もはやフィリピンの国民食!最強ファストフード「ジョリビー」

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

もはやフィリピンの国民食!最強ファストフード「ジョリビー」

もはやフィリピンの国民食!最強ファストフード「ジョリビー」

更新日:2015/11/21 11:14

まつり はるこのプロフィール写真 まつり はるこ 編集者

フィリピンの人々はファストフードが大好き!日本のバラエティ番組でも「世界で一番ファストフードが好きな国」第1位と紹介されたほどなのでご存知の方も多いでしょう。その人気を牽引するのが、超巨大チェーン「ジョリビー」です。たかがファストフード、されどファストフード。フィリピン人のジョリビー熱は、日本では例えようがないほど高いので、ファストフード好き、B級グルメ好きの人はぜひ一度本場で体感してみて下さい。

「ジョリビー」とは?

「ジョリビー」とは?

写真:まつり はるこ

地図を見る

ジョリビー(Jollibee)は、フィリピン発のファストフードチェーンです。世界各国のファストフード市場で軒並みシェア1位を獲得するチェーンといえば、日本でもおなじみのマクドナルドですが、フィリピンではなんとジョリビーがシェア1位!フィリピンは、“マクドナルドが首位を獲れない数少ない国”というわけです。

フィリピン国内はもちろん、フィリピン人労働者が多く活躍する中東や東南アジア、アメリカなどにも進出し、2014年末の時点でその数およそ2,900店舗。マニラやセブシティなどの大都市では、道を歩けば「あ、ジョリビー」、角を曲がって「あ、ジョリビー」、道を渡れば「あ、ジョリビー」……と街中にジョリビーが溢れているところも少なくありません。また、SMやロビンソンなど観光客も多く訪れるショッピングセンターにも、必ずといっていいほど出店しています。もちろんマニラ空港にも。1度でもフィリピンを訪れたことのある方なら、赤いハチのキャラクター・ジョリビー君をどこかで目にしたことがあるはず。

週末やお昼時には大混雑必至!

週末やお昼時には大混雑必至!

写真:まつり はるこ

地図を見る

世界的ブランドであるマクドナルドをも凌ぐ人気を誇る、フィリピンのドメスティックブランド「ジョリビー」。お昼時には学生やビジネスマン、そして週末にはカップルやファミリー連れで、写真のように混雑することも。カウンターの中には驚くほど多くのスタッフが入り、チャチャっと対応してくれるため、待ち時間はさほどでもありません。

また、日本にあるようなファストフード店と同じように、写真つきのメニューがあるので、指さしで注文することも可能。英語が苦手な方でも安心して楽しめます。

フライドチキン&白ご飯の妙技!

フライドチキン&白ご飯の妙技!

写真:まつり はるこ

地図を見る

ハンバーガーをはじめとする、ファストフード店らしいメニューが並ぶジョリビーですが、単に欧米のファストフードを真似ているだけではありません。ジョリビーは“フィリピン人の舌に合う味わい”をモットーに、塩加減など味を絶妙にコントロール。これがフィリピンの国民食ともいえるほどに成長した人気の秘訣でしょう。

中でも、多くのフィリピン人を虜にしているのが「フライドチキン」です。フライドチキンの横には紙に包まれた暖かい塊が……そう、白いご飯!ご飯とフライドチキンという組み合わせ、日本人から見ると一見不思議に思えますが、これが意外にイケるんです。 

ご飯はおにぎりのようにかぶりつくのではなく、お皿の上で軽くほぐし、その上にこれまたほぐしたフライドチキンをのせます。そこに小さなカップに入ったグレイビーソースをかけながらまぜまぜ。スプーンとフォークを器用に使いつついただきましょう!

チビッ子に人気のハンバーグは日本人にも◎!

チビッ子に人気のハンバーグは日本人にも◎!

写真:まつり はるこ

地図を見る

フィリピンのチビッ子に人気があるのが、こちらのハンバーグ。日本と同じくお米をよく食べるフィリピンらしく、ハンバーグと白いご飯がワンプレートで提供されます。

汁気の多いおかずやスープを、白いご飯に混ぜながら食べる習慣があるフィリピン。グレイビーソースたっぷりのハンバーグは、ある意味フィリピンらしさを味わえるメニューともいえるでしょう。ご飯のパサパサ感も気にならなくなるので、日本人の舌にも合います。

この他にもスパゲティ・ミートソースなどのメインメニュー、パイやスープなどのサイドメニューも充実しています。

不定期販売のグッズも見逃せない!

不定期販売のグッズも見逃せない!

写真:まつり はるこ

地図を見る

もうひとつ、フィリピンのチビッ子たちの人気を集めているのが、マスコットのジョリビー君。ジョリビー君が登場するテレビ番組もあるほどの人気なんです。店頭ではジョリビー君のグッズを不定期で販売していることもあるので、ぜひチェックしてみましょう。もしあればラッキー、即買いです。

写真は、水を入れると色が変わるジョリビー君のウォーターボトル。200円弱ほどという安さなので保温保冷効果は微塵も望めませんが、フィリピンのお土産にもオススメです。

日本進出の噂も!

フィリピンには、ジョリビー以外にもマクドナルドやKFCなど日本でもお馴染みのチェーン店をはじめ、フィリピン料理が充実した「マング イナサル」やフライドチキンが美味しい「マックスズ」など数々の店が軒を連ねます。その様子はまさに群雄割拠! その中で絶対的王者の座に君臨するのが、今回ご紹介したジョリビーなのです。

役員が日本進出の野望を口にするなど、もしかしたらジョリビーの味を日本でも楽しめるようになるかもしれませんが、少し先のお話……気になるアナタは、もはや国民食といえるほどの人気を誇るジョリビーでフィリピンならではの味を楽しむために、早速フィリピンへ飛んでみましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -