なんだこれは!京都でしか味わえない珍品スイーツ3選

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

なんだこれは!京都でしか味わえない珍品スイーツ3選

なんだこれは!京都でしか味わえない珍品スイーツ3選

更新日:2015/10/26 15:26

松澤 茂信のプロフィール写真 松澤 茂信 東京別視点ガイド編集長

京都にはおいしい和菓子がたくさんある。
とくに抹茶は本場ということもあって、京都の甘味には欠かせない。風情ある町並みを眺めながらつまむ抹茶パフェなんて絶品ですよね。
しかし、今回はあえて、そのような侘びさびのある甘味ではなく、ちょっと変わったスイーツを3つご紹介しましょう。

なんて苦しそうなんだ!「たいやきパフェ」

なんて苦しそうなんだ!「たいやきパフェ」

写真:松澤 茂信

地図を見る

日本全国にある稲荷神社の総本宮、伏見稲荷大社。
ずらーっと並ぶ約1万基の鳥居は、日本人ばかりでなく外国人観光客にも大人気なスポットだ。

そんな世界的にも有名なスポットで、今回注目してもらいたいのが、参道の屋台。
「たいやきパフェ」という、なんとも強烈なビジュアルのスイーツが売っているのだ。
ぽっかりと開いた口のなかに、生クリームやバナナ、ポッキーをぎっしり詰めこむ、そのうえからチョコソースをかけた代物だ。
千本鳥居に勝るとも劣らないインパクトをうけることだろう。

主食とスイーツを合成した「納豆ご飯クレープ」

主食とスイーツを合成した「納豆ご飯クレープ」

写真:松澤 茂信

地図を見る

京都・河原町のクレープ屋「さんじや」。
ほとんどのメニューが300円〜400円ぐらいお手ごろ価格なため、観光客や修学旅行生が列をつくる人気店だ。

そんなさんじやでぜひ挑戦していただきたいのが、「納豆ご飯クレープ」だ。
ソーセージやハムチーズが入っている惣菜系クレープならば、どこの店にもよくあるが、ご飯まで入れてしまってるケースはかなり珍しい。

クレープ生地に「ご飯ですよ」を塗り、温かいご飯と納豆をのせる。その後にネギをトッピングし、マヨネーズをふりかけたら完成だ。
これが意外と美味しくて、小腹を満たすのにちょうどいいのだ。

揚げたてのから揚げをトッピング「からあげパフェ」

揚げたてのから揚げをトッピング「からあげパフェ」

写真:松澤 茂信

地図を見る

京都・河原町にもう1つご紹介したいお店がある。パフェ屋「からふね屋珈琲本店」だ。
京都、大阪を中心に数店舗あるからふね屋だが、三条本店には「ロースカツパフェ」「エビフライパフェ」「アメリカンドッグパフェ」といった世にも奇妙な揚げ物とパフェのコラボレーションが繰り広げられている。

から揚げパフェを注文すると、スタッフさんに「揚げものなので10分ぐらいお時間いただきます」と言われる。作りおきではなく、まさかの揚げたて。強いこだわりを感じる。

から揚げがパフェのうえに3つ乗っかっている。
揚げたてサクサクでとてもおいしい。パフェのほうもさっぱりとした生クリームがこれまたおいしい。両者が融合してるかといえば怪しいところではあるが、おいしいスイーツとおいしいおかずをいっぺんに楽しめる一挙両得なパフェなのだ。

まとめ

いずれのスイーツも見た目のインパクトはかなり強いですが、食べてみると意外においしいものばかり。
心落ち着く京都観光の、1つのスパイスとして、これらのスイーツを挟んでみるのはいかがでしょうか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ