東南アジアの凱旋門「パトゥーサイ」から首都ビエンチャンを一望しよう!

| ラオス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

東南アジアの凱旋門「パトゥーサイ」から首都ビエンチャンを一望しよう!

東南アジアの凱旋門「パトゥーサイ」から首都ビエンチャンを一望しよう!

更新日:2015/11/07 15:25

遠藤 まさみのプロフィール写真 遠藤 まさみ 世界遺産探検家、ホテルマニア、クラフトビア愛好家

これが首都?と思えるほどにまだまだ発展途上なラオスの首都ビエンチャン。自転車に乗ってメコンの風を受けながらゆっくりと観光すれば、1〜2日で見どころは全て回れてしまうほど。

数あるビエンチャンの観光スポットから、ランドマーク的存在の「パトゥーサイ」をご紹介します。美しい見た目とは裏腹に、その内部のカオスっぷりが、まさに発展途上国を象徴するかのような「パトゥーサイ」の魅力に迫ります。

シャンゼリゼを通って凱旋門へ?!ここはパリではなくラオスです

シャンゼリゼを通って凱旋門へ?!ここはパリではなくラオスです

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

チベット高原に源流を発し、渓谷の中を山を削りとるように流れる大河メコン。やがて大河というに相応しく大きく緩やかな流れへと変化を見せ、地形もまた山深き渓谷から河岸平野へと変化する位置に、ラオスの首都ヴィエンチャンがあります。メコン川をはさんでタイのノーンカーイ県の国境に面するビエンチャンは、対岸にあるタイの地方都市の方が大きいのでは?と思えるほど慎ましくも小さな首都で、自転車をレンタルして回れば1日〜2日で全てが見られるほどです。

今回ご紹介する「パトゥーサイ(Patuxay)」は、ビエンチャン一番の大通り、迎賓館からまっすぐ伸びるラーンサーン通り(Lane Xang R.d.)に立てば、その姿をはっきりと目視できるビエンチャンのランドマーク的存在の建物です。ラオス語で「勝利の門」を意味するこの建物は、パリのシャンゼリゼに見立て凱旋門(がいせんもん)を参考に、1960年代に建設がはじまりました。

1階天井に描かれたレリーフは必見!華やかに舞う神々の美しさ

1階天井に描かれたレリーフは必見!華やかに舞う神々の美しさ

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

迎賓館から自転車でゆっくり走って約5分、パトゥーサイに到着です。パトゥーサイを取り囲む美しく整備された広場には、椰子の木などの木々の緑にブーゲンビリアの情熱的なピンクに雲ひとつない空の青さ、そして噴水からこぼれ出る水しぶきが太陽の光を浴びてキラキラと輝き、パトゥーサイに華を添えています。

さっそく、パトゥーサイの門の中へと進んでみましょう。門の中へと入ったら、まずは天井を見上げてみてください。天井にはラオスの典型的なモチーフである神々や、3つの頭を持つゾウなどの躍動感溢れるレリーフが見られます。色彩豊か、と言いたいところですが、もう一度よーく見て下さい。金色の縁取りも色彩もどことなく中途半端な印象を受けるはずです。

チケットを購入して階上へと踏み入れて

チケットを購入して階上へと踏み入れて

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

チケット売り場で入場券を購入して、パトゥーサイの中へ潜入してみましょう。薄暗い階段はコンクリート打ちっぱなしで、どことなく古びた素っ気ない印象を受けるはずです。2、3階には何もありませんが4階になると、突然東南アジアにありがちな雑多なお土産屋さんが軒をつらね、パトゥーサイのイメージが一変します。

度重なる内戦を経て、戦没者慰霊のために1960年代に建設が始まったパトゥーサイ。新空港建設に使用されるはずだったセメントを回すなどして建築を進めるも、あと一歩のところで財政難に陥り工事は中断、なんと未完成の建物なのです。

目指すは7階の展望バルコニー!4つの祠のレリーフにも注目

目指すは7階の展望バルコニー!4つの祠のレリーフにも注目

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

全8階建てのパトゥーサイ、登りも下りも階段しかないのが辛いところですが、気合を入れて7階を目指しましょう。薄暗い建物の中から一変して、広くて開放感のある展望バルコニーが現れます。4隅に設えられた祠もまた建築途中で終わってはいるものの、美しい屋根とレリーフが見て取れます。

ビエンチャンを見渡す景色は絶景!のひとこと

ビエンチャンを見渡す景色は絶景!のひとこと

写真:遠藤 まさみ

地図を見る

展望バルコニーから街を見下ろしてみましょう。ビエンチャンの街の全貌が見て取れるはずです。車もまだ少なく、どことなくゆったりとした空気の流れるビエンチャンの街並みを、メコンから吹く風を受けながら、ゆっくりと堪能してください。

*パトゥーサイの最上階は8階ですが、狭く窓にも格子がはまっているので、7階がベストビューポイントです。

ビエンチャン観光では外せない珍スポット?「パトゥーサイ」

外観の美しさとは打って変わって、東南アジアらしい独特の雰囲気を見せる内部とのギャップが面白いパトゥーサイ。財政が確保されて、建築再開となれば、今の姿から更に美しく生まれ変わることでしょう。だからこそ、今のうちに見ておきたいという気持ちに駆られるパトゥーサイは、ビエンチャンを訪れたら外せない観光スポットです!

■パトゥーサイ(Patuxay)
営業時間:8:00〜12:00、13:00〜16:00
入場料:3000KIP

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ