マドリレーニョのお墨付き!マドリードで食べたい厳選5品

| スペイン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マドリレーニョのお墨付き!マドリードで食べたい厳選5品

マドリレーニョのお墨付き!マドリードで食べたい厳選5品

更新日:2015/11/13 10:37

wanderlust tomokoのプロフィール写真 wanderlust tomoko シヴァナンダ ヨガのインストラクター

スペイン料理といったら何を思い浮かべますか?。生ハム、パエージャ、ピンチョス・・・どれも全部正解ですが、他にもスペイン各地にはそれぞれのグルメがあるのです。
日本人が多く訪れるマドリッドにももちろん、マドリッドならではのグルメが!マドリレーニョ(マドリード出身の人のこと)が太鼓判をおす、マドリードでのとっておき5品。今すぐ現地に行って、食べたくなるはずです!

体も心もぽかぽかに!食感と味わい深いスープが人気の秘密

体も心もぽかぽかに!食感と味わい深いスープが人気の秘密

提供元:Casa Lucio

http://www.casalucio.es地図を見る

マドリードの伝統料理のひとつ、15世紀頃発祥の「カジョス ア ラ マドリレーニャ(Callos a la Madrileña) 」。元々は捨てられてしまう運命だった雌牛の部位、内臓部分をグツグツと煮込んで料理に変身させたのがオリジナルです。貧しい人が食べるものとみなされていた時期もありましたが、今やバルやレストランの定番料理に。チョリソ、生ハム、豚の腸詰めも加えて調理され、グルメをもうならす1品。シェフによって個性を生かしたレシピでつくられるので、似ているようで違った味に仕上がってます。

食感が苦手な人でも、チョリソ、生ハム、トマト、ニンニクなどから凝縮された出汁がきいていて、パンにスープをひたして食べるだけでも美味しさを楽しめます。特に寒い季節などは体がぽかぽかと暖まり、スペイン産の赤ワインとの相性がぴったりでお腹も心も大満足!

マドリレーニョそれぞれに、お気に入りのお店があるのです。人気の一つは、ラ ラティーナ地区にある「カサ ルシオ(Casa Lucio)」。お店オリジナルのリオハワインのオーダーもお忘れなく。美味しい出会いが待っていること間違いありません!

見た目からは想像できない美味しさ!食べてびっくり、柔かさの正体は・・・?!

見た目からは想像できない美味しさ!食べてびっくり、柔かさの正体は・・・?!

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

肉好き、下手物好きにはたまらないのが、「ラボ・デ・トロ(Rabo de Toro)」。雄牛のしっぽをコトコトと煮込んだ一品です。

しっぽ、と聞くと一瞬ぎょっとしてしまうかもしれませんが、だまされたと思ってオーダーしてみてください!一口食べてびっくり、長時間かけて調理されたお肉は、驚くほどにやわらかくトロッと口の中でとけてしまうほど。濃くのあるグレービーソースが美味しさを引き立てます。

元々はスペインの南部地方から生まれた一品ですが、マドリードのバルでも提供されています。どこへ行こうか困ったときは中心地、プエルタ デル ソルから徒歩5分の「プラサ サンタ アナ(Plaza Santa Ana)」周辺のバルを訪れてみてください。

やめられないとまらない!ポテトとベーコンと卵の絶妙なコンビネーション

やめられないとまらない!ポテトとベーコンと卵の絶妙なコンビネーション

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

オリーブオイルでさくさくに仕上がったポテトに、カリカリに揚げられたベーコンと半熟卵がトッピングされたのが、「ウエボス ロトス(Huevos Rotos)」。

食欲をそそらんばかりに盛りつけられた美しさをくずしてしまうのはもったいないのですが、食べ方のポイントは半熟卵とベーコンがポテト全体に行きわたるように勢いよくまぜること。
シンプルながらもこの絶妙な組み合わせに誰もがはまってしまい、やめられないとまらない状況に。

マドリードのラ ラティーナ地区、カバ バハ通りやアルメンドロ通りにバルが軒を並べているのでオーダーしてみてください。

朝食におやつに!ちょっと「毒」なパン

朝食におやつに!ちょっと「毒」なパン

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

甘党の方には、あま〜いチョコレートが後をひくチョコレートパン、ナポリターナスと、これぞとばかりにクリームが詰まったバーガータイプのバンバス デ ナタ(Bambas de Nata)」。

マドリードの中心地、「プエルタ デル ソル(Puerta del Sol)」から「プラサ マヨール(Plaza Mayor)広場」に向かうマヨール大通りの角にある、1894年創業の「La Mallorquina」。
リング型、一口サイズ、各種パンがずらりと並んでいるのショーケースが目に入ると、迷わずお店に足を踏み入れてしまう誘惑たっぷりのお店。朝食時や夕方などは特に賑わっていて、列はあってないような状態なので、オーダーするのには勇気と図々しさが必要です。あいている店員さんをみつけて頼んでみましょう。

カフェスペースがあるのでその場で食べることもできます。チョコレートもクリームもたっぷり、と甘いので、苦いコーヒーと味わうと毎日でも食べたくなるちょっと「毒」なパンです。

お土産にぴったり!インテリアにもなるカラフルでキュートなキャンディー

お土産にぴったり!インテリアにもなるカラフルでキュートなキャンディー

写真:wanderlust tomoko

地図を見る

お土産にも最適、紫色の小花の形をしたキャンディーが「ヴィオレッタ(Violetta)」。口に入れるのがもったいないデザインです。お店の名前も「ラ ヴィオレッタ(La Violetta)」。

瓶詰めキャンディーやお花のラッピングなどは、部屋に飾ってインテリアにしたくなる可愛さ。他にもカラフルな色の小粒キャンディーやチョコレートも販売されています。

街中のお土産屋さんでも買うことができますが、中心地のPlaza Canalejasに本店がありますので訪れてお気に入りのひとつを選んでくださいね!

美味しい味を探しにスペイン、マドリードへ!

どれもマドリレーニョおすすめの一品なので、是非、スペインのマドリードで本場の味を堪能してみてください。美味しい、嬉しい誘惑が待っていますよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2010/12/24−2011/01/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -