まるでガンダム!格好よすぎる久米島の海洋温度差発電実証設備

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

まるでガンダム!格好よすぎる久米島の海洋温度差発電実証設備

まるでガンダム!格好よすぎる久米島の海洋温度差発電実証設備

更新日:2017/02/24 15:17

離島 こむのプロフィール写真 離島 こむ 離島ドットコム管理人、沖縄在住サブスリーランナー

沖縄の離島「久米島」に突如現れた近未来的設備。その姿、まるでガンダム(笑)。その実態は「海洋温度差発電実証設備」。久米島近海の海洋深層水を利用し、海水の温度差で発電する近未来的システムです。そして姿も近未来的な久米島の海洋温度差発電の施設。「ガンダム世代」だけではなく「工場萌え」の方にも興味をそそられます。遠く離れた沖縄の離島で、最新鋭のエコシステムを見学しに行きましょう!

水が豊かな久米島。海洋深層水に注目!

水が豊かな久米島。海洋深層水に注目!

写真:離島 こむ

地図を見る

久米島は沖縄本島の西にある離島。那覇から飛行機で30分〜40分、船だと2時間50分から4時間かかる場所にあります。島周辺にはきれいな海が広がり、中でも「はての浜」はまるで天国のような光景を望めます。また久米島は水が豊かで、ミネラルウォーターとして沖縄各地で売られるほどです。そして海では「海洋深層水」が採取しやすい久米島。陸も海も水資源に恵まれています。

ちなみに海洋深層水とは、水深200mより深い部分にある海水のこと。とても綺麗な水でミネラルが豊富。塩分を取り除いたものを健康用飲料として販売されています。また海洋深層水は温度が低く安定しています。久米島の海洋温度差発電は、その安定した低温の海洋深層水と、温暖な沖縄の表層水との温度差を利用したもの。温暖な南国沖縄で、水温の低い海洋深層水が摂取しやすい久米島。まさにこのシステムにはうってつけということになります。

まだ実証実験段階ですが、海洋温度差発電は環境に優しく、安定した近未来のエネルギーとして期待されています。世界でも日本が一歩リードしている発電システムです。

久米島北側に降り立つその姿!ひときわ目立ちます

久米島北側に降り立つその姿!ひときわ目立ちます

写真:離島 こむ

地図を見る

久米島の空港や港は島の南西側にありますが、海洋温度差発電の施設は島の北東側にあります。ちょっと遠い。でも宿泊施設が集まる東岸の「イーフビーチ」エリアからは、アクセスしやすい場所にあります。坂道もなく、自転車でも気軽に行くことができます。施設までは「海洋深層水関連施設」という案内板がありますので、それをたどっていくと一番奥に今回のガンダム的設備があります。

まずは島の周回道路から脇道に入り、海沿いの道まで出ましょう。その先にはガンダムを彷彿させる青と赤と白の姿を確認できます。それが今回の「海洋温度差発電実証設備」。周辺には高い建物もありませんので、その姿、ひときわ目立ちます。

その姿、まさにガンダム!機能美が格好いい海洋温度差発電実証設備

その姿、まさにガンダム!機能美が格好いい海洋温度差発電実証設備

写真:離島 こむ

地図を見る

機能美が格好いい海洋温度差発電実証設備。「ガンダム世代」ではなくても感動ものです。実際の所、ガンダム的に見えるのはそのカラーリングで、青と赤と白のコンビネーションが特徴。強いて言えば「黄色」が足りないぐらいです。もちろん、ガンダムを意識して作られたものではありません。あくまで機能優先で作られたものですが、その姿、あまりにガンダム的です。

ガンダム的と感じなくても、その造形の格好よさには見とれるばかりです。シンメトリーな外観に、機能的なパイプライン。そしてビビッドなカラーリング。まさに「近未来」を感じさせます。まだ実証実験段階ですが、新しいエネルギーとして期待させてくれる姿でもあります。

様々な角度からガンダム的設備を楽しもう!

様々な角度からガンダム的設備を楽しもう!

写真:離島 こむ

地図を見る

施設内には無断で入ることは出来ませんが、外からでも十分にそのガンダム的姿を楽しむことが出来ます。見る角度をいろいろ変えてその姿を楽しみましょう。でもこの施設は事前に申し込めば、すぐ近くで見ることも出来ます。また併設する研究所も含めて見学も可能。より近くでこのガンダム的施設を見たい方は、是非とも見学申込をしましょう!受付は「OTEC」こと「沖縄県海洋温度差発電実証設備」にて。ネットから申し込みが可能です。

見学は通常で1時間、時短で30分。さらに詳しく知りたい方や社会科見学などでは1時間から2時間案内していただけます。ちなみにガンダム的施設や研究所以外にも、周辺にある海洋深層水を活用した施設もあって見学可能です。ただし海洋温度差発電とは別に見学申込が必要となります。

■海洋深層水を活用した周辺の見学可能な施設
・久米島漁業協同組合(クルマエビ養殖場)
・久米島海洋深層水開発(海ブドウ養殖場・飲料水/塩製造工場)
・ポイントピュール(化粧品製造工場)

海洋温度差発電近くにある「海洋深層水ふれあい館」にも行こう!

海洋温度差発電近くにある「海洋深層水ふれあい館」にも行こう!

写真:離島 こむ

地図を見る

ガンダム的施設にあまり興味はなくても、海洋深層水に興味がある方にはおすすめ。海洋温度差発電のすぐ近くに「海洋深層水ふれあい館」という施設があります。久米島の海洋深層水をテーマにしたアンテナショップ。展示がメインですが、海洋深層水を利用したコーヒーや紅茶や軽食などもいただけます。もちろん海洋深層水そのものも購入可能です。平日の営業は昼12時30分から17時まで。土日祝は朝9時30分から営業しています。火曜日が定休なので注意しましょう。

ただし海洋温度差発電と直接の関係はありません。あくまで「海洋深層水」がメインの販売と展示施設ですので、温度差発電関連グッズはありません(笑)。

沖縄好きで「ガンダム世代」や「工場萌え」の方は超おすすめ!

沖縄好きの方で、そして「ガンダム世代」の方には、是非とも久米島まで見に来て欲しいです。この機能美、そしてそのカラーリング、はまります。でもガンダムを知らなかったり興味が無くても、「工場萌え」の方にもおすすめの施設です。久米島の意外な一面を垣間見ることが出来ます。

他にも久米島には「はての浜」や「イーフビーチ」など、豊かな自然がいっぱいあります。また海洋深層水を活用したスパ「バーデハウス」もあり、海洋深層水を肌に触れて楽しむことができます。さらに海洋深層水を利用して養殖された車エビは絶品。島の各地にあるお店でいただけます。冬にはアーラ林道で桜並木が望め、海ではホエールウォッチングが楽しめます。1年を通して楽しめる久米島旅行。「海洋温度差発電」見学をきっかけにいかがでしょう!?

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ