甘くてスパイシー!おすすめのシンガポールグルメ「ラクサ」

| シンガポール

| 旅の専門家がお届けする観光情報

甘くてスパイシー!おすすめのシンガポールグルメ「ラクサ」

甘くてスパイシー!おすすめのシンガポールグルメ「ラクサ」

更新日:2015/11/07 15:32

北ノ峰 セイコのプロフィール写真 北ノ峰 セイコ

チキンライスやバクテーと並ぶ、シンガポールのローカルフードの一つ「ラクサ」。ココナッツミルクにシーフード系のだし、辛みスパイスがミックスされた甘くてスパイシーな独特の風味のスープ。このスープに米粉の麺が入ったものがラクサです。独特の風味と言いつつも、シーフード系のだしは日本人にもなじみやすい味でもあり、意外にクセになるおいしさです。おすすめラクサをご紹介しますのでぜひトライしてみてください!

老舗「マリン・パレード・ラクサ」

老舗「マリン・パレード・ラクサ」

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

シンガポールのイースト地区のマリンパレードビーチ、現在のカトンエリアでジャングー(Janggut:マレー語で「あごひげ」の意味)というニックネームの男性が、竿にぶら下げた桶に入れたラクサを売り歩いたのが始まり。そのため、カトンエリアはシンガポールのラクサ発祥の地とされ、今でもラクサのお店が多い、激戦区でもあります。

その中でも1950年代から続く老舗が「マリン・パレード・ラクサ(MarineParadeLaksa)」。ロキシースクエア(RoxySquare)という、レトロな雰囲気のショッピングモールの1階にあります。ジャングーさんの味を引き継ぎ、店舗を構え、移転を重ねて現在の店舗に至ります。

328カトンラクサ

328カトンラクサ

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

マリンパレードラクサと本家争いを繰り広げている、こちらも有名ラクサ店「328カトンラクサ」。もともとマリンパレードラクサの店舗があった場所で商売を始め、現在は道をはさんで反対側に移転。カトンエリアのもう一店舗を含め、シンガポール内に5つ、マレーシアに2つの店舗を持つ(2015年10月時点)やり手(?)のお店。お味はしっかりしているし、こぎれいで入りやすいので旅行客でも入りやすいお店です。

スパイシーで甘い、魚介類のだしが効いた複雑な味

スパイシーで甘い、魚介類のだしが効いた複雑な味

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

ラクサはなんといってもスープが特徴的。味は「マリンパレードラクサ」よりも「328カトンラクサ」のほうがマイルドのような印象。「マリンパレードラクサ」の魚介類の風味がきつすぎてNGなのに「328カトンラクサ」はOKという人もいます。逆に、魚介類の風味がしっかりしている「マリンパレードラクサ」の方が格段においしい!という人も。両店舗とも近くにあるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

ちなみに、具材はエビ、貝類、かまぼこのような練り物などで、どちらも麺が短く切ってあるので、れんげでいただきます!
※写真は「328カトンラクサ」

ビュッフェなどで手軽にチャレンジ

ビュッフェなどで手軽にチャレンジ

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

写真は「シャングリラホテル」のランチビュッフェの一品ですが、カトンエリアに行くほどでもないけれど、ちょっと試しておきたい、という方にはこういう所でいただくのもおすすめです。ローカルフードを代表するものの一つなので、ホーカーや、フードコート、ブッフェの一品としてもポピュラーなのです。まずは少なめの量で試してみて、気に入ったら専門店へ行くのもアリです。

番外編?おみやげにもおすすめの、インスタントのラクサ

番外編?おみやげにもおすすめの、インスタントのラクサ

写真:北ノ峰 セイコ

地図を見る

ラクサがすっかり気に入ってしまった時におすすめなのが、インスタント麺のラクサです。イチオシなのは「プリマテイスト(PrimaTaste)」というメーカーのシンガポールラクサラーメン(SingaporeLaksaLamian)。麺のもちもち具合もすばらしく、ラクサスープの味も本格的で、インスタントと侮れないおいしさです!スーパーで4袋10ドル程度、1袋3ドル弱で購入できます。

まとめとして

ココナッツミルクの風味とスパイスが南国ならでは、の雰囲気いっぱいのローカルフード、ラクサ。たいていのお店でサイズが選べますが、ココナッツミルクのせいなのか、ボリュームたっぷりで、見た目からの予想よりも早々にお腹がいっぱいになりがち。ちょっと少ないかな、というくらいのサイズを選ぶほうが無難です。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルジェイピーでまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -