山梨・平山郁夫氏の最期の生命の波動を伝える「シルクロード美術館」

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山梨・平山郁夫氏の最期の生命の波動を伝える「シルクロード美術館」

山梨・平山郁夫氏の最期の生命の波動を伝える「シルクロード美術館」

更新日:2016/03/07 17:34

牡丹餅 あんこのプロフィール写真 牡丹餅 あんこ フリーライター

2008年に八ヶ岳の麓、甲斐小泉駅に開館した「公益財団法人平山郁夫シルクロード美術館」。館内には、平山郁夫氏が生前シルクロードの旅を題材にして描いた絵画や、シルクロードに関する国々の陶磁器・織物・彫刻・仏像など、約9000点ものコレクションが入れ替えで展示されています。それではシルクロード美術館の館内をご紹介します。

グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな建物にも注目したい

グッドデザイン賞を受賞したスタイリッシュな建物にも注目したい

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

八ヶ岳周辺は日本文化の源である縄文文化の中心地の一つだと言われており、八ヶ岳の周辺の道はその昔、絹の往来する道であったということに感銘を受けた現代日本画壇を代表する画家平山郁夫氏と現館長の平山美和子さんは、八ヶ岳の麓の甲斐小泉に美術館を開館させました。
建物は2005年度のグッドデザイン賞を受賞。右側のガラス張りの部屋は2015年よりカフェスペース「キャラバンサライ」としてオープンしました。三方ガラス張りの明るい店内から、JR小海線や八ヶ岳、南アルプスの眺め、八ヶ岳の風景を絵画を鑑賞するように眺めることができます。

美術史上重要な収蔵品も鑑賞できるチャンス

美術史上重要な収蔵品も鑑賞できるチャンス

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

館内には、日本画家平山郁夫による絵画作品と平山夫妻が40年近くにわたって収集してきたシルクロードの美術品を、年に2回入れ替えながら展示しています。絵画や彫刻などを合わせると約9000点もあるそうで、先史時代の土器をはじめ、俑、トンボ玉と呼ばれる象嵌ガラス玉、西方の影響顕著な染織品、コインなども収蔵品の中に含まれています。なかには、貴重かつ美術史上重要な収蔵品もあるそう。

【展示スケジュール】

「煌く布-金更紗と金糸織-」展
2016年3月12日(土)〜6月21日(火)

「平山郁夫道遥か」展
2016年6月25日(土)〜2017年1月9日(月)

なお、20016年3月より音声ガイドを導入しました。
日本語の音声ガイドを務めるのは女優の真野響子さんですので、ぜひご利用ください。

「悠久のシルクロード」その情熱に触れる

「悠久のシルクロード」その情熱に触れる

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

平山氏はシルクロードや仏教を題材に世界中を取材して歩き、様々な名画を描き続けました。中でも旅の集大成と言われるこの作品群が連作「大シルクロード」です。
月の砂漠や朝焼けの砂漠をひたすら進むキャラバンを「砂漠行くキャラバン(右隻)東(太陽)」「砂漠行くキャラバン(左隻)西(月)」の2つの作品で描いています。
その風景は、寂しげに見えたり、サハラ砂漠へ旅に出たいという気分にさせてくれたり、見る人によって大きく変わるようです。

※展示されている絵は入れ替わる場合があります。
詳しくは関連メモの公式ホームページをご確認ください。

全国から多くの人が平山氏を偲びにやってくる

全国から多くの人が平山氏を偲びにやってくる

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

平山郁夫シルクロード美術館理事長であった 平山郁夫氏は、平成21年12月2日にお亡くなりになりました。享年79歳だったそうです。
館内では、平山氏を偲び、最期の生命の波動を伝える一室を継続展示しています。
平山氏は、病床に伏せながらも、死の直前まで、懸命に制作に取り組んでいたそうです。
そして、次回の春の院展の準備として病室で描いていた窓越しのスケッチ、アトリエに残された下図、日常の画材などが展示されています。
この貴重な一室で、今は亡き平山氏の最期の時間と風景を感じ取ることができます。

ミュージアムショップではオリジナルの絵画のグッズを販売

ミュージアムショップではオリジナルの絵画のグッズを販売

写真:牡丹餅 あんこ

地図を見る

ミュージアムショップでは、平山郁夫氏の絵画や収蔵物に関する本や平山氏が晩年描き溜めた庭の花々の色紙より作成したオリジナル洋封筒セットが販売されています。
その他には、『砂漠行くキャラバン』(月・太陽の2種類)のクリアファイルやマグネット、ポストカードなども人気です。
シルクロード美術館で、一番印象深かった作品のグッズを記念に買っていくのもいいですね。

併設してるカフェや公園、イベントにも注目!!

いかがでしたか?
シルクロード美術館は「JR甲斐大泉駅」に隣接していますので、定時にカタンコトンと音を立てて小海線がやってきます。カフェからもこの情緒あふれる景色を眺めることができ、八ヶ岳名物のアップルパイも味わうことができます。
おススメのドリンクはスパイス香る「チャイ」。遠いシルクロードに思いを馳せながら、雄大な山脈を眺めてみてはいかがでしょうか?

また、らくだ公園では毎年「ワインとクラフトフェスタ」が開催されたり、音楽イベントが行われたりしています。詳しくは【関連メモ】のシルクロード美術館公式HPをご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -