これぞ日本の宝!絶景富士山は山中湖「ホテルマウント富士」におまかせ!!

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

これぞ日本の宝!絶景富士山は山中湖「ホテルマウント富士」におまかせ!!

これぞ日本の宝!絶景富士山は山中湖「ホテルマウント富士」におまかせ!!

更新日:2015/11/07 15:13

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

標高1100mの高台に建つ、山中湖「ホテルマウント富士」は、「富士山を見るためだけに建てられた」と言われているホテル。客室やお風呂から富士山が一望でき、春は桜、秋は紅葉と一緒に四季折々の様子が見られます。毎年11月下旬頃は、希少な自然現象のダイヤモンド富士が、ホテルの庭から見られることも! 日本が誇る眺めが見られる、富士山好きにはたまらないホテル「ホテルマウント富士」をご紹介します。

創業1963年の老舗ホテル

創業1963年の老舗ホテル

写真:sachie

地図を見る

ご紹介する「ホテルマウント富士」は、東京から約2時間30分。東京駅から電車「小田急ロマンスカー」で「御殿場駅」まで約1時間40分。駅からバスで「ホテルマウント富士」入口まで約45分です。山中湖近くから、ホテルまで延びる1本の坂道を進むと、突如現れる白いホテルが「ホテルマウント富士」です。ホテルは、標高1100mに一軒だけそびえるように建っているので、素晴らしいロケーションが見渡せます。

写真は、ホテルのエントランス前からの眺めで富士山とは反対側の市街地の景色。まるで、森で隔離されているかのよな景色で、とっても緑が豊か! 当然、車の通りが少なく、静かで空気も新鮮。ホテルに着いただけでも、すがすがしい気分にさせてくれます。、
お次は、ホテルから見られる富士山とご対面してみましょう!

富士山が見えなかったら部屋代がタダ!?

富士山が見えなかったら部屋代がタダ!?

写真:sachie

地図を見る

こちらは、客室から見た富士山。富士山に沿うよう横長にホテルが建てられていて、窓から正面に眺められます。昭和38年に富士山を見るためだけに建てられたと言われていたこのホテル。かつては「富士山が見られなかったら部屋代は無料!」などと、ユニークな企画もされており、富士山に対する力の入れようが伺えます。ここからの眺めは、国際旅行誌『ジャパン・ビジターズガイド』に掲載され、海外からも注目を浴びることに。

この景色に加え、左手には山中湖が眼下に見下ろせ、夕日などで赤く染まる「紅富士」や、富士山の「初冠雪」など、四季折々の景色が見られます。新幹線などで通過する時に見かける、静岡県側から見た富士山と違って、また一味違う富士山の形が見られるのも魅力の一つ。天気が良い日の11月下旬頃には、富士山の上に太陽が光り輝く不思議な現象「ダイヤモンド富士」を、ホテルの庭園から見られます。詳しくは下記のMEMO「ホテルマウント富士」よりご覧下さい。冬になると、庭園にイルミネーションが施され、富士山と一体になった幻想的な景色が見られますよ。

富士山を見ながらリラクゼーション!

富士山を見ながらリラクゼーション!

写真:sachie

地図を見る

変わってこちらは、大浴場「満点星の湯」。内風呂やジャグジー、水風呂、ミストサウナ、露天風呂などがあり、こちらは露天風呂。露天風呂は、ただでさえ開放的ですが、更に開放的にさせてくれるのは、やっぱり富士山! ここには写っていませんが、晴れの日には露天風呂の目の前に見えるので、是非探してみて下さいね!

ここで、もう一つお勧めしたいのが、ミストサウナです。ミストサウナの室内の床や椅子などには、何と富士山の溶岩が使われていていて、山の恩恵を体感することが出来るんです。潤いあるしっとりとしたミストに加え、溶岩から放出される遠赤外線、その働きによって体の芯から温まることが出来、デトックス効果は抜群! デトックスとは、大量の汗をかくことで、体内の老廃物や毒素を排出する効果。こんな事を聞けば、女性なら誰しも、体感してみたくなってしまいますよね!

因みに、内風呂はガラス張りになっているので、外の景色を楽しむことも出来、気持ち良く入浴することが出来ますよ。パウダールームでは、化粧水・乳液などのアメニティーも充実していて、ホテルならではの安心感があります。

『温泉データ』
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性・アルカリ性・低温泉)
源泉温度:26.1度 pH9.7
外来入浴:あり

じゅわっ〜!ヘルシーに食べられる!ここでも富士山の恵みが!

じゅわっ〜!ヘルシーに食べられる!ここでも富士山の恵みが!

写真:sachie

地図を見る

お風呂の後は、ホテル内のレストランで夕食は如何ですか? レストランは、本格フレンチ料理が食べられる「ザ・メインダイニング」、和食料理の「和彩 旬華」、いろんな料理が食べられるビュッフェ「カジュアルレストラン」などがあります。

写真は、和食料理をいただける「和彩 旬華」での一コマ。この料理は甲州牛の溶岩焼で、食事中でも富士山を感じることが出来ます。穴の空いたデコボコとした溶岩特有の石を使用し、その上でお肉を自分で焼く料理。焼いてみると、穴の空いた箇所から、お肉の余分な脂が落ち、石から出る遠赤外線によって、ヘルシーでより柔らかに焼くことが出来ます。食べてみると、とろけるような味わいでとってもマイルド! 富士山の恩恵を、味覚で体験することが出来ます。

溶岩焼は、コース料理になっていて、料理長おすすめのお造りなど、先付から甘味までいただくことが出来ます。月替わりで、メニューが変更される様ですが、富士山の麓の肥沃な大地で育った食材を使った、地元ならではのグルメを味わってみて下さい。

おわりに

周辺に「山中湖花の都公園」があって、秋はコスモスなどのお花と一緒に富士山を眺めることが出来ます。また、富士山からの湧き出る名水が見られる、富士山世界文化遺産の構成資産の一つ「忍野八海」があり、湧き水を飲むことも出来るので、是非足を運んでみては如何ですか?

冬になると、凍結や積雪の恐れがあるので、車でホテルに行く際は、スタッドレスタイヤで行くのがお勧め。富士山の魅力を再発見させてくれるホテルで、たまには雄大な富士山に囲まれながら、素敵な時間を過ごしてみては如何でしょうか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/06/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ