理が提供され、大きな満足感を得られます。

京都のど真ん中なのに、この静けさ

京都のど真ん中なのに、この静けさ

写真:中山 のりお

地図を見る

この畑中、場所こそ八坂神社・丸山公園のすぐ脇と京都中心部にほど近いのですが、宿は静寂そのもの。宿の正面には、道路をはさんで人気店が建ち並んでいるのですが、そちらでの喧噪は一切感じられません。「舞妓の夕べ」という大変に京都らしいイベントを楽しめることが語られがちな畑中ですが、この恵まれた立地と静けさとのギャップこそが、多くの人に支持され、リピーターを生み出す魅力の根源となっているのです。

気づかい、心づかい、心安らぐホスピタリティ

気づかい、心づかい、心安らぐホスピタリティ

写真:中山 のりお

地図を見る

畑中で特筆すべきは、老舗旅館でありながらも、妙に気負ったところがなくホスピタリティの高さを感じられるところ。スタッフは、滞在中にもすれ違う度に声をかけてくれますし、かといって息苦しいこともなく、絶妙な距離感。このタイプ・雰囲気の宿にしてこのサービスというのは、貴重ですね。高級旅館と聞くと、スタッフの横柄さやあまりにも近すぎる距離感に戸惑われる方もいるかとは思いますが、ここ畑中でそれを感じることは、恐らくないでしょう。

なお、ひとつだけ注意点があるとすれば、環境的にどうにもできないとは思うのですが、石段があるため車いすなどには非対応なことがありますので、ご理解を。

目も舌も楽しめる懐石旅館の面目躍如な料理の数々

目も舌も楽しめる懐石旅館の面目躍如な料理の数々

写真:中山 のりお

地図を見る

基本は部屋での食事であり、館内着のまま、気軽にプライベート空間を楽しめるのも魅力でしょう。部屋には小さな庭もついていますから、季節によっては美しい紅葉をや花を長めながら食事をとることができます。

料理は1品ずつ、スタッフによって運び込まれます。「懐石旅館」を標榜する畑中ですから、その料理は大変に見事。また盛り付けも器(うつわ)も美しく、見ても食べても楽しい時間を提供してくれます。もちろん料理の説明もしっかりとしてもらえますので、料理を楽しみながら、京料理への理解も深まることでしょう。

もちろん朝食にも手抜き無し!

もちろん朝食にも手抜き無し!

写真:中山 のりお

地図を見る

ここまでくれば想像するのも容易ですが、朝食にもいっさいの手抜きはありません。京都の宿といえば外せない湯豆腐も食べることができます。しかも自家製、つくりたての豆腐です。特筆すべきは、品数の多いこと。京都の「おばんざい」が小さな器でたくさん並べられ、見ているだけでも楽しさを感じられます。京都の「おもてなし」を朝から感じることができるでしょう。

チェックアウト時にはすすんで荷物を運んでくれ、また、お見送りもこちらが見えなくなるまで。一分の隙もない演出が、京都の高級旅館の底力を感じさせます。

この「京都に泊まっている」感はなかなか味わえない

立地や雰囲気含め、ここまで「京都に泊まっている」ことをを感じさせる宿は、そうそうにないでしょう。高級旅館にありがちな不親切さもなく、快適そのもの。そういったバランスも含めて、京都で場所も料理も素晴らしい宿に泊まりたい!と思った際には、ファーストチョイスとしても間違い無いでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/11/22−2014/11/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -