台湾でしか食べられない変なアイス3選

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

台湾でしか食べられない変なアイス3選

台湾でしか食べられない変なアイス3選

更新日:2015/11/11 17:36

松澤 茂信のプロフィール写真 松澤 茂信 東京別視点ガイド編集長

台湾といえば美食の町。名店で小籠包をつまんでもいいし、夜市の屋台で買い食いするのも楽しい。締めのスイーツも、マンゴーカキ氷やパイナップルケーキなどおいしい名物が多いが、今回は台湾でしか食べられないちょっと変わり種のアイスを3種類ご紹介しよう。

植木鉢によそう「盆栽アイス」

植木鉢によそう「盆栽アイス」

写真:松澤 茂信

地図を見る

台湾の高雄市にある六合夜市に「盆栽アイス」を売っている屋台「盆栽冰淇淋」がある。MRT美麗島11番出口を出て、六合ニ路を西方向に200mほど進んだ六合夜市なかほどあたりだ。

ケースから土のようなものを取り出し、植木鉢にギュウギュウ詰めにして、パセリを1本突き刺せば完成だ。かなりの大きさなのだが、60台湾ドルとお手ごろ価格。
盆栽部分はどう見たってパセリなのだが、土の部分はかなりリアル。粉状にしたオレオクッキーのようなものをバニラに振りかけている。

肉そぼろアイスや豚足アイスが売っている「雪王冰淇淋」

肉そぼろアイスや豚足アイスが売っている「雪王冰淇淋」

写真:松澤 茂信

地図を見る

台湾台北市の西門駅から徒歩5分ほどの「雪王冰淇淋」では、数十種類の変わり種アイスが食べられる。
苦瓜アイスやとうがらしアイス、ビールアイスに梅酒アイスと、コンビニでは買えないようなアイスが用意されている。

創業1949年で、60年以上昔から変わったアイスを出してる尖ったお店だ。
メニューは全部で73種類。これは、1973年にサーティワンアイスが台湾上陸してきたから。「あの衝撃を忘れてはいけない」という意志の表れだという。

たとえば肉そぼろアイスは、ひき肉色したアイスの表面から、ちょこんとヒゲのような繊維が飛び出している。アイスと肉を調和させるのに、かなりの期間、試行錯誤を繰り返したのだとか。醤油のような塩味が強いアイスだ。

元目医者さんの建物がアイス屋に!「宮原眼科」

元目医者さんの建物がアイス屋に!「宮原眼科」

写真:松澤 茂信

地図を見る

台湾・台中駅から中山路を200mほど西へ歩いたところにある「宮原眼科」は、目医者ではなくアイス屋さんである。
閉院した眼科をハイセンスに改装し、モダン空間に仕上がっている。パイナップルケーキで有名な日出グループが運営している。
レンガ作りの外壁など残すべきところは残し、クラシックで高級感漂う内装。あまりに荘厳な内装なので、来る客来る客、写真を撮りまくっている。

アイスの種類は40種類を超える。フルーツ系からお茶ベースの渋いのまで幅広い。シングル90台湾ドル、ダブル150台湾ドルで、コーンは別途20台湾ドル。
特にチョコレートは種類が豊富で、全19種類。産地やカカオ濃度に応じて細分化されている。

まとめ

いずれも台湾でしか食べることの出来ない変わり種アイスだ。
奇抜ではあるけれど、どれもきちんと美味しいアイスなので、台湾旅行に行った際にはぜひとも候補に加えてほしい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/03/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -