レゴの世界をまるごと体感!マレーシア「レゴランドホテル」

| マレーシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

レゴの世界をまるごと体感!マレーシア「レゴランドホテル」

レゴの世界をまるごと体感!マレーシア「レゴランドホテル」

更新日:2015/11/02 13:07

坂元 美鈴のプロフィール写真 坂元 美鈴 フリーライター、元国際線客室乗務員

アジア初のレゴのテーマパーク「レゴランド・マレーシア・リゾート」。隣接するオフィシャルホテルが「レゴランドホテル」です。外観はまるでレゴブロック!な佇まいのホテル内には、巨大なレゴの遊び場やレゴの世界を再現したテーマ毎の客室…、子どもならずともテンションが上がらずにはいられないマレーシアにあるレゴランドホテルを紹介します。

公共設備は主に1階。レゴランドへは徒歩1分!

公共設備は主に1階。レゴランドへは徒歩1分!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

エントランスを入ると、フロント、プレイエリア2ヶ所、売店など、プール以外の公共設備は全て一階に揃っています。イタリアンの「Di Mattoni Restaurant」とビュッフェレストラン「Bricks Family Restaurant」の2ヶ所のダイニング、唯一のバー「The Skyline Bar」も同じフロア。プールは5階にあります。レゴランドへは地下2階の出入り口から。そのままレゴランドの入口へ繋がっています。

ロビーには巨大なレゴブロックのお城

ロビーには巨大なレゴブロックのお城

写真:坂元 美鈴

地図を見る

1階ロビーのフロント前には巨大なレゴのお城が鎮座。まわりにはレゴブロックが散りばめられ、ちびっこたちはいつでも好きな時に遊ぶことができます。同じフロアにはもう一ヶ所プレイエリアが設置され、こちらは大きめのソフトタイプのレゴブロックが並ぶより小さな子ども向け仕様。その一角にはダンスやマジック、ムービー上映を行うミニステージもあります。

客室は3タイプ!「王国」「海賊」「冒険」

客室は3タイプ!「王国」「海賊」「冒険」

写真:坂元 美鈴

地図を見る

レゴランドホテルのハイライトが「Kingdom(王国)」「Pirate(海賊)」「Adventure(冒険)」をテーマにした客室(写真はKingdom)です。キングサイズベッドのメインベッドルームと二段ベッドのキッズルームに分かれており、王家の紋章の赤と緑、石壁を基調としたインテリアの部屋には、王国とレゴをモチーフにしたイラストの壁紙が貼られ、至る所にレゴブロックの作品が。
飾り皿やテントウムシ、フクロウ、王家の紋章までもが全てレゴブロック!部屋に一歩入ると子どもはもちろん、大人もテンションが上がります!

ちびっ子大興奮!の二段ベッドのキッズルーム

ちびっ子大興奮!の二段ベッドのキッズルーム

写真:坂元 美鈴

地図を見る

レゴで彩られた二段ベッドのあるキッズルームには、お城を思わせるデコレーションのテレビや宝物箱など、子どものわくわく感をかきたてるアイテムがズラリ。
「Kingdom」の部屋だと“部屋に王家の紋章はいくつある?”などのクイズに答えて暗証番号をゲットし、宝箱を開けると…、お楽しみのプレゼントが入っています。バスグッズもレゴのイラスト入りで子ども用洗面台があるなど、まさにちびっ子のための客室。
「部屋にずっといたい!」というちびっ子が多いと言うのもうなずけます。

レストランもレゴの世界!

レストランもレゴの世界!

写真:坂元 美鈴

地図を見る

朝食ビュッフェをいただく「Bricks Family Restaurant」にも、ズラリと並ぶ料理の間にレゴブロックの作品が。卵料理コーナーではめんどり、パンコーナーではシェフのレゴ作品が飾られています。一般的なホテルの朝食ビュッフェのメニューに加え、マレーシア料理にハラールミール(イスラムの食事)、インド料理や中華など、アジア料理も多数ラインナップしているのが特徴。こちらは昼夜も営業しているオールディダイニングです。

「Di Mattoni Restaurant」では本格イタリアンを用意。キッズメニューもあり、こちらはグランドメニューのスモールポーションです。グランドメニューのピッツァやパスタは大家族を想定してか、かなりのビッグサイズなので、3人家族くらいならキッズメニューをオーダーするのもあり。ワインもそこそこ揃っています。

レゴランドを訪れたならレゴランドホテルに泊まるべし!

レゴランドだけでももちろん楽しいけれど、レゴの世界を体感できるレゴランドホテルに泊まれば、楽しさ倍増!ウェブサイトから予約できる2泊3日+2デイパスのパッケージがおすすめです。
シンガポールからレゴランドへの行き方は、クイーンストリートバスターミナルのジョホールバル行きタクシー乗り場から、タクシーで行くのがおすすめ。70シンガポールドル(約6,090円)です。復路はホテル手配のタクシーでシンガポールまで300リンギット(約8,400円、行き先指定可能)ほどです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/10/23−2015/10/25 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -