佐賀・武雄温泉の「4干支」を目撃!東京駅と楼門のミステリアスな関係とは

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

佐賀・武雄温泉の「4干支」を目撃!東京駅と楼門のミステリアスな関係とは

佐賀・武雄温泉の「4干支」を目撃!東京駅と楼門のミステリアスな関係とは

更新日:2017/06/06 15:11

咲田 みつるのプロフィール写真 咲田 みつる ハイカー、旅好きのヨガインストラクター

東京駅を手がけた著名な建築家・辰野金吾氏は、同時期に武雄温泉の設計も行いました。武雄温泉はまるで竜宮城のような朱塗りの楼門が印象的。その楼門が、共に100周年を迎えたレンガ造りの東京駅とミステリアスな関係にあることが分かり、近年注目されています。
ミステリーの核心である楼門内部の「4干支」は貴重な文化財ですが、武雄市の期間限定「朝活プログラム」に参加すれば、ガイド&温泉の入浴券付きで見学可能です!

話題の武雄温泉楼門 朝9時のガイドにあわせて是非訪れて!

話題の武雄温泉楼門 朝9時のガイドにあわせて是非訪れて!

写真:咲田 みつる

地図を見る

武雄温泉楼門と東京駅(丸の内駅舎)は、建築家・辰野金吾氏によって、ほぼ同時期に設計されました。丸の内駅舎は2014年に、楼門は2015年に100周年を迎えました。丸の内駅舎と言えば、赤レンガの外観が有名です。2012年には駅の象徴ともいえるドーム天井が復原され、その内部が八角形に縁どられ、美しい装飾が施されていることで知られています。復原直後のお披露目の際は、多くの人が足を止め、観賞する姿が見かけられました。

ところで八角形の各々の隅に、12干支のうち8干支のレリーフ(浮き彫り細工)があるのをご存知でしょうか?さらに12干支のうち、残りの4干支はどこに行ってしまったのでしょう?「八角形だから8干支あれば充分」という理由で省かれてしまったのでしょうか?

長きにわたる謎が、100周年を迎えるにあたって復原作業に取り掛かっていた、武雄温泉楼門にて解き明かされました。

楼門の謎 入浴券付き「朝活プログラム」のガイドがおすすめ

楼門の謎 入浴券付き「朝活プログラム」のガイドがおすすめ

提供元:武雄市観光協会

http://www.takeo-kk.net/地図を見る

東京駅に居ない「4干支」とは、干支のうち「ネズミ・ウサギ・ウマ・トリ」のことです。なんと、同じ建築家によって、武雄温泉の楼門の天井に施されていることが発見されました!このニュースは、2013年大きく報道され、多くの人の関心を呼びました。しかしながら「何故武雄温泉楼門に?」という問いに対しては明確な答えがなく、専門家の間でも「建築家の遊び心?」といったミステリアスな見解が飛び交っています。

貴重な文化財ゆえに、常時公開というわけにはいきませんが、火曜を除く毎日9〜10時に、ガイドさんとともに内部へと入ることができます。公開期限については、好評につき延長措置がとられ、平成29年3月31日まで(執筆時点)となりました。

ガイド料金は400円。武雄温泉の入浴料金が400円ですので、温泉に入る方の特典とも言えます。予約不要で現地集合(入浴はガイド後)となりますので、是非早起きしてお出かけください!

楼門だけじゃない!重要文化財「新館」もあわせて巡ろう

楼門だけじゃない!重要文化財「新館」もあわせて巡ろう

写真:咲田 みつる

地図を見る

ガイドツアーでは、楼門奥にある「新館」も巡ります。新館はかつて共同浴場でした。現在は資料館となっています。楼門と同じく辰野氏の設計によるもので、ともに重要文化財に指定されています。火曜を除き無料開放されていますが、ガイドツアーの解説付きなら、よりいっそう楽しめるでしょう。

武雄温泉自体は1300年以上の歴史があり、また、長崎街道の宿場町であったことから、記録によれば「宮本武蔵・シーボルト・伊達政宗・伊能忠敬」といった歴史上の名だたる人物が入浴したとされています!現代の東京駅と同じく、ここ武雄も先人たちの交通の要衝だったというわけです。現在、新館の湯船は展示のみですが、かつての宿場町の賑わいに思いをはせながら見学しましょう。

入浴は楼門のすぐ横で!大正ロマンあふれる「元湯」が人気!

ガイド後は、楼門そばで入浴できます。「元湯・蓬莱湯・鷺之湯」の3つの共同浴場があり、大正の風情を感じられる元湯が人気!また、鷺之湯は別館で、プラス200円の差額が必要になりますが、露天風呂がついています。
「既に朝風呂に入ってきた」「この後予定があって入浴できない」という場合も、営業時間は6:30〜24:00(蓬莱湯は21:30)と長いのでご安心を。また、入浴券の有効期限が1年ありますので、翌朝入ったり、武雄を再訪するときにも利用できます!先人たちの愛した宿場町の風情を感じながら、ゆとりある旅程で名湯を堪能しましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/28−2015/09/29 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -